【積立型の生命保険】自己破産をすると生命保険を解約される?

 

自己破産の際のデメリットはいくつかありますが、今回はその中でも生命保険について説明します。
生命保険は掛け捨て型のものをかけている人と積み立て型のものをかけている人に分かれますよね。
生命保険の型によっても違いがあるのでしょうか?

自己破産を考えている方は、ご自分の状況を弁護士にお話しください!

生命保険は、解約したときに保険会社から戻ってくるお金(解約返戻金)の額や、「積立型」か「掛捨型」かによって扱いが異なります。
解約払戻金のある「積立型」については注意が必要で、解約返戻金が20万以上の場合、解約しなければいけない上、積立金もなくなります。
しかし、自分では自己破産しか出来ないと思っていても、他の債務整理方法をとることが出来る場合もあります。また、一口に自己破産と言っても、実際にはこのように生命保険一つのことで、処理が変わり複雑になってしまうので、裁判所での正確な取り扱いを知るためにもご自分の状況を弁護士に相談する必要があります。
まずはお気軽に弁護士に借金のお悩みを相談しましょう!

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

【自己破産時に注意】掛け捨て型と積立型の生命保険の違い

  • 今日は自己破産をするときに生命保険に関してどういう取り扱いがされるのか、教えてください!

  • わかりました。
    まず、自己破産をすると、自分の持っている財産のうち、20万円以上の価値があるものは回収され、債権者に配当されるということを頭に入れておいてください。

  • なるほど。「返せるお金があるならできるだけ返せ」ということですね。
    自己破産で借金がチャラになるのに、実は財産を持っていたとなれば、お金を貸していた人は不公平に思うでしょうからね。
    でも、それが生命保険と何の関係があるんですか?

  • 生命保険には大きく分けて「掛け捨て型」のものと「積立型」のものがあります。
    これらの違いは分かりますか?

  • 分からないです。どう違うんですか?

  • 解約したときにお金が返ってくるかどうかが違います。
    「掛け捨て型」の生命保険は、解約したとしても保険会社からお金が戻ってこない(解約返戻金がない)保険のことです。
    一方、「積立型」の生命保険は、解約すると払い戻し金が発生します。この払戻金に注意が必要になってきます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

解約時に帰ってくるお金が20万円以上だと差し押さえられてしまう!

  • では、ここまでのおさらいをすると、

    ・自己破産をすると20万円以上の価値のある財産は差し押さえられてしまう。
    ・生命保険には「掛け捨て型」と「積立型」の2種類がある。
    ・「積立型」の生命保険の特徴は払戻金があること。

    で合ってますか?

  • その通りです。

    ここで問題となるのが、
    「積立型の生命保険の払戻金が20万円を超える」場合、「自己破産で差し押さえられてしまう20万円以上の価値ある財産」に該当してしまうということです。
    長年積み立てていると、かなり高額な払戻金となりますので、自己破産をすると解約されて債権者に配当されてしまうのです。

  • そうなんですね。
    それは困ってしまいますね。。。

  • はい。
    ですから、「積立型」の生命保険に加入されている方は、その払戻金が20万円を超えるかどうか注意が必要です。
    逆に、「掛け捨て型」の生命保険に加入されている方と、「積立型」の生命保険に加入しているけれど払戻金が20万円以下の方は、自己破産をしたからといって生命保険を解約されることはないので安心してください。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

払戻金が20万円以上の場合でも、解約されない方法

  • では、解約返戻金が20万円を超える場合は財産扱いになるということで、やっぱり保険がなくなるんですね。
    何か対処法はないんですか?

  • ありますよ!
    ひとつは、払戻金を20万円以下にしてしまうという方法です。

  • そんなことができるんですか?

  • 生命保険の契約内容にもよりますが、貸付制度というものがあります。
    貸付制度とは、解約返戻金を担保に払戻金と同等額程度までならお金を借りることができる仕組みです。
    例えば、40万円の払戻金があるのであれば、貸付制度を利用して、生命保険会社から25万円を借ります。
    すると、実質的に払戻金は15万円になるので、自己破産で差し押さえられない20万円以下の自由財産となります。

  • すごいですね!

  • ただし、借りたお金の使い道には気を付けなければいけません。
    自己破産では、大きなお金の流れがあったら使った内容を説明しなければなりません。
    パチンコなどのギャンブルに使ってしまうと、自己破産の免責が認められなくなってしまう危険性があります。
    弁護士への費用や生活費などに充てるようにしましょう。

  • なるほど。さっきの例で言えば、借りた25万円の使い道がギャンブルだったりすると免責を受けられない可能性があるから、生活費などの正当な使い方をするべきということですね!

  • そうです!

    もうひとつ、保険法の介入権制度という制度を使って、生命保険の解約を防ぐ方法があります。

  • なんですか、それは?

  • これは2010年の保険法改正によってできた新しい制度です。
    払戻金を、自己破産をする当事者以外の親族が代わりに負担することで、生命保険を解約せずに済むという制度です。

  • さっきの例だと、40万円の払戻金があれば、それを家族の人が代わりに払うことで生命保険に加入し続けられるということですね!

  • そういうことです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

自己破産の手続きは複雑です。弁護士に相談しよう!

  • なんだか一口に自己破産っていっても、実際には生命保険一つのことで、処理が変わり複雑になってしまうんですね。

  • そうなんです。

    しかも、手続きは裁判所によっても意外と大きく処理方法が異なることが多いんですよ。

  • 実際に破産手続きをする裁判所での正確な取り扱いを知るためにも、弁護士に相談してみた方が良さそうですね!

  • そのとおりです。

    当サイトでは、相談無料、24時間365日受付の弁護士事務所を紹介しております。
    自己破産について、ご自身の借金や生命保険のことについてなど相談だけでもお気軽に利用してみてください
    匿名でのお相談も可能ですので安心してご利用いただけますよ。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き