誰でも分かる債務整理 弁護士監修!借金のお悩み解決サイト

債務整理って怖そうだけど本当はどうなの?

 

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

債務整理とは何か

借金問題を抱えている場合、日々返済に追われてとても辛い思いをしていることが多いです。借金返済によって家計が圧迫されるので、生活費すら足りなくなってしまうケースもあります。このような場合、放っておくと生活が根本的に崩れてしまうおそれがあるので、早期に解決しなければなりません。そのためには、債務整理を利用すると効果的です。債務整理については、最近多くの弁護士事務所や司法書士事務所がテレビやラジオなどで宣伝をしているので、知っているという方も多いでしょう。「借金していたのに、過払い金請求をしたら100万円返ってきた!」などという話も聞いたことがあるかもしれませんが、これも債務整理の1種である過払い金請求をした場合の結果です。債務整理というと、何か怖いイメージがある方が多いかも知れません。イメージが悪いので躊躇して踏み切れないこともあります。そこで、以下では債務整理のメリットとデメリットをご説明します。
<債務整理のメリット>
まずは、債務整理のメリットをご紹介します。債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の手続きがあります。任意整理とは債権者と直接交渉をして借金の返済額と返済方法を決め直す手続き、特定調停とは簡易裁判所で調停委員会に間に入ってもらって債権者を話し合い、借金の返済額と返済方法を決め直す手続き、個人再生とは裁判所に申立をして借金返済額を大幅に減額してもらう手続き、自己破産とは裁判所に申立をして借金を完全に0にしてもら手続きのことです。たとえば、任意整理をすると途中で過払い金が発見された場合に返還請求をしてお金を返してもらうことができますし、個人再生を利用すると、住宅ローン返済中でも住宅ローンはそのまま残して他の借金だけを5分の1などに減額してもらうことができます。自己破産をすると、借金が完全に0になるので、借金問題から解放されます。このように、債務整理にはたくさんのメリットがあります。
<債務整理のデメリット>
債務整理には、デメリットもあります。代表的なものは、債務整理をすると個人信用情報に事故情報が登録されてしまい、ブラックリスト状態になってしまうことです。ブラックリスト状態になると、ローンやクレジットカードが利用できなくなってしまいます。この問題については、次項で詳しくご説明します。

債務整理のデメリット

債務整理をする場合、有名なデメリットがあります。過払い金請求以外のすべての債務整理手続きに共通するデメリットですが、債務整理をすると、ブラックリスト状態になってしまうことです。ブラックリスト状態とは、ローンやクレジットカードなどの審査に通らなくなった状態です。
<ブラックリスト状態の仕組み>
個人の信用情報については、信用情報機関という専門の機関において管理されています。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者や銀行などの金融機関はそれぞれ信用情報機関に加盟していて、貸付の審査をする際には加盟している信用情報機関が保有している個人信用情報を参照します。このときに、個人信用情報内に問題のある情報が登録されていると、信用力に問題があると判断されて、審査に通らなくなってしまうのです。ここで債務整理をすると、個人信用情報に事故情報という問題のある情報が登録されてしまうのです。そうなると、その後貸付の申込みをしても審査の際に事故情報を見られて、審査には通らなくなります。このように、個人信用情報に事故情報が登録されてローンやクレジットカードの審査に通らなくなった状態のことをブラックリスト状態といいます。ブラックリスト状態になると、住宅ローンや車のローン、教育ローンなどのローンは利用できませんし、クレジットカードを作ることもできません。他人の連帯保証人になることもできないので、子どもが奨学金を利用する場合に親として連帯保証人になることもできなくなります。
<ブラックリスト状態の不利益は限定的>
ただ、ブラックリスト状態になって受ける不利益は、この程度のものです。自分以外の家族には影響がないので、家族はローンやクレジットカードを利用することができます。また、自分自身のブラックリスト状態も、債務整理手続後5年~10年くらい経てば解消されます。何も借入ができない期間が一生続くわけでもないのです。このように、債務整理によってブラックリスト状態になることによる不利益はかなり限定的なものなので、怖いと感じる必要は少ないです。このような不利益を恐れて借金問題を放置している方がよほど怖いので、ブラックリスト問題を怖がることなく早めに債務整理をすることをおすすめします。

債務整理が周囲にバレるのがこわい

債務整理のデメリットとしてのブラックリスト問題についてはさほど恐れる必要がないとしても、借金問題は家族に秘密にしていることが多いです。そこで、債務整理をすると、家族に借金問題がばれてしまうのではないかとおそれることがあります。実際、債務整理をすると、家族や職場などの周囲に借金問題がばれてしまうものなのでしょうか?
債務整理手続きは、家族や職場などの周囲に秘密ですすめることができます。実際に、周囲に知られずに債務整理をして借金問題を解決している人はたくさんいます。ただ、秘密で債務整理をするためにはポイントがあるので、以下でご紹介します。
<債務整理をしても会社にはばれない>
まず、債務整理をする場合、会社にばれる可能性はほとんどありません。債務整理をしても、債権者や裁判所、弁護士などから会社に連絡されることはありません。個人再生や自己破産をする際に、会社の退職金証明書が必要になるので、その際に上手に説明ができないと、手続きがばれてしまうおそれがあるという程度です。ただ、これについても、会社に退職金規程があるはずなので、その規程の写しと自分の場合の退職金計算書を添付して提出することによって、退職金証明書に代えることができるので、問題は少ないです。裁判所に行くために会社を休まないといけないこともありますが、有給などを利用したり、別の弁解をして休ませてもらえばいいだけなので、たいした問題にはなりません。
<債務整理を家族に秘密ですすめる方法>
これに対し、家族に秘密で手続をすすめたい場合にはもう少し工夫が必要です。債務整理をするときには、債権者との連絡が必要になりますし、裁判所を利用する手続きの場合には裁判所とのやり取りも必要です。書類もたくさん用意する必要がありますし、作成しないといけない資料も多いです。このような債権者との連絡や裁判所とのやり取り、資料収集などを家族に見られると、家族に債務整理がばれてしまいます。そこで、債務整理を自分ですると、ほとんど確実に家族に手続きがばれます。債務整理をする際には債権者からのたくさんの郵便物が送られてきますし、電話もかかって来ます。そのような書類を家族が見たり、電話を取ったりすると、当然債務整理を知られます。また、裁判所からも書類が届いたり電話がかかったりします。自宅で書類作成をしていたら、一体何をしているのかと不審に思われてやはり債務整理がばれます。そこで、家族にばれずに債務整理をしたいなら、手続きを自分でするのではなく弁護士などの専門家に依頼することが重要です。弁護士や司法書士に債務整理手続きを依頼すると、その後は債権者から債務者に直接連絡することが禁じられるので、債権者からの督促が止まります。このことにより、債権者からの郵便物や電話が原因で家族に借金問題がばれるおそれもなくなります。また、すべての手続きを弁護士が代わりにしてくれるので、自宅で作業をしているところを家族に見られて不審に思われることもありません。
このように、家族に知られずに債務整理をしてしまいたい場合には、自分で手続きをせずに弁護士などの専門家に依頼することが重要なポイントになります。

どこに相談するのがベスト?

債務整理をする場合には弁護士などの専門家に依頼することとメリットが大きいですが、このとき弁護士か司法書士のどちらに依頼すべきかが問題になります。債務整理の専門家には、弁護士と司法書士があり、どちらにもどの手続きも依頼する事ができます。これらの専門家の違いは一般的にはよく知られていませんが、実際にどのような違いがあるのでしょうか?
<司法書士には取扱金額に制限がある>
弁護士と司法書士の大きな違いは、司法書士には取扱金額に制限があることです。司法書士は、任意整理や過払い金請求などの手続きをするとき、1社について140万円を超える事件を取り扱うことができません。たとえば、1社から140万円を超える借金があったり、140万円を超える金額の過払い金が発生していたりする場合には、その債務整理手続きを司法書士に依頼することができないのです。
これに対し、弁護士であればいくらの借金があっても問題なく手続を依頼することができます。よって、債務整理を依頼する場合、司法書士よりも弁護士に依頼する方がメリットが大きいです。
<司法書士の代理権は限定的>
また、個人再生や自己破産の場面でも弁護士と司法書士に違いがあります。これらの手続きにおいては、弁護士であれば、完全な裁判代理権がありますが、司法書士には書類作成の代理権しかないのです。つまり、司法書士に手続を依頼すると、書類作成しか頼めないので申立自身は債務者が自分でしないといけなくなってしまうのです。そうなると、裁判所において本人申立扱いになって面談の手続きが追加されたり、予納金が高くなってしまったりすることもあります。弁護士に依頼した場合には弁護士申立扱いになるので、早期に手続開始決定が出ますし、手続き開始後の進行もスムーズです。このように、自己破産や個人再生を含めたどの債務整理手続きでも、司法書士より弁護士の方がメリットが大きいので、債務整理をする場合には、司法書士ではなく弁護士に相談することをおすすめします。

怖いイメージがある弁護士。実際の対応は?

最後に、弁護士に相談するときに怖いことがないのかをご説明します。弁護士というと敷居が高く、借金問題などを持ちかけていくと怒られてしまったり対応が悪かったりするのではないかと心配される方がいます。しかし、そのような心配は不要です。今は昔と異なり弁護士のイメージもどんどん変わってきています。市民に寄り添って、親身になって話を聞いてくれる人もたくさんいます。若い弁護士や女性弁護士の数も増えており、自分に合った相談しやすい弁護士を選びやすい環境になっています。しかも、債務整理に力を入れている弁護士事務所が増えていることから、債務整理の無料相談が受けられる事務所もたくさんあって選ぶことができます。
以上のように、借金問題を抱えている場合、債務整理に何も怖いことはありません。躊躇する必要は全くないので、おそれることなくまずは一度、弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き