誰でも分かる債務整理 弁護士監修!借金のお悩み解決サイト

借金が払えなくて自己破産したい!周囲に内緒で手続き可能?

 

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

自己破産って周囲の人にバレる?

自己破産をすると周囲にバレる理由は何?

借金がかさんでくると、返済が苦しくなって、生活も厳しくなりますし、精神的にも追い詰められてしまいます。また、収入が少ない場合などには、借金額が少なくても返済ができないこともあるでしょう。このような場合、自己破産をすると効果的に問題を解決することができます。自己破産とは、裁判所に申立をして、すべての借金返済義務を免除してもらう手続きのことです。そこで、自己破産すると、借金が0になるので、借金問題を根本的に解決することができるのです。しかし、自己破産は一般的にイメージが悪いです。特に、借金している人は家族に秘密にしていることも多いですが、自己破産をする場合には裁判所を利用するので家族にばれてしまうことを避けられないのではないかが心配になることもあるでしょう。実際、自己破産をすると家族や職場にはばれてしまうものなのでしょうか?この点、自己破産をしても職場にばれることは、あまりありません。自己破産をしても、裁判所や債権者から職場に対して何らかの通知が来ることはありませんし、職場の人に協力してもらう手続きもほとんどありません。ただ、退職金がある場合には、会社に退職金証明書を発行してもらう必要があります。このとき、証明書が必要な理由を上手に説明出来ないと、不審に思われて結局自己破産がばれてしまうおそれはあります。次に、家族にばれる可能性について考えてみましょう。自己破産は、自分で手続きをすると家族にばれやすいです。自己破産する場合にはたくさんの必要書類がありますし、債権者や裁判所とのやり取りも必要になります。これらの書類を集める際に家族に上手に説明出来ないと自己破産がばれますし、書類を自宅に保管していたり、裁判所から届いたりした書類などを家族に見られたら、すぐに自己破産していることがばれます。また、借金に連帯保証人がついている場合にも注意が必要です。連帯保証人がいる場合に自己破産をすると、債権者は連帯保証人に対して返済請求をしてきます。そうすると、連帯保証人には自己破産していることがばれますし、突然借金返済の請求をされたことによってトラブルになることも多いです。連帯保証人が家族に連絡をしてきて、家族にばれるきっかけにもなります。さらに、自己破産をすると政府の機関誌である官報に情報掲載されます。このことにより、官報を見た人に自己破産したことがばれる可能性があると言えばあります。ただし、官報掲載によって自己破産がばれるリスクはあまり高くないので、この点はさほど心配する必要はありません。以上のように、自己破産をする場合、家族や職場にばれるリスクはあるので、秘密で手続きしたい場合には慎重に取り組む必要があります。

周囲にバレないようにコッソリ自己破産する方法

自己破産をする場合、周囲にばれずに手続きをする方法はないものでしょうか?以下で順番に見てみましょう。自己破産をする場合、まずは自分で手続きをするのではなく弁護士に依頼することが大切です。自己破産手続をする場合、たくさんの書類を作成しないといけませんが、そのような書類作成の作業を自宅でしていると、家族が不審に思って自己破産がばれてしまいます。また、債権者からたくさんの書類を取り寄せないといけませんし電話などでのやり取りも増えます。そうすると、家族がそのような書類を見たり電話をとったりして、自己破産がばれます。さらに、裁判所からも書類が届くので、そのようなものを見られることによっても自己破産がばれます。
自分で手続きをする場合、どうしても手続き進行の流れがよくわからないので、ケースごとの対処方法がわからず、家族にばれるリスクが高くなります。また、自己破産が家族にばれないようにするためには、書類の収集方法に工夫が必要です。たとえば、家族名義の預貯金通帳や家族の給与明細などが必要になるケースもありますが、そのような場合にどうやって集めるかが問題です。ストレートに「裁判所に提出する」などというと絶対にばれますので、家族がいない間にこっそりコピーをとったり、うまい言い訳を考える必要があります。また、関係書類の保管方法にも注意が必要です。家族が簡単に目にする場所においているとすぐにばれてしまうので、裁判所から受け取った書類などは、鍵のかかった引き出しなどにしまっておくと良いでしょう。
なお、自己破産をすると官報公告されることによって家族や会社にばれることがないのか心配される方がいらっしゃいます。官報とは政府が発行している機関誌(新聞のようなもの)ですが、実際に一般の人で官報を見ている人はほとんどいないので、この点はあまり心配する必要はありません。

自己破産以外に周囲にバレない債務整理の方法ってあるの?

自己破産をする場合、自分で手続きをするとほとんど確実に家族にばれますし、弁護士に依頼したとしても、それなりにばれるリスクがあります。それは、自己破産は裁判所を利用した手続きなので、用意する書類なども多くなりますし、裁判所に出頭しないといけない場面などもあるからです。家族に給与明細などを貸してほしいと言うと怪しまれるのも当然ですし、平日の昼間に裁判所に行っていたら何をしているのかと思われてしまいます。さらに、連帯保証人がいる借金がある場合にはそちらの方に請求がいくので、かなり高い確率で自己破産がばれてしまいます。このようなことがあるので、自己破産をすると周囲に借金問題がばれてしまうおそれが高いのです。そこで、もっと家族にばれにくい別の債務整理方法がないかが問題になります。
ここでおすすめの債務整理方法は、任意整理です。任意整理は、債権者と直接交渉をして借金の返済額と返済方法を決め直す手続きのことです。任意整理をする場合、必要書類はほとんどないので、家族に何らかの書類を渡してもらうようお願いする必要はありません。また、家族に内緒で給与明細書や預貯金通帳をコピーする必要もありません。もちろん会社で退職金証明書を発行してもらうことも不要です。任意整理なら、対象とする債権者を選ぶことができるので、連帯保証人がいる借金がある場合、その借金を外して他の借金だけを整理すれば、連帯保証人に請求されることもなく、そこから自己破産がばれることもなくなります。さらに、裁判所を利用しないので、裁判所に出頭する必要などもありませんし、手続きが簡単なので早く終わることもばれるリスクを軽減することにつながります。このように、家族や周囲にばれずに債務整理をしたいなら、まずは任意整理を検討することをおすすめします。

専門家に任せれば自己破産はバレない?

自己破産が確実に周囲にバレないために弁護士に依頼すべきか?

自己破産の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、家族や周囲にばれにくくなるとは言いましたが、以下ではその理由について、もう少し詳しくご説明します。自己破産を含めた債務整理手続き全般に言えることですが、手続きを弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、債権者から債務者への直接の連絡がなくなります。これは、貸金業法という法律によって、弁護士や司法書士が債務整理に介入した場合には、債権者は債務者に直接督促してはいけないことになっているからです。そして、その後の連絡はすべて弁護士を通すことになります。すでに借金を滞納して債権者から督促が来ている場合でも、債権者からの督促が止まることによって、家族に借金がばれる可能性がかなり軽減されます。弁護士や司法書士に自己破産を依頼した場合、即日で債権者からの督促がストップすることもあります。また、弁護士や司法書士に自己破産を依頼すると、その時点で債権者への返済もストップします。それまで必死で家族にばれないようにやりくりして返済していた場合でも、弁護士に依頼することによって返済そのものが不要になるので、こっそり返済していることによって、家族に借金がばれることを避けられます。
さらに、弁護士や司法書士に手続を依頼すると、周囲にばれないように書類を集める方法などを一緒に考えてくれます。たとえば、退職金証明書が必要な場面では、それに代えて退職金規程を計算書を提出することができます。もし自分一人で手続きしていたらこのような知恵は浮かびませんが、弁護士に依頼していると、適切な対処方法を教えてくれるので家族や周囲にばれるおそれが低くなります。さらに、弁護士や司法書士に手続を依頼すると、手間のかかる自己破産の書類作成などの作業をすべて行ってくれます。自分で手続きすると、自宅で作業しているときなどに家族に見られてばれてしまうリスクが高くなりますが、弁護士に手続を依頼したら、すべての作業や手続きを弁護士がしてくれるので、家族にばれるきっかけもありません。その上、自分では何もしなくて良いのでとても楽になります。このように、自己破産を弁護士や司法書士に依頼すると、格段に家族や周囲にばれるリスクが減るので、自己破産を秘密ですすめたい場合には、是非とも専門家に依頼しましょう。

自己破産などの債務整理を弁護士に依頼するメリットは何?

最後に、弁護士に自己破産等の債務整理手続きを依頼することのメリットをご紹介します。この点については、先ほどもご説明した通り、弁護士に依頼すると債権者からの督促が止まることがまず挙げられます。自己破産しようとしている人はすでに借金を滞納している人も多く、そのような場合、債権者からの督促におびえていたり精神的に参っていたりするものです。ここで、弁護士に自己破産を依頼すると、債権者からの督促が止まるので大変助かります。家族にばれるリスクが軽減出来るだけではなく精神的にも楽になりますし、返済も止まるので、その間に生活の再建も可能になります。また、借金を滞納して強制執行を受けそうな場合にも、自己破産は役立ちます。自己破産をして破産手続開始決定が出たら、給料などの差押ができなくなるので、差押が原因が家族や会社に借金がばれるおそれもなくなりますし、生活がおびやかされる心配もなくなります。すでに給料の差押が起こっている場合にも強制執行を停止してもらうことができます。
以上のように、自己破産などの債務整理手続きを弁護士に依頼すると大きなメリットがあるので、自己破産をしたい場合には、まずは一度、弁護士に相談に行ってみましょう。

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き