アイフルの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

 

アイフルでお金を借りているが、返済ができなくなってどうしたらよいか分からないという人には、任意整理をオススメします。でも、そもそも任意整理がどのようなものか理解をしていないと話になりません。
そこで今回は、アイフルの借金の返済に困っている人に向けて、債務整理のなかでも比較的に簡単な手続きである、任意整理について説明します。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

大手消費者金融である、アイフルの借金を任意整理すると月々の返済額が減額される

任意整理の手続きをする一般的なメリット

◼任意整理は、当事者の話し合いによって解決できる

アイフルの返済に困っているときは、任意整理をすることによって請求が止まり、無理のない返済ができるようになります。

任意整理とは、裁判所を通さず、当事者の話し合いにより解決する債務整理のことを言います。そのため、法律の制限を受けません。例えば、ギャンブルや浪費によって自己破産の申し立てをする場合、免責不許可事由に該当する可能性があります。簡単に言うと、借金の発生原因によっては、自己破産(法的整理)ができない場合があるということです。

しかし、任意整理であれば、借金の発生原因を問われることなく行えます。また、官報には掲載されないため、自分から話さないかぎり第三者(家族や周囲の人)に知られることはありません。

◼任意整理は、手続きする債権者(借入先)を選択できる

任意整理には、手続きする債権者(借入先)を選択できるというメリットもあります。

法的整理においては、基本的に全ての債権者を平等に扱います。そのため、金融機関に対する借金も身内や友人に借りたお金も同じ扱いで手続きが進みます。しかし、任意整理の場合は債権者(借入先)を選択できるので、金融機関の借金は任意整理をして、身内や友人から借りたお金はそのまま返済するということが可能です。

◼任意整理は、借金の減額や利息のカットができる

そして、任意整理の一番のメリットは借金を減額できる、利息をカットできる、月々の返済額が減額できるということです。

【任意整理のメリット】

  • 当事者の話し合いによって解決できる
  • 手続きする債権者(借入先)を選択できる
  • 借金の減額や利息のカットができる
  • ◼アイフルの借金を任意整理すべきタイミング
    • 基本的に、借入期間や借入額、返済状況に関係なく、アイフルの月々の返済ができなくなったときが、任意整理をしたほうがいいタイミングです。たとえ借入額が10万円でも100万円でも、月々の返済ができなくなったら、任意整理をしたほうがよいと言えます。

    • 返済ができなくなったら、すぐに任意整理を考えるべきですね。

    • しかし、返済状況によっては任意整理の結果に影響することはあります。1回も返済をしない状況で任意整理を申し出た場合は、スムーズに手続きを進めるのはかなり難しいでしょう。

    「167万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    任意整理の手続きについて理解しよう〜アイフルの場合〜

    任意整理の手続きの基本的な流れ

    ◼アイフルの借金を任意整理する際の期間と、手続きの流れ

    ここまで、任意整理をするメリットについて説明してきました。

    それでは、実際どのような流れで任意整理が進むのかについて説明しましょう。

    【基本的なアイフルの借金を任意整理する流れ】

    ①まず、任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、債務者は基本的に借入先と借入額を提示することになります。その際、カードや契約書、取引明細書などがあればそちらも提示するとよいでしょう。

    ②次に、弁護士や司法書士は、各金融機関(債権者)に受任通知と債権届出書、取引履歴開示請求書を送付します。これらの書類が各金融機関に到着すると、金融機関の取り立て行為が止まります。

    ③アイフル側ではこれらの書類を受け取ると、(必要事項を記載した)債権届出書と取引履歴を弁護士や司法書士に返送します。弁護士や司法書士では、受け取った取引履歴に対して利息制限法に基づく引き直し計算を行い、債務額を確定します。

    ④利息制限法の利率に引き直して計算をしたときに過払い金が発生していた場合は、アイフルに対して返還請求を行います。そうすると、借金が0(ゼロ)になるだけではなく、過払いをした分のお金が戻ってきます。

    ⑤このとき、もし借金の残金が残っていたとしても、利息をカットした金額、つまり元金のみを分割で支払う和解案をアイフルに提示します。アイフルがその和解案に応じると、任意整理の手続きが完了になります。

    任意整理の手続きが完了する期間は、スムーズに手続きが進めば数カ月、長期化をした場合には半年ほどかかります。

    ◼アイフルの借金を任意整理する際にかかる費用
    • アイフルの任意整理にかかる費用は、弁護士や司法書士への報酬と通信費くらいで済みます。
      ただし、弁護士や司法書士への報酬は事務所によって異なるので、依頼前によく確認をしてください。

    • なるほど。

    • なお、相手がどの金融機関かによって費用が変わるケースはほとんどないものの、債務整理の内容が変わることにより費用が変わる場合があります。

    「167万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    任意整理におけるアイフルの交渉と対応〜どれくらい借金が減らせるのか〜

    交渉により、どれくらい借金が減らせるのか

    ◼アイフルの借金を任意整理する際のポイント

    任意整理をするうえで、交渉によって実際どれくらい借金が減らせるのかが気になります。ここでは、アイフルとの交渉でどのような和解案が提示されるのかを説明します。

    アイフルの借金を任意整理した場合、交渉の結果はほとんど決まっています。

    支払い総額は、利息制限法に基づいて引き直し計算をした残りの元金がベースです。この点、返済総額が残元金以下になることはまずありません。その後、未払い利息や損害金の計算をします。これらの金額については、交渉によって決まります。なお、将来利息については全額カットになります。

    そして、上記の総額の返済期間や返済回数を決めるものの、基本的に3年~5年以内(分割ではとしては36回~60回)で支払っていきます。

    例えば、利息制限法に基づく計算をした金額が35万円で、未払い利息や損害金が1万円という場合、支払い総額は36万円となります。この36万円を36回で分割すると、毎月1万円づつ、3年をかけて完済するというのが具体的な和解案となります。

    ◼任意整理におけるアイフルの対応と他社の対応
    • 任意整理をすると、基本的にどの金融機関でも同じような対応になります。正直なところ、どの金融機関でも早く回収をしたいというのが本音なので、和解案が提示されるとすぐに同意します。

    • それは意外ですね。

    • なお、弁護士や司法書士が提示する任意整理の和解案は、裁判所で提示される和解案とほぼ同じであるため(※ただし、判決と同じ効力はない)、わざわざ提訴してくることはあり得ません。

    「167万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    アイフルの借金に悩んでいる場合は弁護士に相談しよう

    弁護士や司法書士などの、借金問題の専門家に依頼するメリット

    ◼司法書士に依頼するなら、代理権の範囲に注意

    アイフルの借金に悩んでいるのなら、前述のように、弁護士や司法書士に相談をすべきです。

    実は、任意整理は債務者本人でも行うことができます。しかし、任意整理を行うためには多少の法律知識が必要になるうえ、債権者との交渉力も必要になります。そのため、任意整理をするのであれば、実績のある弁護士や司法書士に依頼することをオススメします。

    弁護士や司法書士に依頼をすると、債務者(依頼者)側でやることがほとんどなくなります。手続きはすべて弁護士や司法書士が行ってくれるし、交渉も基本的にスムーズに進むからです。

    ただし、司法書士に依頼をするのなら注意すべき点があります。なぜなら、裁判手続きになった場合、司法書士は簡易裁判所管轄の民事の裁判手続きにおいてのみ代理権を有するからです。つまり、債権額が140万円を超える事案や合意管轄(当事者の合意によって管轄裁判所を決めること)により、手続きや交渉ができなくなるケースがあるのです。

    ◼アイフルの借金を任意整理するなら、まずは無料相談を利用
    • 弁護士に依頼するときは、まず無料相談を利用するのがいいでしょう。無料相談は「相談だけなら何度でも無料」というものが多く、依頼する前に費用の件などについて詳しく聞くことができます。

    • それは助かりますね。

    • 現在の返済状況を分かる範囲で伝えるだけでも、具体的な対応方法を提案してもらえますよ。

    「167万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    電話番号の画像

    注意書き