レイクの借金返済が苦しいので、自己破産をする選択はアリ?

 

レイクでお金を借りているが、もう返済ができない!このような時、自己破産をするという選択がありますが、自己破産をするとどうなってしまうのか、本当に自己破産をして大丈夫なのか、自己破産をする前に気になる点をくわしく解説していきます。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

自己破産した後でも、ローンやクレジットカードを含めた借入審査に通るのか

自己破産をした後でも、ローンやクレジットカードを含めた借り入れ審査に通るのか解説します。

自己破産してしまった人は審査に通るのか

結論として自己破産後は一定期間審査が通らなくなります。

レイクで自己破産をした場合、その後何年たっても、レイク系列会社やグループ会社(シンキ・アプラス等)で借りることは厳しいです。また、免責後、最低5年間は他の金融機関(消費者金融やクレジットカードも含みます)で借りることも難しいです。

尚、仮に借り入れができたとしても、免責から7年経過していないと、次に返済できなくなった時は、破産ができなくなります。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産した後でも、借りられる金融機関はあるのか

自己破産した後でも、借りられる金融機関はありますが、いくつか注意しないといけない点があります。

過去に自己破産をした人でも借りられる金融機関には、どのような特徴があるのか

自己破産後5年以上経過していると、通常の金融機関でお金を借りることができる可能性があります。10年以上経過するとほとんどの金融機関で借りることができるようになります。

しかし、それ以前でも借り入れができる場合がありますが、これは要注意です。法律的には、免責確定後に新たにお金を借りることは有効に成立しますが、レイクで自己破産をしている場合は信用情報に破産した事実が登録されています。

レイクを含め、通常の金融機関は信用情報に破産情報がでている場合は審査に通ることはありません。破産後審査が通る金融機関には十分注意が必要です。また、前述したとおり、免責から7年経過せずに新たにお金を借りた場合、そのお金が返せなくなっても、自己破産できません。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産をするときの具体的な流れを理解する

自己破産をするときの基本的な流れを説明します。

借金を自己破産する場合の基本的な流れ

免責までの手続きは財産がある場合と無い場合で異なってきます。

まずは、申し立て書類を裁判所に提出します。その後、破産の審尋が行われます。この審尋で問題がなければ、破産手続開始決定がされます。財産がある場合は、破産管財人が選任されて、財産の処分が行われます。その後債権者集会が行われ、債権が確定したところで配当がされます。配当が完了すると破産手続きが完了します。

財産が無い場合は、破産手続開始決定後、同時廃止の決定がされ、破産手続きが完了します。

破産手続き完了後、免責審尋が行われ、問題がなければ免責決定となります。

以上が破産手続きの基本的な流れです。自分で破産の申立をすることもできますが、申立書類の作成や、裁判所に提出する添付書類等に不備があると、手間がかかるため、弁護士に依頼することをオススメします。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産をすることのデメリットは何か

自己破産のデメリットについてくわしく解説します。

自己破産をすると、信用情報に傷がつくのか

自己破産をすると、信用情報機関に、破産をしたという情報が登録されます。基本的に事故情報は5年程度登録されますが、官報情報は10年間弱登録されます。

任意整理などと比べて、自己破産にかかる期間は長いか

自己破産にかかる期間は財産がある場合と無い場合でかなり違いがあります。

財産が無い場合は、2~6カ月位で手続きが完了します。財産がある場合は、1年位はかかりますが、財産の処分状況に応じて1年以上かかることがあります。

ほかの債務整理と自己破産を比較した場合、自己破産にかかる期間は相当長いものになります。自己破産の場合は、借りたお金を返さなくても良くなる手続きなので、他の債務整理より厳格な手続きがとられ、手続きも煩雑で時間がかかります。

レイクの借金を自己破産すると、周りには知られてしまうのか

レイクで借り入れをしていて自己破産をしても、直接レイクから連絡がくることはありません。

しかし、官報は一般の人も見ることができるため、周りの人に知られてしまう危険性はあります。

自己破産は債務整理の最終手段であり、できることであれば避けたいものです。まずは弁護士に相談をして、自己破産が良いのか、他の債務整理が良いのかは、弁護士に判断してもらうことが良い選択です。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き