自己破産は家を失う?借金解決=破産だと思っていませんか?

 

自己破産をすると、いまの家に住み続けられない可能性があります。

「せっかく建てたマイホームを手放したくない……」
「いまの賃貸から追い出されたくない……」

そう思う人がほとんどでしょう。

ですが、そもそも自己破産があなたにとってベストな解決策ではないかもしれません。

このページでは、自己破産をすると今後の住まいはどうなるのか、解決策と合わせて説明します。

弁護士相談で家を失わずに借金を減らせるかもしれません。

自己破産をすると、以下のようなことが起こります。
  • 持ち家を失う
  • 住宅ローンが組めなくなる
  • 賃貸契約が難しくなる
しかし、「任意整理」や「個人再生」という方法なら家を失わずに借金解決が可能かもしれません。

自己破産を検討しているのであれば、まずは無料弁護士相談で借金整理にベストな方法を教えてもらいましょう

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

自己破産で家が差押えられるワケ

「自己破産」は裁判所が全ての借金を免除してくれる手続きです。
その代わりに家や車など、経済的価値のあるものは全て処分して債権者に配分します。

ただ借金が0円になるのではなく、返済可能な分だけは返済したうえで借金をチャラにする手続きです。

なので、持ち家がある場合、以下のいずれかの処理がされ、お金にして債権者に返せるだけ返されます。

  • 任意売却される
  • 競売手続きにかけられる

売却の手続きは裁判所や裁判所が選定した管財人が行うため、家主から差押えをする必要があります。

よって、自己破産をすると持ち家は差押えられてしまうのです。

自己破産すると「同時廃止事件」と「管財事件」のどちらでも家は差押えされる

自己破産には、「管財事件」「同時廃止事件(同廃事件)」の2種類があります。

  • 管財事件……債務者が一定以上の資産を持っており、換価(処分してお金に換えること)が必要な自己破産
  • 同時廃止事件……資産がなく、換価するものがない場合の自己破産

つまり、基本的には持ち家という資産を持っている限りは処分されます

住宅ローンが家の価値以上の額残っている場合は資産とは見られませんが、住宅ローンの債権者が抵当権を実行して家を競売にかけることで債権を回収されます。

なので、どちらにせよ自己破産すると家は処分されてしまうのです。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産後も家に住み続けられるたった1つの方法

自己破産をしても、マイホームに住み続ける方法は1つだけあります。
ただ、よく家を残せると勘違いされる自己破産のケースもあります

まずは、勘違いケースを紹介します。

自己破産の勘違い。家が残せない3つのケース

1.親族に買い取ってもらう

差押さえられた家を親族に買い取ってもらい借りることで、持ち家に住み続ける方法です。

不可能ではないですが、銀行は親族間売買はあまり融資してくれず、一般的には住宅ローンを組むことができません。そのため、購入資金をどうやって捻出するかが課題となります。

2.自己破産前に自分名義の家を他人名義に移す

あらかじめ他人名義にすることで、差押えや任意売却を回避できると思われる方がいます。

しかし、破産前に家という重大な財産を処分することは「財産隠し」として違法になります。なので、安易に名義を移転させることは絶対にしてはいけません。

3.夫婦が連名で住宅ローンを借りる

夫婦連名の住宅ローンの場合、夫婦の一方だけでも破産手続きをすると家は残せません。

夫婦の連帯債務では、抵当権は各自の持ち分ではなく不動産全体に設定されます。
そのため、夫婦の一方が破産をした時点で金融機関は家全体を競売にかけられます。

  • このように、自己破産をして家を残すことは非常に難しいと言わざるを得ません。

  • それなら、自己破産をして家を手放すことになったとして、新たに賃貸物件を借りることはできるのでしょうか。

  • 基本的には、自己破産をしても賃貸借契約は結べます

    ただ保証会社を入れて賃貸をする場合、信用情報を調べられることになります。
    そのため、自己破産をしたことで保証会社の審査が通らず、結果的に契約を結べない場合があります。

自己破産をしても持ち家に住み続けるには「リースバック」する

売却した家を賃貸として借りる「リースバック」という方法なら、自分で建てた家にも住み続けられます。

【リースバックのメリット】

  • 引越し不要
  • 家を売ったことが周りに知られにくい

なので、リースバックできるよう買受人に交渉してみてください。

どうしても自分の名義として持ち家に住み続けたいのであれば、「任意整理」「個人再生」といった、自己破産とは別の債務整理方法をオススメします。

詳しくは、家を守りつつ借金を減らす、「任意整理」や「個人再生」とはで説明します。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産をした後に、住宅ローンを組む方法

「自己破産をすると、ブラックリストに載ってローンが組めなくなる」
ということはよく聞くかと思います。

そもそもブラックリストとは何か、自己破産をした後に住宅ローンを組む方法について説明します。

自己破産から10年間待つと、住宅ローンが組めるようになる

「ブラックリストに載る」というのは、「信用情報機関」に自己破産したという事故情報が載ることを言います。

銀行は「信用情報機関」の情報をもとに融資の審査を行います。
そのため、自己破産したという情報が載っていると
「住宅ローンという多額の融資をしても返済してもらえないのではないか……?」
と疑われ、融資が受けられません。

なので、自己破産をした後に家を購入するには以下の2つの方法しかありません。

  • 信用情報から事故情報が消えるのを待つ
  • 現金で一括支払いする
  • どのくらいの期間ブラックリストに載るかは、事故内容によって異なります。

    自己破産は、債権者にとって「本来請求できる債権が1円も返済されなくなる」ので、最も重大な事故情報と言えます。

    そのため、最長で10年間、事故情報が登録されます。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産をするべき借金の状況とは

自己破産すると持ち家もなくなりますので、借金整理のなかでも最終手段として選ばれる解決方法です。

では、どのような場合は自己破産をすべきなのでしょうか?
自己破産すべき条件は以下いずれかです。

  • パターン1:任意整理も個人再生もできない
  • パターン2:任意整理して返済するよりも、自己破産したほうが早く事故情報が消える

一般的には、以下の返済に回せる額をもとに自己破産すべきかを判断します。
返済に回せる額=月収ー固定費(※家賃、税金、光熱費など)

よって以下の条件に当てはまる場合では自己破産するしかありません。

パターン1
  • 任意整理ができない条件……5年間60回払いでも完済できない
  • 個人再生ができない条件……借金総額を5分の1にし、残った借金を3年で完済できない

例)返済に回せる額:18万円 = 月収:28万円 ー 固定費:10万円
借金:4,000万円 ⇒ 5年返済で月々67万円
月々の返済:23万円 > 借金返済に回せる額:18万円

また、以下の条件に当てはまる場合は進んで自己破産すべきです。

パターン2
  • 任意整理や個人再生で減らした借金返済に5年以上かかる
  • 借金を減らしても返済に1年以上かかる
  • なるべく早くローンを組めるようになりたい

例)返済に回せる額:18万円 = 月収:28万円 ー 固定費:10万円
借金:2,000万円 ⇒ 個人再生して月々18万円返済
返済にかかる期間:22か月

自己破産をすると事故情報が残りますが、任意整理や個人再生は「完済してから5~10年間」、自己破産は「返済免除が決定してから5~10年間」となります。

そのため、借金を減らしても返済に1年以上かかるのであれば、その分事故情報が残り続けます。
1年でも早く新規にローンを組みたいのであれば、自己破産をすべきでしょう。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

家を守りつつ借金を減らす、「任意整理」や「個人再生」とは

債務整理には、自己破産以外に任意整理や個人再生といった手続きがあります。
任意整理や個人再生を利用すれば、家を手放す必要はありません。

それでは任意整理・個人再生とはどのような手続きなのか、詳しく見ていきましょう。

任意整理で住宅ローン以外の借金を減らす

任意整理とは、それぞれの債権者との間で裁判所を介さずに話し合いを行い、借金の総額や利息、返済方法などを見直す手続きです。

自己破産と違い、任意整理なら住宅ローンを整理しないことで持ち家を残すことができます

例えば、以下のように整理する借金を選べます。

  • 消費者金融の借金 ⇒ 整理する
  • クレカのキャッシング枠 ⇒ 整理する
  • 住宅ローン ⇒ 整理しない

ただし、任意整理は債権者との話し合いによるので、大幅な減額には至らないケースも少なくありません。
そのような場合には、個人再生をすべきかもしれません。

個人再生で「住宅ローン特則」をつかう

個人再生は、借金を減額(原則5分の1)して、分割(原則3年)で返済していく裁判所の手続きです。

  • 任意整理よりも借金が大幅に減額される
  • 対象とする債務を選べない
  • 手続きが複雑である

原則、整理対象とする債務を選べませんが、「住宅ローン特則」を使うと住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことができます。

適用条件を満たして、申し立ての際に住宅ローン特則手続きを行うことを明記するだけで利用可能です。

条件を満たしているかを確実に把握するには、弁護士に相談するのがベストです。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産最大のメリット!借金ゼロで心機一転

  • 自己破産以外の債務整理の手続きである任意整理や個人再生は借金がゼロになるわけではなくて返済が必要なんですね。

  • 任意整理や個人再生をすることで借金の返済額は減額されて支払いは手続き前より楽になります。
    しかし、手続き後の返済も苦しい状況になってしまう方もいるようです。

  • それなら、もし現在の借金が多額でどうしても返済が厳しい場合は自己破産で借金を全てゼロにしたほうが手続きの後に新たな生活を再スタートしやすいのではないでしょうか。

  • 確かに自己破産をして借金を全額無くすことで新たに心機一転生活をスタートしやすくなりますね。
    自己破産の手続きがご自身に最適か個人で判断することは難しいので一度弁護士事務所へ無料相談してみることをおすすめします。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

家を失うかは弁護士に相談してみないとわからない

自己破産をすると持ち家を失うことは変わりません。
しかし、あなたの借金問題の解決には自己破産以外の方法がある可能性があります

自己破産をすると、新たに住宅ローンが組めなかったり、賃貸も借りられなくなる可能性もあるので、解決策は慎重に選ぶべきです。

自分だけで悩んでいるよりも、専門家である弁護士に相談したほうが最適な答えが見つかります
相談電話は無料なので、まずは電話をしてみて債務整理を依頼してみましょう。

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き