消費者金融のキャッシングを返済できないときの対応方法

 

消費者金融のキャッシングの返済を遅延すると、どのようなことが起こるのでしょうか。
返済ができなくなった場合の正しい対応方法も知っておく必要があります。以下で、具体的に説明します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

消費者金融のキャッシング、返済を遅延したらどうなる?〜督促状や催促の電話〜

消費者金融のキャッシングの返済を遅延すると、どのようなことが起こるのでしょうか。
返済ができなくなった場合の正しい対応方法も知っておく必要があります。以下で、具体的に説明します。

借金の返済を遅延したときの消費者金融の対応

キャッシングの返済を滞納するとどうなるか

消費者金融のキャッシングは、借り入れたときは便利で良いのですが、その後はかなり高額な利息などもかかるので、毎月の返済が苦しくなることがあります。
消費者金融のキャッシングの返済ができなくなってしまったら、どのような影響があるのでしょうか。

まず、キャッシングの返済を滞納すると、消費者金融から電話やハガキなどで督促が来ます。このとき、支払をするとそれ以上問題は起こりません。しかし、督促を無視して返済しないでいると、しばらくして消費者金融から内容証明郵便で、借金残金の一括請求書が送られてきます。
この場合、借金を長期滞納したことによって借金の分割払いができなくなってしまうので、残金の一括請求になってしまいます。また、「~までに支払をしないと、裁判を起こして強制執行(差押)をします」という内容が書かれていることもあります。

一括請求書は内容証明郵便で送られてくることが多いですが、内容証明郵便とはどのような種類の郵便なのでしょうか。
内容証明郵便とは、郵便局と差し出し人の手元に、送ったものと同じ内容の控えが残るタイプの郵便です。
これを利用すると、後になって相手方から「そのような郵便は受け取っていない」などと言われることを避けることができます。

また、借金を遅延したことによって遅延損害金が発生します。遅延損害金とは、借金返済を滞納したことによって発生する損害賠償金のことです。遅延損害金は、年率で日割りで計算されるので、借金の滞納日数が増えるほど、遅延損害金がどんどん加算されていくことになるのです。
一括請求書にはこの遅延損害金も加算されることになります。借金の滞納日数が長引いている場合、遅延損害金だけでも相当な金額になってしまうケースもあります。

内容証明郵便による一括請求書も無視していると、債権者から本当に裁判を起こされてしまいます。裁判で判決が出ると、消費者金融から債務者の財産を差し押さえられてしまいます。たとえば債務者名義の預貯金や生命保険、不動産や有価証券、給料などはすべて差押の対象になってしまいます。
このように、財産の差押が起こると、債務者がまともに生活していくことも難しくなるので、大変です。

消費者金融の取り立てには規制がある

ただ、消費者金融のキャッシングの返済ができなくなったからと言って、消費者金融から脅迫的な取り立てが行われることはありません。
貸金業者による取り立て方法については、貸金業法という法律によって厳しく規制されているからです。

たとえば、深夜の時間帯には電話したり自宅に来てはいけないことになっていますし、原則的には債務者の勤務先に連絡をすることも禁じられています。
債務者以外の周囲の人に返済を求めることも認められていませんし、貼り紙などの嫌がらせをすることも禁じられています。債務者の自宅に取り立てに来たとしても、債務者が帰ってほしいと言った場合には、必ず返らなければなりません。
このように、貸金業者の取り立て方法には規制があるので、無茶な取り立てが行われることはありません。

キャッシングの返済ができない場合には債務整理

キャッシングの返済を滞納して、消費者金融会社から無茶な取り立てをされることがないとしても、裁判をされて財産を取り立てられると大変です。そこで、このようなことにならないための対処方法を考える必要があります。

債権者から一括請求書が送られたり、裁判されて財産を差し押さえられることを防ぐためには、キャッシングの返済を滞納して消費者金融から借金返済の督促が来た段階(電話やハガキが届いた段階)で、早めに債務整理をすることです。債務整理をすると、その後債権者から債務者に直接連絡が来ることがなくなります。督促も止まりますし、返済もストップするので生活が再建しやすくなります。

債務整理をすると、債権者から財産を差し押さえられて身動きが取れなくなる状態になることもありません。
よって、キャッシングの返済ができない場合には、弁護士に相談して早めに債務整理することがベストな解決方法となります。

返済を遅延したときの対応方法

キャッシングの返済を一時的に遅延する場合

キャッシングの返済が全くできないというわけではないけれど、一時的に返済が苦しくなったり忘れてしまったりして、支払を遅延してしまうことがあります。
キャッシングの返済を遅延する場合、どのような対応をとればよいのでしょうか。
この場合、すぐに消費者金融に連絡を入れることです。多くの消費者金融では、コールセンターなどをもうけている会社もあるので、利用してみると良いでしょう。

そして、返済が苦しくなっていることと、返済の意思があることを伝えて,返済方法を相談しましょう。そして、いつなら支払ができるかということもはっきり伝える必要があります。できれば、なぜその日なら支払えるのかも説明ができた方が好ましいです。

さらに、このとき消費者金融に対して、遅延分を分割払いさせてほしいと依頼することができるかという問題があります。キャッシングの滞納分が多額になっていて一括払いができないので、分割払いしたいと申し出る場合の問題です。

ただ、さすがにこれは難しいでしょう。通常、消費者金融がキャッシングの返済を遅延しても待ってくれる遅延回数は、1回か2回程度までです。これより長くなると、話し合い自身が難しくなりますし、そもそも借金を滞納している本人が交渉するのはあまり現実的ではありません。業者によっては応じてくれるところもあるかもしれませんが、基本的には難しいと考えましょう。

キャッシングの返済の相談が自分でできない場合の対処方法

結局、キャッシングの返済ができない場合に消費者金融会社に相談しても、待ってもらえるのは1回分か2回分くらいまでですし、遅延分がかさんでいる場合の分割払いなどの話し合いまではできないのです。

よって、この場合には、弁護士に依頼して債務整理をする必要があります。
債務整理手続きの中には任意整理があります。任意整理とは、債権者と直接交渉することによって、借金返済額と返済方法を決め直す手続きのことです。

消費者金融からの借り入れを任意整理すると、合意後の将来利息をカットして借金返済総額を抑えられますし、返済期間を延ばして月々の返済金額を減らすこともできます。
よって、苦しかったキャッシングの支払も継続していけるようになります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

延滞を続けるとどうなる〜事故情報の登録〜

延滞を続けると2~3か月で信用情報機関へ登録される

キャッシングの返済を滞納するとブラックリスト状態になる

キャッシングなどの借入の返済を遅延すると、信用情報機関が保管する個人信用情報に事故情報が記録されます。

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者や銀行などの金融機関は、貸し付けの審査をする際、これらの信用情報機関の個人信用情報を参照して調査します。
そこで、キャッシングの返済を遅延して事故情報(異動情報)が記録されていると、審査に通らなくなってしまいます。

よって、キャッシングの返済を遅延し続けると、ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなってしまうのです。
このような状態のことを、俗にブラックリスト状態と言います。
ブラックリスト状態になると、消費者金融のキャッシングやクレジットカードの発行、更新、利用ができなくなります。住宅ローンや車のローンなどの各種ローンも組めなくなって、大変不便になります。

キャッシングを遅延してから個人信用情報に事故情報が記録されて、ブラックリスト状態になるのは、61日以上、または3ヶ月連続の延滞があったときです。

キャッシングの返済遅延で事故情報が記録される期間は?

キャッシングの返済遅延によって事故情報が記録された場合、その事故情報はどのくらいの間記録され続けるのかという問題があります。
この場合、信用情報機関によって取り扱いが異なります。
CICとKSCの場合には、遅延解消後5年になりますし、JICCの場合には遅延解消後1年です。
ただ、多くの貸金業者は複数の信用情報機関に加盟しているので、ブラックリスト期間は、遅延解消後5年は続くと考えておく方が確実です。

事故情報が消えたかどうか確認する方法

キャッシングの返済を遅延して、いったんはブラックリスト状態になってしまったけれど、その後5年程度が経過して、再度ローンやクレジットカードが利用したい場合、本当に事故情報が消えているかどうかを調べる方法があります。具体的には、各信用情報機関に対して、個人信用情報開示請求をします。

個人信用情報開示請求の手続きをすると、しばらくして各信用情報機関から回答が送られてきます。事故情報が消えていれば、ブラックリスト状態が解消されていると言うことになるので、再度ローンやクレジットカードの利用ができるようになったということです。
個人信用情報開示請求をする場合には、それぞれの信用情報機関に対して個別に行う必要があります。
1つの信用情報機関で事故情報が消えていても、他の信用情報機関に事故情報が残っていると、ローンやクレジットカードが利用出来ないことがあるので、個人信用情報開示請求をする場合には、すべての信用情報機関に対して手続きをしましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

延滞を続けるとどうなる?〜消滅時効〜

時効によって借金の支払いが不要になる

キャッシングの時効期間

消費者金融のキャッシングをしても、長期にわたって返済をしていない場合などには、その借金が消滅時効によって消滅する可能性があります。借金にも時効があるからです。

借金の時効期間は、それぞれの借金の種類によって異なります。消費者金融やクレジットカード会社、銀行などからの借入の場合には、借金の時効期間は5年です。これに対して、信用金庫や住宅金融公庫などからの借入の場合には、借金の時効期間が10年になります。

よって、消費者金融のキャッシングの時効期間は5年です。キャッシングの返済を5年以上返済していなければ、その借金は時効によって消滅する可能性があります。

時効の援用が必要

キャッシングの返済をしなくなってから5年が経過して時効が完成したとしても、何もしなければ時効の利益を受けることはできません。
時効が完成したら、時効の援用をする必要があります。時効の援用とは、「時効の利益を受けます」という内容の意思表示のことです。

時効の援用をする場合には、内容証明郵便を利用します。内容証明郵便で時効の援用をすると、確実に消費者金融会社に援用通知が送られたことが証明できるので、後から問題が起こることはありません。

時効が中断する可能性がある

消費者金融のキャッシングを長期にわたって返済していなければ、時効が完成する可能性がありますが、時効には中断があることにも注意が必要です。時効の中断とは、時効期間の進行中に一定の事由が発生すると、時効の進行が中断して、またあらためて時効期間のカウントが開始されてしまうことです。

たとえば消費者金融のキャッシングの時効は5年ですが、3年目に時効の中断が起こると、またその時点からあらためて5年や10年の時効期間がカウントされてしまうのです。

時効の中断が起こる代表的なものが債権者からの請求です。債権者から裁判を起こされて請求されるとその債権の時効は中断して、その判決が確定してからあらためて10年の時効期間が進行します。

また、業者が内容証明郵便で催告した場合には、時効期間が6ヶ月延長されるので、その間に裁判を起こせばやはり時効の進行を中断させることができます。さらに、差し押さえや仮差押、仮処分などの手続きを行った場合にも時効は中断します。

債務者が債務の存在を承認した場合にも時効は中断します。たとえば、債務者が借金の一部を返済したり、「払います」と書いた念書を差し入れたりすると、時効の中断が起こってそこからあらためて時効期間のカウントが開始されることになるので、注意しましょう。

このように、時効には中断という制度があるので、債権者は時効を中断させ続ければ、永遠に時効を完成させないことができます。具体的には、時効完成前に裁判を起こして時効を中断させ、その後10年ごとに裁判を繰り返せば、永遠に時効が完成することはないのです。実際、時効完成の直前になって消費者金融などが裁判を起こしてくるケースもあります。

時効の完成を待つよりも債務整理で解決する

以上のように、消費者金融のキャッシングを遅延している場合に、時効によって支払を免れようとしてもなかなか困難です。

それよりも、債務整理手続きによってすっきり解決してしまう方が得策です。

債務整理手続きを利用する場合には、自分の状況に合った適切な手続きを選択する必要などもあり、弁護士に依頼する必要があります。消費者金融の返済ができなくて困っている場合には、早めに弁護士に相談して、適切な方法の債務整理をして借金問題を解決しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き