任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

 

<借り入れ先業者名>三井住友VISA、JCB、アイフル、武富士、レイク
<借り入れ金額>410万円
<借入期間>7年6ヶ月
<毎月の返済額>10万円
<滞納状況>2ヶ月

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

当時は年収600万円ほどの収入がありましたが、株式投資をきっかけに借金地獄に陥る羽目に。

当時の私は、地元ではかなり名の知れた会社で働いており年収は600万円を越えていました。同級生に比べてもかなりの高給取りに属しており、同窓会では羨ましがられるほど。そんな私が借金を始めたきっかけは株式トレードです。当時は手数料が安いネット証券が次々と誕生し、デイトレードという言葉が周知されるほどの証券ブーム。それなりに貯金があった私は、一攫千金を目指してボラリティの高い新興株を中心にトレードを始めるようになったのですが、それが転落のきっかけでした。無理のある信用取引を続けた結果、貯金は底を突いてしまいクレジットカードに手を出すことに。当時は諦めることなど全く頭になく、損を取り戻すことだけで頭が一杯になっており、気づけば借金地獄に陥っていました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

クレジットカード会社2社から合計160万円、消費者金融3社から合計250万円。毎月約10万円の返済。

失った大金を株で取り戻すため今まで使ったことのないクレジットカード数枚のキャッシング枠に手を出したのですが、そのお金も直ぐ泡のように溶けました。その後は消費者金融各社から次々と借金を重ね、気づけば負債総額は400万円を突破。当時は年利が約30%もあったので、利息だけで毎月10万円にも及びます。生活を切り詰めて早く元金を返しておけば良かったのですが、周囲に対する見栄があり生活レベルを落としたくなくて利息だけを支払う生活を約7年も続ける羽目に。そんなある日、突然会社に行く気力が沸かなくなってしまい心療内科で診て貰った結果、中軽度の鬱病と判明。休職せざるを得なくなってしまい、ついに滞納に至ってしまいました。矢のような督促に耐えること2ヶ月、過払い請求の広告を目にして相談することを決意した次第です。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理で借金は帳消しに。事務所に支払った費用を差し引いても約60万円の過払い金が戻って来ました。

長年利息だけを支払う日々によるストレスで休職せざるを得なくなった私は、支払い能力がなくなり当然のように滞納に至ります。しばらくは厳しい督促に耐えていたのですが、偶然目にした過払い請求無料相談の広告を目にし、その司法書士事務所に相談することにしました。担当の司法書士さんによると、私のケースにおいては借金が全て無くなるだけでなく過払い金が手に入る可能性が極めて高いとのこと。そんな頼もしい先生に全てを一任した結果、最初の言葉通りかなりの額の過払い金を手にすることが出来ました。今回の任意整理において掛かった費用(手数料25万と成功報酬約15万円)を差し引いて、約60万円が手元に残りました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

莫大な借金が帳消しになったことで鬱は快方に向かい、再び職場に復帰出来ました。

もはや自己破産をするしかないと思い込んでいただけに、任意整理による過払い請求で借金が帳消しになると聞いた時は天にも昇るような気持ちになりました。ちょうど最高裁によってグレー金利が否定されたばかりの頃だったので、タイミング的にかなり運が良かったんだと思います。過払い請求が出来なければ、おそらく自己破産を選んで会社に負債が発覚し、現在のように復職することは難しかったでしょう。担当の先生が有能だったおかげで、多くの過払い金を手に出来ただけでなく、職場に負債が発覚せずに済んだことは本当に有り難かったです。高利負債の恐ろしさを身をもって学びましたし、今後は二度と借金をしないよう真面目に生きていきたいです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き