アコムとアイフルから合計70万円の借金を任意整理で40万円まで減額してもらうことができました。

 

借金を始めたきっかけや、当時の収入状況について。

アコムとアイフルの2社からの借り入れを行った2年前、私は完全なるギャンブル(パチンコ、競艇)中毒でした。効率のいいアルバイトをいくつも掛け持ちしていたため、月の収入は20万円近くありましたが、ギャンブルに時間を取られるようになってからは働く時間も減り、ギャンブルをするためと収入が減ったことによる生活費の不足を補うために借金をしました。特に前者が借金を加速させ、それさえストップすれば状況は改善するとわかっていながらも「足りなくなったらまた借りればいいや」といった心理で借金を重ねてしまいました。
当初申告した月収が高かったため、消費者金融側もすんなりと融資してくれました。

借り入れ状況、借金を始めた後の生活について。

ギャンブルで負けるたび、給料日前に生活が厳しくなるたびにアコムとアイフルから少しずつ借り、気が付けば全部で合計70万円になっていました。
借金をしても働くペースとギャンブルを行うペースは変わることがなかったため、むしろギャンブルでの負けが重なり負債額が増えていきました。日常生活もなんとか食費を削ったり外出を控えたりといった行動をとっていたため、生活の質は日に日に悪くなっていく一方でした。頭の中も借金のことで精いっぱいで、仕事にも身が入らずに幾度となくバイト先を変えるようになりました。

債務整理をしたらどうなったか

いくつかある債務整理の中から相談して任意整理を行い、アコムから借りていた40万が20万に、アイフルから借りていた30万も20万に減額してもらうことができました。将来の利息をカットしてより安い金額で毎月返済するという方法もあったのですが、金輪際借金とは縁を切りたかったので、全体から減額しての一括返済を選択しました。
一括返済ということになったので親戚に頭を下げてお金を集めてアコム・アイフル側に支払いました。結局借金をする相手が親族に変わっただけでしたが、負担が減ったことと消費者金融からの督促がなくなったことで一気に心が軽くなりました

債務整理をして感じたメリット

とにかく心が軽くなったのが最大のメリットでした。借金をしていた時は朝起きてから夜寝るまで、一日中金策を練ってばかりでした。友人が誘ってくれる食事や小さな旅行でさえお金のことが頭にチラついて全く心が休まらず、ストレスで体がすっかり痩せきってしまっていました。
債務整理をしたことでストレスも消えうせ、金策を練ることにばかり使っていた脳をほかのことに使えるようになったので、毎日の生活にもハリが出てきました。借金が膨らんでいく不安感を二度と経験しないよう、お金に関してきちっとするようになりました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き