【自己破産】泥酔して50万円の借入。終わらないリボ払いの解決策とは

 

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

給料のほとんどを飲み代に使い、会社を退職して収入が0に!

男性、35歳、無職、独身です。
大学を卒業し、新卒で都内の会社へ就職しました。
収入は、月に20万円程度、プラス賞与です。
平凡に生活して行けば、一人暮しは維持できるレベルです。
都会の暮しという物についていけず、一人暮らしの寂しさと、会社の人間関係のストレスから、ほとんど毎日、酒を飲むようになりました。
会社の帰り道に、飲み屋による事も多く、給料もほとんどが飲み代に消えました。
最初のうちは同僚と飲んでいたのですが、自分の酒癖の悪さに付き合いが減っていきました。
その頃から、飲み代やキャバレー代などで、自分の給料はどんどん使いきってしまうようになりました。
そして、借金をしてまでお酒を飲むようになりました。
おはずかしながら、夜中まで部屋で一人酒をして、泥酔して、朝起きられずに会社へ遅刻する事も増えました。
年々、賞与の査定が悪くなり、基本給のままほとんど昇給なく、29歳まで勤めました。
徐々に会社に行きづらくなり、会社側からも愛想を尽かされていました。
29歳で自己都合による退職をしました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

酔っ払って総額50万円の借入。リボ払いの高金利で元金が減らない返済

銀行のカードローンで最初は、30万円を借りました。
この銀行ローンは、毎月3万円ずつ12か月返済予定で借りました。
その他は、10万円ずつ、無人借り入れコーナー機器から借りました。
借り入れの時も、酔っぱらっていたので、正直、いくらを借りたのか、よく覚えていません。
後で判明した額は、最初カードコーナーで30万円借り、次に別の金融機関で10万円、また別の金融機関で10万円、合計で50万円を借り入れていました。
利息は当時はほとんど計算しておらず、毎月リボ払いで1万円ずつ返す事にしていました。
銀行のローンは最初の2月は3万円ずつ支払いましたが、その頃会社を辞めてしまい、収入が無くなった為、その後は返済不能となりました。
後から借りた金融機関の借金は、リボ払いで、自分の口座から自動に引き落としになっていました。
月に1万円貯まると、引き落としになる感じで、全く返済額は減らない感じがしました。リボ払いは終わらないということを体感したタイミングです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

家賃が払えずカプセルホテルで生活。100万円以上の借金を自己破産

借金の返済が滞り、自分は無職になって収入はゼロになっていました。
借金の利息がかさんで、返済額が100万円近くになっていました。
払えるめどもありません。
家賃も支払えなかったので、カプセルホテルを転々としました。
炊きだしボランティアの人に聞いて、自己破産の手続きをしました。
ボランティアの人の紹介で手続きの仕方を教えてもらいました。
自己破産というのは、全てを放棄する事になるようです。
自分の財産も手放すという事です。
自分自身は、財産はなかったので、自己破産を受けました。
自己破産の結果、借金は帳消しになり、返済額はゼロになりました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

アルコールをやめ、借金はしないと決めました

新たな生活を始めるきっかけになったのは事実です。
今は、まだ定職が見つかりません。
ただ、以前は借金の事で、精神的にも追い詰められていましたが今は、やり直そうという気持ちになっています。
借金から逃げようと、お酒におぼれていたのも自覚し、アルコールをやめる決意をしました。
すると、ある程度頭が働く様になって、ようやく自分の過去を反省する事ができるようになって来ました。
今は、時々、アルバイトをして、生活費を維持する程度の収入です。
今後は借金はしないと決めています。
自分の悪癖を二度と繰り返さないように、誓っています。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き