誰でも分かる債務整理 弁護士監修!借金のお悩み解決サイト

リボ払いの過払い金を請求できるのはキャッシング枠だけ。仕組みを解説!

 

クレジットカードのリボ払いをようやく完済しましたが、利息をかなり多く取られていたような気がします。
過払い金を請求すれば、払いすぎたお金が戻ってくるのでしょうか?

しかし、リボ払いは過払い金請求できないということも聞いたことがあります。
結局、クレジットカードのリボ払いの利息は過払い金請求できるのでしょうか?

過払い金請求できるとしたら、過払い金の計算方法や、どこの弁護士事務所に頼めばいいかも知りたいです。

キャッシング枠のリボ払いなら過払い金請求できる!ショッピング枠でも債務整理で利息を減らせます

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。過払い金が発生するのはキャッシング枠のみです。

ショッピング枠は商品やサービスの代金を払うための機能で、かかる手数料は利息制限法の対象ではないため、過払い金請求はできません。

しかし、ショッピング枠であっても債務整理手続きをとれば将来利息がカットされるので、リボ払いの返済に悩んでいる方は弁護士に相談しましょう。

以下では、リボ払いの仕組みと過払い金請求の方法を説明します。

リボ払いの過払い金を頼むならサルート法律事務所へ無料相談を

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

過払い金請求できるリボ払いはクレジットカードのキャッシング枠

リボ払いの仕組み

<リボ払いとは>
リボ払いの借金を抱えている場合、知らない間に借入額が膨らんでしまったという方が多いです。世間では、「リボ払いを利用すると返済ができなくなる」「リボ払いはこわい」と言ったマイナスイメージがある反面、「リボ払いならいくら借金をしても返済額が増えないから、返済が楽」などと言われることもあり、どちらが本当なのかわからなくなっていることもあるでしょう。実際、リボ払いは、利用額が増えても支払額が変わらないので便利な借金方法ですが、具体的な仕組みがどのようになっているのかについては、あまり知られていません。リボ払いは本当はこわい借金方法なのか、便利な借金方法なのか、どちらなのでしょうか?まずはリボ払いの基本的な仕組みを理解しておきましょう。リボ払いとは、借金残高にかかわりなく、返済額が一定になる支払方法です。簡単に言うと、借金額がいくら膨らんでも、月々の支払金額が変わらない借金方法だと考えるとわかりやすいです。リボ払いを利用する場合、月々の返済額が変わらない代わりに、支払期間が延びていきます。
<リボ払いと分割払いの違い>
リボ払いは、よく分割払いと比較されます。分割払いとは、借金や負債をかかえるときに、一括ではなく分割して支払う方法ですが、これとリボ払いはどのように違うのでしょうか?
分割払いでは、借入額が増えると、その分月々の返済額も増えることが普通です。これに対し、リボ払いでは、借入額が増えても月々の返済額は変わりません。このことが、リボ払いと分割払いの一番の違いです。より理解しやすいように、具体例を挙げて考えてみましょう。まずは、リボ払いの場合です。10万円の借金をして、リボ払いで1万円ずつ返済するとします。すると、もともとの返済期間は10ヶ月になります。このとき、さらに10万円借り増しします。リボ払いの場合には、月々の返済額は一定なので、毎月の返済額が1万円であることには変わりがありません。その分支払期間が10ヶ月延びることになります。結果的に、毎月1万円ずつの支払を、20ヶ月間継続することになります。もちろんその間、利息はかかってきます。これに対して、分割払いのケースを見てみましょう。分割払いの場合でも、当初は10万円借入をして月々1万円ずつの支払なので、10ヶ月で完済する予定です。ここでさらに10万円の借り増しをすると、月々の支払金額が1万円増えるので、毎月2万円を支払うことになります。返済期間は10ヶ月のままで、支払期間中利息を支払う必要があります。
このように、同じように借金を分割で支払うのですが、リボ払いの場合には月々の返済額が増えずに支払期間が延び、分割払いの場合には月々の支払期間が大きくなって支払期間は変わらないことが一番の違いです。分割払いの場合には、借金額が増えたら月々の支払額の負担が増えるのに対し、リボ払いの場合には、借金額が増えても月々の支払額が変わらないので、分割払いよりも返済しやすいと感じることが多いです。クレジットカードなどでも簡単にリボ払いを選べますが、返済がきつくなってきたと感じたとき、リボ払いを選ぶと月々の返済額が増えないので支払がしやすく、便利だと考えて利用する人がたくさんいます。

簡単に買い物ができるリボ払い。落とし穴とは

<リボ払いの落とし穴とは?>
リボ払いは、いくら借入額が増えても月々の返済額が変わらないので、一見返済がしやすく利用しやすい手続きのように見えます。しかし、リボ払いには落とし穴もあります。実際、リボ払いを利用しすぎて借金返済ができなくなっている人もたくさんいますが、それは一体どうしてなのでしょうか?以下で、リボ払いの返済が苦しくなる理由をご説明します。
<借金の自覚を持ちにくい>
まず、リボ払いを利用すると、借金しているとい自覚を持ちにくいです。リボ払いで借金がかさんでいっても、毎月の支払額が増えません。そうなると、借金が増えているという自覚を持ちにくく、さらに借金を重ねてしまいます。気づけば自分の返済能力を超えた金額にまで膨らんでいることも多いです。複数の借入先で借金をしてリボ払いをしていると、いつのまにか到底返済出来ない金額の借入額になってしまうのです。
<返済計画を立てにくい>
次に、リボ払いでは、返済の目途を立てるのが難しいです。リボ払いを利用すると、月々の借金支払額は変わりませんが、その分支払期間が長引きます。借入がかさめばかさむほど支払期間が延びていくので、気づけばいつ完済出来るのかがわからないほどの長期間にわたる返済計画になってしまっているケースがあります。このように、リボ払いでは借金の返済期間が長くなりすぎるので、計画を立てて借金を返済していくことが難しくなります。
<利息支払い額が大きくなる>
さらに、リボ払いの場合、利息の返済額が大きくなるという問題もあります。借金の利息は、借り入れている金額に対して、日割り計算で加算されていきます。そこで、借入期間が長くなればなるほど支払い利息の金額は高くなりますし、借入額が大きければ大きいほどやはり支払い利息の金額は高くなります。ここで、リボ払いの場合、借入金額が増えても月々の返済額が増えず、返済期間が延びるので、支払期間が長くなって支払利息の金額がかさんでしまいます。さらに、月々少しずつしか返済しないので、借金の残高がなかなか減らず、高額な残高に対する利息がかかり続けます。このようなことが原因で、リボ払いを利用すると、完済までの間にかなり高額な利息を支払うことになってしまうことが多いです。
利息支払い額が多いということは、その分返済が苦しくなるということです。このように、リボ払いには多くの大きなデメリットがあるため、当初は安易な気持ちで利用しても、借入額がかさんでくると、返済ができなくなってしまう人がたくさんいます。世間一般で「リボ払いはこわい」と言われているのは、上記のような理由によります。
リボ払いは確かに便利な一面がありますが、上記のようなデメリットが大きいので、安易には利用しないことが大切です。また、リボ払いを利用しすぎて返済が苦しくなった場合には、借金問題を解決するための対処が必要になります。

キャッシングじゃないリボ払いなのに過払い金があるの?

リボ払いを利用しすぎて借金返済ができなくなった場合には、債務整理で解決する必要があります。債務整理をする際には、過払い金が発見されて相手の業者日対して過払い金請求ができることがありますが、リボ払いの場合でも、過払い金請求ができるのかが問題になります。
<利息制限法を超過する利率での取引があったことが必要>
リボ払いの場合でも、過払い金請求できるケースがあります。ただ、そのためにはいくつかの条件を満たす必要があります。まずは、借入利率の問題です。過払い金とは、利息制限法を超過した利率で支払をしていた場合に、その支払いすぎの利息を取り戻す手続きのことです。そこで、過払い金が発生するには、過去に利息制限法を超過した利率でリボ払いをしていた必要があります。利息制限法を超過した利率で貸付が行われていたのは、だいたい2008年以前頃の消費者金融やクレジットカードのキャッシング取引です。そこで、その時期にこれらの借入先を利用していた場合には、過払い金が発生している可能性があります。これに対して、2008年以降の借入であったり、クレジットカードのショッピングや銀行カードローンなどの場合には、過払い金は発生しません。

<借入期間が一定以上>
次に、現在も借金返済中のケースでは、借入期間についても条件があります。現在借金の残高が残っている場合、過払い金が発生したら、まずは現在の借金を返済しなければなりません。それ以上の過払い金が発生している場合に限って、その分の返還請求ができます。そこで、借金が完済出来るだけの利息支払いを継続していなければならなくなるので、一定以上の取引期間がある必要があります。具体的には、だいたい5年以上の返済期間があれば、過払い金が発生している可能性が高くなります。
<完済後10年以内に請求する>
さらに、借金を完済している場合には、完済後10年以内に過払い金請求をする必要があります。過払い金請求権には10年の時効があり、借金完済後10年で時効消滅してしまうためです。
以上のような条件をすべて満たす場合には、リボ払いの借金であっても過払い金請求ができます。

リボ払いは買い物なのに債務整理ができるの?

リボ払いの借金がかさんでいる場合、過払い金が発生していないならどのようにして借金問題を解決すれば良いのでしょうか?
この場合には、過払い金請求以外の債務整理手続きを利用することによって、状況を改善することができます。債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の手続きがあり、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。
消費者金融やクレジットカードのリボ払いの借金がかさんでいる場合におすすめなのは、任意整理による債務整理です。任意整理とは、債権者と直接交渉をして、借金の返済額と返済方法を決め直す手続きです。任意整理をすると、利息制限方を超過した利率での取引がなくても、債権者との合意後の将来利息をカットしてもらえるので支払金額が少なくなります。リボ払いの場合には、そのままだと膨大な金額の利息を支払い続けることになるので、このように任意整理によって利息支払いをカットしてもらえることには大きなメリットがあります。たとえば、現在リボ払いで300万円の借入があって、利息の支払いを続けながら毎月7万円を返済していて返済期間が7年以上になっている場合でも、任意整理をすると、毎月の支払金額を5万円に抑えて支払期間も5年にすることなどができます。借金の元本自体は変わらなくても、利息支払いが不要になるので大きく借金が減額されますし、支払期間も短縮されます。

リボ払いの債務整理や過払い金は専門家へ依頼すべき!

リボ払いの借金に苦しんでいる場合、相手業者に対して過払い金請求をしたり任意整理などの債務整理手続きをしたりすることができますが、これらの手続きは自分でするのと弁護士に依頼するのと、どちらが良いのでしょうか?弁護士に手続きを依頼するメリットをご紹介します。
弁護士に過払い金請求や任意整理を依頼すると、弁護士が必要な手続きをすべて代行してくれるので、債務者は何もする必要がなくなって手間が省けます。また、過払い金請求も債務整理も専門的な知識とテクニックが必要な手続きですが、被害者が自分でするよりもプロである弁護士に任せる方が有利にすすめることができます。債権者との交渉も、被害者本人だとうまく対応できないことが多いですが、弁護士に依頼すると有利になります。たとえば過払い金請求をする場合でも、より多額の過払い金返還を受けることができるようになり、任意整理の場合でも、より有利な内容で合意することができます。
以上のように、リボ払いの借金問題解決のためには弁護士に依頼して任意整理や過払い金請求をすることが効果的です。リボ払いに苦しんでいる方は、まずは一度、弁護士に相談に行ってみましょう。

24時間365日全国対応

\20,000人以上の方からご相談を頂きました!/

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

24時間365日全国対応

メールでの無料相談もできます

体験談200件以上!

弁護士の画像
メールの画像

実際の体験談はこちらです

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き