賢く使えば問題ない。リボ払いメリットまとめ

 

後払いの方法で代金決済ができ、利便性の高さが魅力のクレジットカード。カード会社があらかじめ利用代金を立て替え、後に利用者が支払うシステムになっているのがこのカードの特徴です。クレジットカードの支払い方法の中の一つにリボ払いがあります。リボ払いというと危険、怖いなどのイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。しかしリボ払いの利用するメリットもたくさんあるのです。そこで、リボ払いとそのメリットについて紹介します。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

まずはリボ払いの仕組みを知ろう。一定額の返済方式とは?


任意整理について弁護士に直接聞いてみる

“リボ払いというと何かとネガティブな意見を耳にする場合が多いです。上手に利用すれば便利だと言われても、信じられない人も多いのではないでしょうか。しかし、リボ払いの仕組みを理解すれば、そのメリットに気付くことができるでしょう。

リボ払いとは、契約時に毎月の支払額を決めておき、その額を支払う方法を言います。カードの利用金額がいくらになっても、毎月の返済額が変わらないところに特徴があります。

例えば、毎月1万円ずつ支払うと決めた場合、一月の利用金額が5万円であろうと10万円
であろうとその支払金額は変わりません。そのため、この支払方法を利用すると、毎月の返済に追われることがないのです。

また、リボ払いと似た支払い方法に分割払いがあります。こちらは契約時に支払回数を決めて、分割により支払っていく方法です。例えば5回の分割払いを選択した場合、利用金額が5万円であれば、毎月1万円ずつ支払います。しかし利用金額が10万円の場合、月々の支払額は2万円のなるのです。返済回数や利用金額によって、毎月の支払額に変動が生じるところに、リボ払いとの違いがあります。”

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いの種類を把握。さまざまなリボルビング方式

“クレジットカードの支払い方法の一つであるリボ払い。支払金額が毎月一定になるのがこの支払方法の特徴です。しかし、このリボ払いの中にもさまざまな種類があるので、把握しておく必要があるでしょう。リボ払いには大きく定額方式と定率方式の二つに分けられます。前者は月々の支払額を金額で指定する方式で、後者は利用残高の割合で月々の支払額を決める方式です。日本のクレジットカードの大半は定額方式が採用されています。次に、定額方式、定率方式の中にもそれぞれ元利方式と元金方式に細分化することが可能です。両者の違いは、毎月の支払額の中に手数料が含まれるか否かになります。元利方式の場合、毎月の支払額の中に手数料が含まれます。例えば、毎月の支払額が1万円である場合、元金と手数料の合計額が1万円となるのです。一方、元金方式の場合、毎月の支払額の中に手数料は含まれません。毎月、決められた支払額のほか、手数料を別途支払うことになります。毎月の支払額が1万円である場合、毎月1万円と手数料を支払っていくのです。

上記のほか、残高スライド方式というものもあります。これは、利用残高によって、毎月の支払額が変動していくものです。利用残高が少なくなると毎月の支払額もそれに伴って下がっていくので、効率的な支払いが可能になります。”

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いのメリット。月の負担や家計管理が楽に。

毎月の生活費を捻出するため、自分の収入の中からやりくりしている人も多いのではないでしょうか。毎月ギリギリの生活を強いられ、生活費の負担や家計管理が厳しいという人もいるでしょう。リボ払いは、毎月の支払額を自分で決められるため、生活が厳しいときに有効活用することができます。例えば5万円の生活用品を購入した場合を考えましょう。その生活用品を現金で購入する場合、5万円を支払わなければなりません。またカード払いの方法で購入する場合、一括払いであれば翌月の支払日に5万円を支払うことになります。しかし毎月の支払額を1万円とするリボ払いの方法であれば、翌月の支払日に1万円支払うだけで済むのです。もちろん翌月以降も1万円ずつ支払わなければなりませんが、毎月の生活費の負担が楽になることには変わりありません。また、毎月の支払額が固定されるので、出費額の計算がしやすくなります。それにより、家計管理も楽になるので、生活に安定をもたらすというリボ払いメリットもあるのです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いであっても大丈夫。繰り上げ返済が可能。

リボ払いは、毎月決められた金額だけ支払いをすればよく、少ない負担でカードを利用できるので便利です。しかし、リボ払いは一括払いや分割払いより、支払いが長期化する傾向があります。返済期間を少しでも短くして、総返済額を減らしたいと考えている人もいるでしょう。そのような方におすすめなのが繰り上げ返済です。これは、カードの支払い方法をリボ払いに設定している場合でも使えるため利便性が高いものになっています。つまり、リボ払いの場合、自分の都合のよいときにいつでも繰り上げ返済できるのが大きな魅力だと言えるでしょう。リボ払いの繰り上げ返済は、銀行のATM、コンビニ、インターネットなどを利用して行います。コンビニを利用する場合、レジの人に手続きをしてもらい、リボ払いの繰り上げ返済することも可能です。カード会社へ連絡して、直接指定の口座を振込する方法もあります。ただ、振込手数料は利用者側で負担しなければなりません。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

支払い額の変更も可能。引き上げれば完済までが早くなる。

リボ払いで代金の支払いをしている場合、少しでも早く完済するに越したことはありません。発生する手数料を抑えられるので、総返済額を減らすことができるからです。そのため、可能な状況であれば、途中で毎月の支払額を変更したいという考えが生じる人は少なくありません。例えば、勤務先の会社で出世して収入がアップしたときです。このような場合、経済的な余裕が生まれ、カードの支払いに当てる金額を増やしても問題ありません。毎月の支払額を増やせる環境にある人は、すぐにでも手続きしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。このような場合、リボ払いは毎月の支払額の変更ができます。まとまったお金が入ったとき、一時的に多くのお金を支払う繰り上げ返済だけではなく、継続的な支払額の増額も可能なのです。カード会社のサイト上で、必要事項を入力して手続きができるようになっています。ただ、手続きをした月から支払額の変更が適用されるわけではないことに注意しましょう。最短でも、変更手続きをした月の翌月の支払日からの適用となります。さらに、毎月支払額の変更手続きの締切日が定められています。この日以降に手続きをした場合、支払額の変更の適用は、翌々月の支払日になってしまうのです。例えば、支払日が毎月10日で、支払額の変更手続きの締切日が毎月20日と定められているとします。このような条件で1月25日に手続きした場合、支払額の変更が適用されるのは2月10日ではなく3月10日です。支払額の変更手続きをする場合、その適用時期は把握しておいたほうがよいでしょう。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いが危険と言われているのはなぜ?借金苦になる落とし穴

借金苦に陥っている人が存在することから、リボ払いは危険などと言われています。しかし、なぜリボ払いがそのように言われているのか、理解していない人も多いのではないでしょうか。リボ払いが危険と言われる理由は、この方法で支払いを続けていると、知らぬ間に利用額が膨れ上がってしまうからです。例えば毎月の支払額が1万円で、カードで月々3万円の買い物をするとしましょう。このような場合、1ヶ月を経過するごとに2万円の支払額が残り、年間を通じて24万円に上ります。さらに、カードの利用金額が多くなれば、それ以上のペースで支払額が大きくなってしまうのです。それにも関わらず、なぜリボ払いの方法でカードの代金を支払っている人は、利用し続けてしまうのでしょうか。確かにこのような状況になることを利用者が気付けば、借金苦に陥るまでには至りません。しかし、利用者側から見ると、物を購入したり、サービスを受けたりする場合、カードで代金決済を行っているだけです。借金をしている感覚はありません。そのようなことから、無意識に利用し続けてしまうのです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

実はデメリットはない?リボ払いの落とし穴と言われている金利

リボ払いのデメリットは、利用額が膨れ上がりやすいだけではありません。この方法で支払いをする場合、利用残高に対して発生する金利手数料の高さもあげられます。リボ払いで設定されている金利は、カード会社によって違いますが、概ね年15%です。月々にすると利用残高に対して1.25%の金利手数料が発生します。10万円の利用残高がある場合、月々1,250円の金利手数料もあわせて支払わなければならないのです。利用残高が数十万円単位になると、毎月の支払額のほとんどが金利手数料の支払いに充当され、元金はほとんど減らない状態になってしまいます。その結果、借金苦の道を歩んでしまうのです。ただ、元金を効率的に返済して、利用残高を減らすようにすれば何の問題もありません。例えば、繰り上げ返済を定期的に行えば、利用残高の増加を防げるでしょう。それによって、発生する金利手数料も抑えられるので、支払いができなくなることもありません。何かとネガティブな面が強調されるリボ払いですが、利用方法を誤らなければデメリットなどないのです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金苦になるかは使い方次第。賢く利用しよう

“リボ払いは決して怖いものではありません。むしろ使い方次第では、とても便利な支払い方法だと言えるでしょう。自分の収入より大きな金額の商品を購入したり、サービスを受けたりすることができるので便利です。その上、支払に追われることもありません。また、給料日前などのお金が不足しているとき、急な出費を要する場合もあります。このような場合も、リボ払いを有効活用することが可能です。自分の収入を考慮して、意識的に利用残高を確認しながら利用すれば、支払額が膨れ上がることもありません。さらに、繰り上げ返済をしたり、支払額を増やしたりしながら効率的に返済する方法もあります。賢く利用できれば、リボ払いは自分の生活をより快適なものにしてくれるのです。

リボ払いを誤って利用してしまい、借金苦に陥った場合でも焦る必要はありません。このような場合、債務整理をすれば対処できます。法律事務所の中には、債務整理の業務に特化したところが少なくありません。リボ払いで支払いが苦しくなってしまった場合、債務整理専門の法律事務所へ相談するのも、有効な手段の一つです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き