アイフルに過払い金を請求したい!交渉や手続きはどうすればいい?

 

アイフルとの取り引きが長い場合、過払い金が戻ってくる可能性がある

2007年以前、アイフルは金銭の貸し付けに際し、最高利率として29.2%の高金利で貸し出しをおこなっていました。

当然利息制限法で定める利率の上限を超えているため、このような高金利での取り引き期間が長い場合、アイフルとの取り引きにおいて過払いが発生している可能性があります。

過払いの有無を判断するためには、まずアイフルから「取引履歴」という書類を取り寄せなければなりません。
この書類を元に「引き直し計算」という特殊な計算をし、過払いの有無を判断することになります。
「取引履歴」はアイフルに対して請求することになりますが、通常1ヶ月前後で入手できます。

アイフルに過払い金請求する場合、ブラックリスト入りの可能性?!

アイフルとの取り引きに関して過払いが発生しており、その交渉を専門家に依頼した場合、専門家への依頼から過払い金が返還されるまでは通常、3ヶ月~6ヶ月前後の時間がかかることが多いようです。
過払い金の返還率は裁判外での交渉では、多くても計算上の過払い金額の50%程度が限界。
裁判を提起すれば、より高い返還額を期待することもできるようですが、その分過払い金が返還されるまでの時間が多くかかることになります。

まだアイフルに借金が残っている場合には要注意。
この場合、個人の信用情報に事故情報が記録される(「ブラックリスト入り」)可能性があるからです。

アイフルへの過払い金請求、弁護士に依頼するのがベストです!

アイフルは以前悪質な取り立てなどのために、一時営業停止処分まで受けたことのある業者です。
残念ながら個人で交渉しても、まともに相手にしてくれないことが多いようです。
そのため、アイフルとの交渉は専門家に依頼するのがベストです。

過払い金の請求は、一般的にいって自分で行うよりも法律の専門家に依頼した方が良い結果を得られるものです。
弁護士など法律専門家は貸金業者との交渉に慣れており、必要であれば裁判まで行い過払い金の返還を求めるため、返還率も高くなることが多くなります。
個人で交渉を行うよりも、遙かに早い時間で和解が成立しますし、戻ってくる過払い金の額もより多くなるのが一般的です。

気軽に無料の法律相談を利用しましょう

過払い金の返還請求権には、法律上10年という時効期間が定められています。
つまり、アイフルと最後に取り引きしたときから10年経過すると、いくら多額の過払い金が存在していたとしても、一切返還請求できなくなってしまうのです。
そうならないためには、迅速に行動することが必要です。
この機会に無料の法律相談を活用し、法律専門家に過払いの可能性の判断をしてもらってはいかがでしょうか?

アイフルとの取り引きに関して過払いが発生している場合、過払い金をどのように請求すればいいのでしょうか?
過払い金請求の手続きは、弁護士など法律の専門家に債務整理を依頼するとアイフルから返還される過払い金の回収率が、自分で交渉するより高くなります。
またその場合、例外を除いて依頼から過払い金が返還されるまでの期間は、通常1~3ヶ月くらいとなることが多いようです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き