誰でも分かる債務整理 弁護士監修!借金のお悩み解決サイト

家賃を滞納すると追い出される以外にどんなリスクがありますか?

 

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

家賃を滞納したらどうなるの?払えないままだと追い出されるの?

家賃を滞納しそうになった際はどうすべきか?

お金が足りないという場合、借金を利用することも多いですが、家賃を滞納してしまうことがよくあります。たとえば、収入に変動がある仕事の場合には、月の収入が少ないときなどに家賃を支払うお金が足りなくなってしまうことがあります。給料をもらっているサラリーマンなどの場合であっても、たまたま出費が重なった月などには家賃にまわすお金が足りなくなってしまうことがあります。このように、家賃を滞納すると、どのような問題があるのでしょうか?家賃は賃貸住宅に住む権利の基本となるお金なので、その支払いができないと、賃貸借契約を解除されて家を追い出されてしまうおそれがあります。そこで、家賃を滞納しそうな場合には、適切に対応をして大家との関係が悪化しないように注意することが大切です。
家賃を滞納しそうな場合、必ず事前に大家に連絡を入れることが必要です。賃貸借契約は、借金などの契約とは違ってお互いの信頼関係が重視されるタイプの契約です。そこで、いったん報告なしに滞納してしまって大家からの印象が悪くなると、一気に関係が悪化して家に住みにくくなります。大家に連絡をしたら、まずは家賃が遅れることを謝罪しましょう。そして、必ず支払いをすることを伝えます。このとき誠意を持って対応することにより、後に問題が大きくなることを避けることができます。具体的にいつまでに家賃を支払えるのかを説明して、支払い方法を決めましょう。そして、約束通りに支払いをすれば、通常は許してもらえます。ただ、何度も滞納を繰り返していると信用がなくなって、関係が悪化してしまうことがあるので、家賃の滞納は極力しないようにすることが重要です。
管理会社を通じて家賃を支払っている場合には、まずは管理会社に連絡を入れましょう。そして、大家に対して直接連絡を取るべきかどうかを相談します。直接話を聞いてくれると言うことであれば、連絡を入れて謝罪すると良いですし、直接の連絡は不要と言うことであれば、管理会社を通じての連絡にとどめておきましょう。管理会社を通じて滞納家賃を支払う場合も、いつまでに支払いができるのかを伝えて、支払い方法を決めます。そして、約束通りに支払いをすれば問題が大きくなることを避けることができます。

家賃を滞納するリスクにどんなものが考えられますか?

家賃を滞納する場合、事前にきちんと連絡をして、遅れた後速やかに支払ったら問題は大きくなりませんが、支払いをせずに放置していると大きなリスクを負うことになります。家賃の滞納を続けていると、何度も大家から支払の督促の連絡が来ます。このとき、電話や郵便で督促が来ることもありますし、直接訪ねてくることもあります。それも放置していると、半年くらい経った頃に、滞納家賃の支払いと、支払をしない場合には解除するという通知書が届くことが多いです。この通知書は、たいていの場合内容証明郵便で届きます。内容証明郵便による督促書も無視していると、今度は債権者から賃貸借契約が解除されたので、家を明け渡すよう求める通知書が届くことが多いです。その中には、期限までに滞納賃料の支払いをせず、建物の明け渡しもしない場合には、裁判をすると記載されていることがよくあります。そして、この通知書も、たいていの場合内容証明郵便で送られてきます。
このような建物明け渡しを求める通知書も無視していると、今度は本当煮たてもの明け渡し請求訴訟(裁判)を起こされてしまいます。裁判では、賃貸借契約解除の有効性などが争われます。特に合理的な理由もなく長期間家賃の支払を滞納していると、裁判に負けるので、建物の明け渡しと滞納賃料、解除後の賃料相当損害金の支払い命令の判決がでてしまいます。判決が出たら、それに従って建物を明け渡し、滞納している賃料や解除後の賃料相当損害金を支払う必要があります。この命令に従わない場合、大家は強制執行を申し立てるので、賃借人は強制的に家から追い出されてしまいます。滞納している賃料や支払い義務が発生している賃料相当損害金についても、大家が差押をすることになるので、賃借人の預貯金や生命保険、投資信託や積立金などが差し押さえられてしまいます。賃借人がサラリーマンである場合には、毎月の給料や賞与の一部も差し押さえの対象になってしまうので、賃借人の生活の基本が成り立ちにくくなってしまいます。このように、家賃を滞納したまま放置していると、大変な事態になってしまうので、そのようなことになる前に対処することが重要です。

家賃の滞納は信用情報に影響するのですか?

一般的に、借金返済を滞納したらブラックリスト状態になって、ローンやクレジットカードの審査にとおらなくなります。家賃を滞納した場合でも、ブラックリスト状態になるのかが問題です。結論的には、家賃を滞納してもブラックリスト状態にはなりません。その理由を以下でご説明します。借金を一定期間以上滞納すると、信用情報機関が保管している個人信用情報に事故情報が登録されてしまいます。貸金業者や金融機関は、貸付の審査をする際に申込者の個人信用情報を参照することによって、その信用力をチェックしますが、このときに事故情報が登録されていると、信用がない人として、審査に通らなくなります。そこで、借金返済を滞納するとローンやクレジットカードの審査に通らないブラックリスト状態になるのです。ただ、家賃を滞納しても個人信用情報に事故情報は登録されません。よって、家賃を滞納してもブラックリストになる事はなく、ローンやクレジットカードを利用することができます。
次に、家賃を滞納した場合、次に賃貸住宅の入居審査を受けるときに審査にとおらなくなるのではないかが問題です。これについても心配は要りません。家賃滞納をしても、賃貸借契約の入居審査に影響はありません。家賃の滞納については、借金のような個人信用情報に該当するものがないので、どこかで一括して情報管理されていることがありません。また、不動産業者や大家は貸金業者ではないので、信用情報機関のこ人信用情報をチェックすることもありません。よって、家賃を滞納しても、大家や管理会社に以前の滞納の事実を知られることはなく、新たに入居審査に通ることができるのです。以上のように、家賃を滞納してもローンやクレジットカードの利用や、新たな賃貸借契約の締結について、何らの影響もないので、その点は心配する必要はありません。

家賃を滞納すると保証人に迷惑がかかりますか?

賃貸借契約をしている場合には、連帯保証人をつけていることが多いです。自分の親族に連帯保証人を依頼している人もたくさんいます。この場合、家賃を滞納すると連帯保証人に迷惑をかけることになるのではないかが心配です。
実際に、家賃を滞納すると、大家は連帯保証人に滞納家賃の支払を請求することが普通です。連帯保証人は保証人の1種であり、保証人とは、主債務者が支払などの債務の履行をしない場合にそなえて、代わりに支払いなどの義務を負う人のことです。そこで、賃貸借契約の場合にも、主債務者が家賃の支払をしないなら、連帯保証人が代わりに返済をしないといけなくなります。保証人をつける場合、連帯保証人と保証人がありますが、日本ではほとんどのケースで連帯保証人が採用されています。自分が家賃を氏は割らないと、大家は連帯保証人に滞納賃料全額の一括払いを求めることになるので、大変な迷惑をかけてしまいます。親に連帯保証人になってもらっているケースなどでは、親に家賃滞納を知られてしまうことにもなります。

家賃も借金も支払が遅れると遅延損害金がかかります

賃料を滞納すると、遅延損害金も請求されてしまいます。遅延損害金とは、債務の支払をしないことによる損害賠償金のことです。賃料債権も金銭債権の1種なので、支払いを遅延すると当然に遅延損害金が発生します遅延損害金は年率計算となり、利率については当事者の合意によって定めておくことができます。ただ、上限は14.6%です。また、合意による定めがない場合には、法定利率が適用されます。個人間の取引の場合には利率は5%になりますが、債権者が不動産会社などの商人(営業を目的とした法人や個人)の場合には、遅延損害金利率が6%となります。

家賃や借金を滞納している人の解決方法ってあるんですか?

家賃の滞納は債務整理で解決できるものですか?

家賃を滞納している場合、放置していると大家から裁判をされて強制執行をされますし、漣来保証人にも迷惑をかけることになります。そこで、家賃を滞納している場合にも債務整理で解決することができないかが問題となります。
この点、滞納家賃も債務整理の対象になります。遅延損害金についても同様です。よって、家賃を滞納して支払いが出来ない場合には、債務整理によって支払い関係を整理することができます。たとえば、個人再生をすれば大きく減額してもらうこともできますし、自己破産をすれば滞納家賃の返済義務が0になります。ただし、債務整理をしても家に住み続けることはできません。債務整理で解決できるのは、あくまで金銭支払いに関する部分だけなので、賃料滞納による賃貸借契約の解除までは止めることができないからです。また、滞納家賃を債務整理すると、大家は基本的に連帯保証人に支払い請求をするので、そのことにも留意する必要があります。

弁護士に依頼して債務整理をすると督促が止まります。

家賃を債務整理する場合、自分で手続きをするよりも弁護士に依頼する方法をおすすめします。自分で債務整理の手続をすすめようとすると、関係が悪化している大家とやり取りをしなければなりません。任意整理するとなると、直接交渉が必要になるので解決は相当困難になりますし、自己破産や個人再生をするとなると、手続きが複雑なので素人が自分で対処することはほとんど不可能です。ここで、弁護士に手続を依頼すると、大家とのやり取りや必要な手続きはすべて弁護士がしてくれるので、これらの問題を解決できます。大家や不動産管理会社には貸金業法の適用がないので、弁護士が介入したからと言って賃借人に督促してはいけないということにはなりませんが、通常のケースであれば、弁護士が介入したら弁護士を通じて連絡をとっていくことになります。間に弁護士が入ることによって大家も冷静な対応ができて、話し合いもすすめやすくなりますし、自己破産や個人再生の手続きを利用する場合にもスムーズです。
以上のように、滞納家賃も債務整理の対象になりますし、債務整理をする場合には弁護士に依頼する方がメリットがかなり大きいので、家賃の支払いが溜まって困っている場合には、まずは一度弁護士に相談に行ってみましょう。

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き