自己破産をすると退職金は差し押さえられるのか?

 

借金の支払いが苦しいので自己破産をしたいけれど、自己破産をすると退職金は一体どうなってしまうのでしょうか。
自己破産をするとき、財産や給料が差し押さえられたり没収されたりするイメージがありますが、退職金も差し押さえの対象になってしまうのでしょうか?
退職金をすでに受け取っている場合と今後受け取る予定の場合で何か事情が違うことはあるのでしょうか。
そこで今回は自己破産をする場合の退職金の取り扱いについて先生に聞いてみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

自己破産!退職金も「財産」として差押えられたり没収される?

  • 今日は、自己破産をした場合に、退職金も差し押さえられてしまうのかについて教えてください。

  • まず退職金と言っても、もうすでに受け取っている場合まだ受け取っていない場合がありますよね。

  • あっそうですね!
    では、退職金の取り扱いは、もうすでに受け取っている場合とまだ受け取っていない場合とで取り扱いが違ってくるんですね。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産するとき、『すでに受け取った退職金』は没収される?

  • まず、もう『すでに受け取った退職金』についてですが、これはすでに預金や現金など別の形に変わってしまっていますよね。

  • 確かに。
    ということは、その預金や現金があれば、それは財産として差し押さえられることになりますね。

  • そのとおりです。
    でも、貯金として全部使ってしまった場合はどうなると思いますか?

  • その場合は、財産としてはないわけだから、差し押さえられるお金はすでにないということになりますよね。

  • それが、実はいつ何にどれだけ使ったかきちんと説明しないと説明がつかなかった分の支払いをさせられることがありますよ。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

まだ『受け取っていない退職金』は、自己破産のときどんな取り扱いになるのか?

  • じゃあ、まだ『受け取っていない退職金』の場合はどうなるのですか?手元にお金がないのだから差し押さえにはならないんじゃないかと思って。

  • そうですね。
    まだ受け取っていない場合は、退職金の見込みの額を明らかにして、その4分の1の金額が財産として差し押さえられます。

  • そうなんですね。
    退職金の見込みの額ってどうやってわかるんですか?

  • 勤務先などから「退職金証明書」を発行してもらうのが一番多いですね。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産するときに必要な退職金証明書とは?

  • 退職金証明書ってどんな書類ですか?

  • 勤務先に「〇〇氏の〇年〇月時点での退職金見込額は〇〇円である」と記載してもらった書類のことですよ。

  • なるほど、それを勤務先に頼んで書いてもらうんですね。

  • そうです。それを裁判所に提出します。

  • でも、勤務先が退職金証明書の作成に協力してくれないときはどうするんですか?

  • そうですね、その場合、勤務先に退職金規程があれば、それを自分の勤務条件などにあてはめて、退職金見込額を自分で計算して計算書を提出することもありますよ。

  • なるほど、よくわかりました。
    退職金の取り扱いについては、なかなか専門的な知識が必要なのですね。

  • はい、だから自己破産するときの退職金の取り扱いで悩んでいるときは、弁護士などの専門家にきちんと聞いてみた方がいいですよ。

  • そうですね!
    無料相談などを利用して一度法律相談を受けてみるといいですね。

  • そのとおりです。
    きっと「退職金を守りたい」という気持ちに応え、
    ベストなアドバイスをくれますよ。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き