司法書士と弁護士は使い分けると良い

 

<借り入れ先業者名>アイフル、ライフカード
<借り入れ金額>150万円
<借入期間>5年10ヶ月
<毎月の返済額>6万円
<滞納状況>なし

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

子供の学費が不足して借金することに。

大学に進んでいた子供が大学院まで2年行くことになり、学費として積み立てていたお金では足りなくなって借金。奨学金という手もあったものの、親の勤めと考えて何とか今まで利用していたクレジットカードやローンカードにより工面することになりました。追加でかかる学費は240万円でしたが、貯蓄があったので差し引き150万円用意すれば足りました。住宅ローンを抱えていたので正直予定外でしたが、子供の将来を考えると頑張ることに迷いはありませんでした。夫婦揃って返済も前向きに考えられたわけです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

アイフルから80万円、ライフカードから70万円の借金。月々6万円の返済。

住宅ローンの返済に加えて毎月6万円の返済を行なうためには、生活費の切り詰めが必要でした。アルバイトを行なう方法もありましたが、会社で副業が禁止されていることから、見つかると解雇に繋がるので敬遠されたのです。妻がパートに出ることも考えましたが、持病のヘルニアがあったのでかえってリスクが高まり医療費がかかるくらいなら節約で捻出することが望ましいと考えられました。ボーナスが出るごとに随意返済を行なうことで何とか完済に持ち込むことが出来ました。今では親孝行してもらえているので、苦労して良かったと感じています。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金返還請求により80万円戻ってきました。

過払い金返還請求を行ったのは、友人から勧められたからです。請求期限があったので、金融会社が倒産する前に過払い金返還請求をしないと回収出来なくなるという話でした。司法書士と弁護士のどちらにも相談が出来ましたが、訴訟提起の有無が決め手となりました。なぜなら、ライフカードについて調べてみると、過払い金返還請求訴訟提起が必須となっているので、和解では7割り程度の回収しか出来ないことが分かったから弁護士を立てて提訴するためです。アイフルグループに入ったものの、過払い金の扱いについては金融会社ごとに大きく方針が異なることを知りました。最終的に両社から40万円ずつ過払い金が戻ってきたので良かったです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金を取り戻す時には、依頼する専門家により回収金額が変わることを知りました。

司法書士でも過払い金返還請求を行なう事ができますが、簡易裁判所のみ訴訟代理権があるので金融会社側に控訴されてしまうと面倒と分かりました。和解では満額回収が難しい金融会社としてライフカードが該当することが調査の結果分かったので、最初から提訴前提で弁護士に依頼して正解でした。過払い金返還請求の相談に弁護士事務所へ向かった時には、今後の注意点や落とし所をどうするか希望を聞かれるので、冷静な判断を求められることになりました。過払い金を取り戻す時には、複数の影響を考えながら冷静に判断する力が付いたと感じています。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き