自動車の購入で275万円の借金。生活も切り詰めて工夫して返済を繰り返す

 

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

車の購入で275万円の借金。月3.6万円の返済を7年間で契約しました

社会人になって2年が経った時、自分の稼ぐお金で自分の好きな車を買おうと思い立ち、日立キャピタルという業者でローンを組み、乗り出し275万程の借金をしました。頭金は無しです。借入期間は、返済額に可能な限り余裕を持たせようと7年間(84回払い)で組みました。毎月36000円程の返済額で、金利は3.4%と、比較的低い金利だったので滞納することもなく支払いを履行できました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

ほとんど貯金がなく、返済の見込みもないまま借金をしました

当時のわたしには貯金もほとんどなく、しかし田舎に住んでいたのでクルマのない生活はありえないという生活状況の中、なんとか乗り繋いでいた実家の軽自動車が故障してしまい、通勤に必要なこともあり、急いで車を手配することになり、また、自分でもちょうど欲しいと強く思っていた車種があったことから、ちょっと背伸びをした額でローンを組みました。私の職業はサラリーマンで、高いとは到底言えない給料で貯金に回すほどの財力もなく、実家も自営業で収入も貯金も十分ではない状況でした。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

趣味や贅沢を控え、生活に余裕がなくなりました

人生で最も大きな金額の買い物だった上に、月々3万円以上の支払いが始まると、生活は一気に圧迫されました。月々3万のお金があるとないとでは大きな違いでした。お酒が好きで、それまでは缶の生ビールを毎日5~6本程度は飲む毎日だったものが、酒は発泡酒に、飲む本数は多くても2本ほどに、そして酒を飲まない日が出てきました。また、楽器が趣味だったのですが、ギターの弦やピック、ケーブル等の消耗品も、ボロボロになるまで使い切ってから交換するようになりました。服への興味も自然に薄れていきました。というよりも、服に意識を向ける余裕がなくなりました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

口座の中の返済分のお金を使うことが多々あり、口座を分けるようにしました

まず一つ言えることは、もし給与が振り込まれる口座から借金分を引き落とすようにしているなら、それは絶対やめた方がいいです。借金を返済する為の専用の口座を用意して、給与が振り込まれたら即そちらに自動振替するようにし、そちらの口座から引き落とすようにするのがオススメです。同じ口座にお金が入っているだけで、感覚的にまだ残高に余裕があるかのように錯覚してしまい、ついつい借金返済分のお金にまで手を出してしまうことが多々あったからです。「自分で返済支払分を残しておけばよい」と思いがちですが、人間はそんなに利口ではないと思います。ですから、借金の返済オペレーションは機械に自動的にまかせてしまうのがベストです。極端な話、「20万振り込まれたから3万5千円残して使う」のではなく、まず「20万から3万5千円を機械的に引いてしまう」のです。天引きの理論です。これが一番確実です。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き