主人が解雇されて借金。決断をした自己破産の道

 

<借り入れ先業者名>オリコ、ニコス、レイク
<借り入れ金額>90万円
<借入期間>7年4ヶ月
<毎月の返済額>3万円
<滞納状況>すべて延滞

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

不況で会社を解雇されてしまった主人の影響で借金生活。

いわゆるリーマンショックの影響もあり、主人の勤め先の経営環境が悪化してしまい、残業代カットを皮切りに、給料カットになり、最終的には解雇されてしまいました。主人は、数年前に借金をして、全くの返済をしないまま、債務整理をした経験があるため、貸金業者との取引ができない状況になっていました。そのため、主人に頭を下げられ、私の名義で借入をすることになりました。離婚することも考えましたが、主人を助けることにしました。最初にオリコに申し込み、キャッシングで30万円を借り、瞬く間に増えていきました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

オリコとニコス、レイクから各30万円の借入。月々3万円の返済。

借金をしていた当時は、私自身もアルバイトをしていたため、何とか返済はできていました。主人も私が借金をしていることについては、最初のうちは、気にしてくれているようでした。ハローワークに足しげく通っている様子もありましたので、必死になって、次の職場を探してくれていると思っていました。しかしながら、結局は、失業手当の給付期間中にも新しい仕事が見つからずに、私のアルバイト代だけで生計を立てることになりました。そのうちに、私は、借金返済ができなくなり、厳しい督促を受けることになってしまいました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

厳しい督促から逃れることができました。

市役所の無料相談に出向き、相談をしたところ、弁護士事務所に行くことを勧められました。私自身、何も悪いことはしていないのですが、何か後ろめたさを感じてしまい、弁護士事務所に行くことには、二の足を踏んでいました。しかしながら、決心して弁護士にすべて正直に話すことにしました。弁護士からは、債務額は比較的、少ないものの、自己破産をすることが良いとして、自己破産を勧められました。メリットとデメリットについても、教えてもらい、総合的判断から、自己破産の選択をしました。その後、裁判所にも免責を認めてもらいました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

背負っていたものがすべてなくなりました。

私の場合については、いってみれば、主人のリストラがきっかけになり、自己破産にまで追い込まれてしまったという経緯がありますので、何とも複雑な思いがあることも事実です。しかしながら、自己破産をすることで、何か、人生における大きな区切りを迎えたのではないかという独特な気持ちに苛まれました。オリコなどの債権者の方には、大きな迷惑をかけることになりましたが、それなりの期間、まともに返済をしていたので、自分なりに勝手に納得するしかありませんでした。今回のことは、今後の人生の教訓にして活かしていきたいと思います。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き