滞納している状態では給与所得者等再生を狙うしかありませんでした

 

<借り入れ先業者名>プロミス、オリコ、セゾンカード、エポスカード
<借り入れ金額>320万円
<借入期間>7年4ヶ月
<毎月の返済額>10万円
<滞納状況>プロミスとオリコを2ヶ月滞納

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

クレジットカードで家計管理をしようとして失敗しました。

クレジットカードでポイントが貯められると知ったので、家計の大半をクレジットカード決済に移行することにしました。毎月安定した収入が定年まで続く場合ならば良かったのですが、契約社員の身分で行ったことは失敗の元でした。親会社の経営不振により、契約社員は来季の契約が結ばれないことが発表されたのです。まだ来季と余裕でいた所、実際には早期に契約が打ち切られることになり、1ヶ月分の補償は付いたもののすぐに転職先は見つからず、1年間の無職期間が発生することになりました。数ヶ月で転職出来るという甘い考えが原因でした。その間の生活を支えたのが、クレジットカードだったのです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

プロミス、オリコ、セゾンカード、エポスカードから各80万円の借金。月々10万円の返済。

滞納期間が2ヶ月目に入ると、毎日3回ずつ電話連絡が入ってきました。勤務先にも電話が掛かり、カードは利用停止状態のために生活が回らない状態となってしまったのです。最終的には翌月から全ての借入先で滞納することになってしまうと予想されました。債務整理をしなければと考える余裕が最初は無くて、新しく就職した勤務先をいつ解雇されるか不安な状態で過ごしていると、夜の寝付きが悪くなったことを覚えています。玄関ドアにセロハンテープで出入り確認をされるようになると、債務整理を決意するしかありませんでした。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

個人再生により借金を圧縮出来たので、何とか完済に辿り着けました。

2社を滞納している状態になり、2ヶ月目の滞納に入ると督促が更に厳しくなってきたので、弁護士に相談して債務整理をすることにしました。自己破産も視野に入れましたが、保険を扱う仕事をしていたので再度の転職が必要となる可能性がありました。リスクを回避しつつ債務整理を行なう方法として、給与所得者等再生を選択することになったのです。既に滞納を2ヶ月行っている金融会社があったので、小規模個人再生では再生計画案に対する消極的同意が得られない可能性がありました。支払い額は増えるものの、給与所得者等再生を選択すれば速やかに手続が進むことから選択しましたが、毎月の支払額は10万円から4万円まで圧縮出来ました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

転職を必要とせずに、個人再生が出来たので新しい生活に足を踏み出せました。

債務整理をどの方法で行なうかは、弁護士とよく話し合った上で決めることが大事だと実感しました。現在の職業について曖昧な回答をしていたら、再度の転職が必要になっていたと考えられるからです。債務額を圧縮出来たことで、新しい生活に必要な資金がどのくらいかを返済期間内に確認出来るメリットがあります。返済がしっかりと行なえていれば、完済後には今までの返済額をそっくり貯蓄に回せるようになるからです。安定した新しい生活が出来ることを確認する意味合いからも、給与所得者等再生を利用して良かったと考えています。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き