借金があるのに妊娠…返済は?生活は?今すぐ不安を解決する方法

 

ill_013

「借金の返済が終わっていないのに結婚、妊娠して働けなくなってしまった…」
「返済ができなくなって、夫や親に借金がばれるのが怖い…」
「妊娠がわかったけど、子どもの父親に借金が…生活は大丈夫?」

借金をかかえての妊娠は、大きな不安がつきまといます。

悩みを根本的に解決するには、「債務整理をおこなう」ことをおすすめします。
ひとりで抱え込み、ストレスの多い毎日は赤ちゃんの体にもお母さんの体にも悪影響です。

そこで今回は、妊娠・出産のために、返済が難しくなった借金問題への対処方法ついて説明していきます。

借金を減らすことのできる「任意整理」をオススメします

借金を抱えての妊娠は、返済や生活できるかなど不安がつきまといます。事実、借金の返済は難しくなるでしょう。

夫や親からの協力が難しかったり、借金していることを知られたくない場合は任意整理がオススメです

任意整理をすれば、借金の返済金額が減り、督促と返済が数ヶ月止まります。バレる心配もありません

また、あなた自身の借金だけでなく、ご家族の借金にお悩みの場合もご相談ください。

相談については、費用は一切かかりません。ひとりで抱え込まず、まずは相談を。

弁護士事務所への無料相談はこちら

single_btn

電話番号の画像

医療費や入院代。妊娠中に借金を抱えていることは大変

  • 先生、妊娠期間中に借金を抱えているのはどれくらい大変なことなんでしょうか?

  • 正直、妊娠・出産にはお金もかかるのでかなり大変です。かかる費用を見てみましょう。

妊娠・出産にかかる費用

妊娠・出産には当たり前ですがお金がかかります。

以下でかかる費用の項目と、額をまとめました。

これらは各自治体で補助が出る場合もあります。一度調べてみることをお勧めします。

妊娠・出産にかかる費用
費用項目 かかる額 説明
妊娠健診費 7~10万円 妊娠期間中に受ける健診代です。健康保険が適用されないので、実費で毎回5000ほどかかり、15回程度受ける必要があります。
分娩入院費 40万円 分娩時に入院するのにかかるお金です。(※健康保険の「出産育児一時金」という制度を利用すれば最大42万円の支給を受けられます
育児用品費用 10万円 出産後に衣服やマタニティ・ベビー用品にかかるお金です。
  • ということは、以上の支出を合計すると、、、
    妊娠出産にかかる費用はだいたい50万円くらいになってしまうということですね!!

  • そうですね。
    さらに、出産する場合には、仕事も休まなければなりません。
    産前産後休暇を取得して仕事を休むと、出産手当金や育児休業給付金を受け取ったとしても、もともとの収入よりは減ってしまいます。

  • 借金を抱えているのに高額な費用がかかって、さらに収入が減るなんて大丈夫なのでしょうか?

  • 正直かなり厳しいです
    しかし、借金を滞納してしまったりすると取り返しがつかなくなってしまうこともあるので、まず弁護士事務所の無料相談を利用することをおすすめします!

  • 確かに無料ならとりあえず相談だけでもできそうですね。

  • 相談だけなら費用は一切かからないので、ぜひ一人で抱え込まずにご相談ください。

single_btn

妊婦が借金を解決するためにとるべき方法

https://www.pakutaso.com/

  • では、妊娠をきっかけにして借金返済が苦しくなった場合、どうすればよいのでしょうか?

妊娠をきっかけにして借⾦返済が苦しくなった場合、まず最も多いのは、親などの親族に援助を頼むことでしょう。
援助を依頼するのが難しければ、親などから返済資⾦を借り⼊れて、今後は親にその援助⾦を返済していく⽅法もあります。

また、借⾦をおまとめローンを利⽤して⼀本化し、⽉々の返済額を減らすことによって、借⾦の返済ができるようになるケースもあります。
この場合、妊娠している本⼈が⾃分名義でおまとめローンを利⽤できない可能性がある(審査に通らない可能性がある)ので、その際には収⼊のある夫の協⼒を得る必要があるケースが多いです。

  • 債務整理をせずに借⾦問題を解決しようとすなら、周囲の協⼒が必須になりますね

  • そうですね。
    絶対に借金を踏み倒そうとしたり、無視を続けてはいけませんよ。

single_btn

妊娠でどうしても返済できない場合、債務整理という手段がある

  • では親にも家族にも頼れない状況で、借金を抱えながら妊娠してしまったらどうすればよいのでしょうか?

  • そのような場合には、債務整理という方法があります。
    債務整理は抱えている借金問題を解決する手段です。

債務整理の4つの手段

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。

任意整理」は貸金業者と弁護士が交渉し、返済額を下げてもらったり利息をカットしてもらい、払える額で払っていくという手段です。
夫や家族にばれずに返済するならこの方法がベストです!

特定調停」は上記を、弁護士を通さず自分で行う方法です。法律の知識が必要となりますし、手続きも多いので妊婦の方には不向きです。

個人再生」は借金を1/5もしくは100万円の大きいほうに圧縮して返済していく手法です。

自己破産」では自らの財産をすべて手放す代わりに借金の返済義務が完全に免除されます。

自分に合う債務整理を弁護士に聞いてみる

single_btn

無収入の妊婦でも債務整理できるのか

  • 妊娠をして収入が減ってしまったり、無職無収入でも債務整理をすることは可能でしょうか?

  • 収入が少なかったり無職無収入でも債務整理をすることは可能です。ただし、債務整理の方法を選ぶ必要があります。

無職無収入でも可能な自己破産

無職や収⼊が少ない⼈が債務整理をするのであれば、⾃⼰破産になるでしょう。

⾃⼰破産とは、裁判所に申し⽴てをして、すべての借⾦返済義務をゼロにしてもらう⼿続きのことです。

借⾦の返済義務が完全になくなるので、⼿続き後には返済が残りません。
よって、完全に収⼊がない⼈でも利⽤できるのです。

実際、⽣活保護を受けている⼈なども受けられる⼿続きです。

一方、個人再生は返済額を圧縮するものの、返済を継続できるかどうか、家計簿などを見て裁判所が厳しくチェックするので、無職の人が行うのは困難です。

少ない収入や夫の収入のなかからでも返済できる任意整理

次におすすめなのが任意整理です。

任意整理の場合には、⼿続き後に⽀払いが残ります。
よって、まったく返済ができない⼈の場合には利⽤できません。

任意整理の場合には、さほど厳しく収⼊要件を審査されることがありません。

例えば、貯⾦から⽀払いをしていける場合や、パート代などがあって少しでも返済ができる場合、さらには夫の給料などから返済を継続していける場合には、任意整理を利⽤することができます。

任意整理をする際には、返済原資が⾃分の収⼊でなくてもよいのです。
この点は収⼊要件が厳格な個⼈再⽣とは異なります。

single_btn

single_btn

任意整理をすれば妊娠中でも家族や夫に内緒で借金を減らすことができる

  • 家族に借金問題のことを秘密にしている人も多いと思います。この場合、家族にバレずに債務整理できるのでしょうか?

  • 結論を言うと、任意整理なら、家族にバレずに債務整理が可能です

個人再生と自己破産は裁判所を通して行う手続きで、20万円以上の価値ある財産を手放さなくてはいけません。
(個人再生の住宅ローン督促は例外)

そのような状況なので、家族の理解なく手続きを進めることは事実上不可能です。

一方、任意整理であれば財産を手放す必要がないので、秘密で行うことが可能です。

さらに以下のメリットもあります。

  1. 債権者から連絡が直接来なくなる(弁護士に連絡がいく)
  2. 返済が数ヶ月間ストップする

なので、債権者から自宅に督促や連絡が来て、家族に借金がバレる可能性がなくなるのです。

ただし、この場合、債務整理の手続きを弁護士などの専門家に依頼する必要があります。

自分で手続きをしてしまうと、債権者から自分宛に頻繁に書類が届きますし、自宅での作業なども増えますので、必ずと言って良いほど家族に借金問題や債務整理の手続きがバレてしまいます。

single_btn

single_btn

任意整理の⼿続き期間中は、借⾦の返済をしなくてもよい!

先程も軽く触れましたが、任意整理を弁護⼠に依頼した場合、その⼿続き中は借⾦を返済する必要がなくなります

任意整理をはじめとして債務整理の⼿続きをする場合には、その時点での借⾦残額を確定する必要があります。
借⾦額の確定によって、その⾦額を基準にして今後の返済計画を⽴てることになります。

任意整理をして借⾦返済が⽌まると、その間に崩れかけた⽣活を⽴て直すことができます。

また、任意整理の弁護⼠費⽤を分割払いにした場合などには、返済がストップしたことで余ったお⾦から弁護⼠費⽤を⽀払っていく⽅法も可能です。

このようにして、⼿続き中に⽣活を⽴て直し、弁護⼠費⽤も払いきった後で、任意整理後の返済を開始すれば、スムーズに借⾦を返済していくことができるようになります。

single_btn

毎⽉の返済額を少しでも減らしたい場合は、実績のある弁護⼠に依頼すべき

【夫に借⾦】妻が代理で相談することはできるが、依頼は本⼈からしなければならない

夫に借⾦がある場合、夫からの委任があれば代理で弁護⼠に相談に⾏くことや、依頼の⼿続きの⼀部を⾏うことはできます。

ただし、債務整理を依頼する場合には、必ず債務者本⼈が弁護⼠と⾯談して説明を聞いたうえで、債務者本⼈が債務整理の依頼をする必要があります。

よって、妻であっても勝⼿に弁護⼠に相談に⾏って、夫名義で依頼⼿続きを終えてしまうことはできません

妻が夫と⼀緒に相談に⾏き、夫が納得をしていれば、2 回⽬は妻だけが相談に⾏って委任状や委任契約書を受け取り、夫にこれらの必要書類を家で記載してもらい、それをまた妻が弁護⼠事務所に届けに⾏くなどの⽅法はとることができます。

この意味で言えば、妻も夫の代理として委任⼿続きの⼀部を⼿伝うことができるのです。

また、初回の相談であっても、相談をするだけであれば妻がひとりで行くこともできます

この場合、夫に代わって勝⼿に依頼をすることはできないものの、相談内容を家に帰ってから夫に伝えて、2 回⽬は夫と⼀緒に相談に⾏き、その場で夫が弁護⼠に債務整理の⼿続きを依頼することは可能です。

⼥性専⽤の相談窓⼝もあるが、弁護⼠の実績で選ぶのが鉄則

妊娠している⼥性が借⾦問題を抱えている場合、いきなり弁護⼠事務所などに相談に⾏くようにと⾔われても、なかなかハードルが⾼いと⾔えるでしょう。

そこで、⼥性専⽤の相談窓⼝の利⽤ができないかという質問が多いです。

single_btn

電話番号の画像

注意書き