モビットから借り入れがある場合、過払いは発生する?

 

モビットの貸し出しは低金利です!

モビットはもともと比較的に低金利での金銭の貸し付けを行うことを目的として設立された会社です。
そのため、会社ができた2000年当初から、金銭の貸出金利は最高でも18%に設定されていました。
当時のアイフルや武富士など大手の消費者金融会社が最高29.2%もの金利で貸し付けを行っていたことと比較すると、かなり低金利であることがわかります。

モビットに対して過払い金が発生する可能性は低い

以前は大手消費者金融会社から金銭を借り入れる場合、最高利率が29.2%などという法外な高金利での契約が一般的でした。
これは法律(利息制限法)が定める金利の上限を超えるものだったため、その取り引きがある程度以上長くなった場合(または完済した場合)には、過払い状態となるケースが発生しました。

これに対しモビットから金銭を借り入れた場合、金利は最高でも18%とされています。
この金利は、法律の範囲内の利率であるため、どれだけ長い間モビットと取り引きしたとしても、過払い金が発生することは通常ありません。

相談は無料です。気軽に法律相談を!

モビットとの取り引きは、基本的にはどれだけ長くても過払いが発生する可能性は非常に低いと思われます。
ただし、完全に可能性がゼロということを断言することはできません。
少しでも疑問があるようであれば、弁護士や法律の専門家に相談してみるのがよいでしょう。
取り引きの経緯などから過払いの可能性の有無について、専門家としてのアドバイスを受けることができるでしょう。
こちらでは無料で法律相談を受け付けていますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

モビットから借り入れがある場合、過払いが発生することがあるのでしょうか?
アコムやプロミスなど一般の消費者金融会社からの借り入れの場合、以前は借り入れの金利が法律で認められている範囲を超えていたため、過払い状態になることがありました。
ところが、モビットは以前から法律の範囲内の金利で貸し付けを行っています。
過払いが発生しているか発生していないか、専門家に相談してみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き