パルティール債権回収株式会社とは|支払い督促や電話の対応方法

 

クレジットカードの返済が滞ったときに、契約しているカード会社ではなく聞きなれない会社から連絡がくることがあります。

それが債権回収会社(サービサー)です。

このページでは、パルティール債権回収株式会社の基本的な情報や、訪問回収への対処方法についてご紹介します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

パルティール債権回収株式会社はJトラストグループの企業

パルティール債権回収株式会社は、Jトラストグループの「日本保証株式会社」が100%出資しているグループ会社です。

〈パルティール債権回収株式会社の会社概要〉

    商 号:パルティール債権回収株式会社
    本 店:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目7番12号
    電 話:03-4330-9988
    設 立:2007年8月
    代表者:朝倉 英雄
    株 主:株式会社日本保証(出資比率100%)

法務大臣許可のサービサーとしては、比較的に新しいのがパルティール債権回収株式会社です。許可番号は113で、2008年2月21日に許可されています。2017年8月16日時点で82社あるサービサーのうち、新しいほうから数えて9番目です。

親会社の株式会社日本保証を傘下に持つJトラストグループは、国内外において展開する金融サービス業だけでなく、パチンコ店向けコンピュータシステムやパチスロ機の開発、アミューズメント業界など、多角的な展開を行っています。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

パルティール債権回収株式会社の特徴

株式会社日本保証は、社名にもなっており柱としている保証業務だけでなく、不動産を担保とした個人向けのローンや、事業者向けのファイナンスサービスを展開しています。

パルティール債権回収株式会社は、親会社などが蓄積してきた経験やノウハウを活用し、グループ内のサービサーとして、こうした債権の管理回収業務を担っています。

したがって、一般消費者になじみの深い小口無担保のカードローン債権などをメインに扱っているサービサーと違い、不動産担保貸付債権に強みを発揮するのがパルティール債権回収株式会社です。

もちろん、不動産担保貸付債権に限らず、無担保貸付債権で中長期の延滞となったものにも対応しています。扱っている債権は、グループ内企業のもの以外には株式会社アプラスなどがあります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

パルティール債権回収の自宅訪問にどう対処する?

パルティール債権回収株式会社の担当者が自宅へ訪問してきた場合、落ち着いて対応することが重要です。

まず、債権の内容を確認する必要があり、身に覚えがなければハッキリとその旨を主張します。

借りた覚えがある場合には、最終返済日から5年以上経過しているようなら消滅時効が完成している可能性があります。その場で債務を認めるような言動はせず(※時効が中断するおそれがある)、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

また、会ってしまうと適切な対応ができるか不安で、無視したいという人もいるでしょう。無視し続けていれば、裁判所を通した手続き(支払督促や請求訴訟)に発展する可能性が高くなります。そうなる前に専門家に相談すればよいものの、この段階でも手遅れということはありません。

まずは弁護士に相談する

時効が完成していれば、援用することで支払い義務がなくなるし、債務が残っている場合は債務整理へと向かうことになります。いずれにしても、慌てて回答するのではなく、まずは専門家である弁護士に相談することが大切です

ただし、敗訴するなど手続きが進んでしまっている場合は、差し押さえを受ける可能性があります。その意味でも、弁護士への相談は早いほうが良いです。

また、どのタイミングでも困ったときは相談です。ちなみに、パルティール債権回収株式会社などのサービサーは法律で悪質な取り立て行為を禁じられているので、訪問自体を過度に怖がる必要はありません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き