リボ払いの魅力にひかれて支払いがたまる!完済できた

 

<借り入れ先業者名>ニコス、オリコ、GEカード
<借り入れ金額>180万円
<借入期間>7年9ヶ月
<毎月の返済額>7万円
<滞納状況>なし

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

クレジットカードにリボ払いが出来たことで利用が増えました。

クレジットカードを作成して以来、一回払いと分割払いしか利用したことがありませんでした。しかし、新たにリボ払いが追加されたことで支払いが定額となる点に魅力を感じて、支払いによく利用するようになったのです。分割払いでは金利という表現をしますが、リボ払いでは手数料という言い方をしていたので、あまり借金という認識がありませんでした。この錯覚がリボ払いで残高を増やしてしまう原因となったと考えられるのです。支払額が少ない間は良かったものの、利用を続けることで利用残高が溜まって支払額も増えて来ることになりました。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

ニコス、オリコ、GEカードから各60万円の借金。月々7万円の返済。

リボ払いの残高がなぜ減らないのか確認すると、残高スライド元利定額リボルビング方式では、支払い回数が非常に多くなる傾向が強いことが判明したのです。恐ろしい金額を支払うことになると分かったので、すぐに随時返済を追加して行なうようにしました。完済までに4年かかりましたが、何とか完済出来て良かったと考えています。しかし、今から考えると当時の金利は24%程度と高く、恐ろしい利息が発生していました。債務整理を考えるまでもなく、強引に完済を行ったのでクレジットカードにハサミを入れて使えない状態にしてしまったことは、懐かしい思い出です。次の更新日に新しいカードが来てしまうので、意味があったかは謎です。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金返還請求を行ったことで、自分のお金を取り戻せました。

過払い金返還請求が出来ることは何となく分かっていたものの、GEカードは既に日本から撤退していたので請求出来ないと考えていました。しかし、実際には運営会社や引き継ぎ会社に対して過払い金返還請求が出来ることを知ったのです。弁護士に相談すると、快く引き受けて貰えたので、和解ではなく訴訟提起でしっかりと回収を依頼しました。過払い金返還請求を行なうと、該当する会社のクレジットカードが利用停止となる謎のルールがあるので要注意です。既にクレジットカードは決めた会社があったので問題ありませんでしたが、ニコスから28万円、オリコから50万円、GEカードから33万円が戻ってきたので良かったです。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

思わぬ所から貯蓄が掘り起こされて、有効活用先を探しています。

借金を既に完済した状態からでも、取引終了から10年間は過払い金返還請求が可能と新聞広告で知ることになりました。完済済みの状態ならば、個人信用情報機関へ掲載される内容も異なるので、他社のクレジットカード作成時には影響が無いでしょう。しかし、債務整理によって迷惑を掛けた債権者に対しては特にペナルティーを受けるケースがあるので、完済後に過払い金返還請求をすると良いと分かりました。自分のお金を払いすぎている状態から正しい状態に戻すための請求が過払い金返還請求です。過払い金返還請求は調べるだけでも可能ですから、期限が来る前に請求をして正しい状態に戻すことが大切です。

「167万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き