任意整理をすると、最低でも5年間は「ブラックの期間」!

 

任意整理は、裁判所を介さずに相手側と交渉を行って借金問題を解決する、債務整理のなかでも利用されることの多い手続きです。
過払い金が発生する場合がある、一部の債権者について整理が可能といったメリットがあるものの、ブラックリストに載ってしまう(ブラックの期間がある)というデメリットも。
そこで今回は、任意整理のブラックの期間を中心に先生に聞いてみました。

・任意整理をすると、「最低5年間」はブラックリストに載る
・ブラックリストに載ると、新な借り入れやクレジットカードを作ることができなくなる
・ブラックリストに載っているかを確認するには、信用情報機関に個人情報開示請求をする

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

「ブラックの期間」は信用情報機関によって異なる

  • 任意整理って、裁判所を介さずに相手側と交渉を行って借金問題を解決する(支払い条件の合意を行う)方法ですよね。

  • そうですね。
    しかも、利息制限法による引き直し計算によって債務の総額が減少し、場合によっては過払い金が発生することもあります。
    さらには、一部の債権者について整理をすることも可能です。
    このようなメリットがあるので、債務整理のなかでも利用されることの多い手続きですね。

  • そういったメリットがある任意整理ですが、ブラックリストに載る(ブラックの期間がある)といったデメリットもあるんですよね。

  • そうですね、任意整理をするとブラックリストに載ってしまいます。

  • つまり、信用情報機関に事故情報(※債務整理の手続きをしたこと)が登録されて、5年間は借り入れができなくなるんですよね。

  • そうですね。正しくは「最低5年間」です。
    その理由は、金融機関や貸金業者が融資の審査をする際に信用情報機関の個人信用情報をチェックするので、事故情報が記録されていると審査に通さないからです。
    借り入れだけでなく、クレジットカードを新たに作ることもできません。

  • 最低ということは、それよりも長くなる場合もあるわけですか。

  • そういうことです。
    実質的に借り入れができるまでに、7年くらいかかるということもよくあります。

  • そもそも、信用情報機関ってどういう機関なんですか

  • 信用情報機関というのは、金融機関や貸金業者が顧客の契約内容や支払い状況、貸付残高などの情報を登録し、共有する機関です。
    ここに登録されている情報をもとに、顧客の信用力を判断しているのです。

  • なるほど。
    そういう仕組みになっているんですね。

  • 主な信用情報機関には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)、一般社団法人全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター/全銀協)の3つがあります。

  • 信用情報機関って、一つじゃないんですか?

  • そうなんです。
    信用情報機関によって次のような特徴はあるものの、ほとんどの会社や銀行では重複して加盟しています。
    ブラックリストに載る以外のデメリットとしては、任意整理の場合、自己破産や個人再生と比べると、それほど債務の減額できるわけではないことも挙げられます。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

個人情報開示請求によって「ブラックの期間」を確認

  • 最低5年間、場合によってはそれ以上、任意整理をしたことがブラックリストに載ってしまう(ブラックの期間がある)というのは長いですね……。
    ブラックの期間であるということは、どうすれば分かるんですか?

  • 自分がブラックリストに載っているかどうかについては、各信用情報機関に問い合わせることによって確認できます。具体的には、個人情報開示請求をすることになります。
    開示を求める信用情報機関はCICとJICCと全銀協の3つです。
    これらの信用情報機関によって、事故情報の取り扱いが異なるので、ブラックリストに載っているかどうかを確認する場合にはすべての信用情報機関に開示請求をし、情報を調べる必要があります。

  • それはなかなか大変ですね……。

  • 具体的にはそれぞれの信用情報機関のWebサイトなどを確認して、指定された方法で開示請求をしましょう。

  • 情報開示請求をすると、どうなるんですか?
    信用情報機関から書類が届くんでしょうか。

  • それは開示請求の方法によって異なります。
    郵送で開示請求の手続きを行うと、郵送によって開示報告書が届けられます。

  • ……ということは、パソコンやスマートフォンでWebサイトから手続きを行えば、パソコンやスマートフォンで登録状況を確認できるというわけですね。

  • そうですね。
    ほかにも、窓口に行ってタッチパネルの操作により開示報告書を受け取ることも可能です。
    前述のように、詳しくは、それぞれの信用情報機関の開示請求方法を調べておきましょう。

  • 開示請求によって、どうなっていればブラックの期間が終わったこと(事故情報が消えたこと)が分かるんですか。

  • 異動や事故などの情報が消えていれば、もうブラックリストには載っていないということが分かります。
    なお、実際に借り入れができるかについては、個別に金融機関や貸金業者に申し込んでみないと分かりません。
    ただし、銀行や信用金庫の場合は全銀協、消費者金融はJICC、クレジットカード会社や信販会社はCICに登録していることが多いので、どこに事故情報が登録されていて、どこの金融機関や貸金業者を利用できるのかは、ある程度予測を立てることは可能です。

  • 任意整理の手続きは弁護士に相談するのが解決の近道。
    このサイトで紹介する弁護士事務所なら、電話やメールでいつ相談をしても無料です。
    もちろん、任意整理以外の債務整理についても気軽に相談してください。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き