債務整理のデメリットとは?クレジットカードや車への影響

2019.08.22 更新

町田 麻美
弁護士法人サンク総合法律事務所

町田 麻美

この記事の監修

もう生活ができない…債務整理をしたらクレジットカードはどうなるのだろう。
家族にばれたくないしデメリットが心配…

このページでは、クレジットカードや車への影響などの債務整理のデメリットを具体的に解説します。
また、債務整理の手続きで借金を大きく減らすことができる人の基準についても説明します。

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

この記事のポイント

債務整理で誤解されがちなデメリットは以下の4つです。

  1. クレジットカードを作ったり住宅ローンを組んだりできなくなる
  2. 家族や保証人に迷惑がかかる
  3. 車を失うことになる
  4. 会社や周囲の人にバレる

これらについて以下の記事で説明していきますが、いくつかのデメリットはあるものの「生活がきつい」と感じているなら法律の専門家に相談するべきです。

相談は無料なので、気軽に問い合わせてみましょう。

目次

デメリット1:クレジットカードは新しく作れないのか?住宅ローンは組めないのか?

債務整理をすると、クレジットカード・ローン・キャッシングに関するデメリットは発生するのでしょうか?

クレジットカード・ローン・キャッシングを利用することは難しくなる

債務整理の4つの方法である任意整理・個人再生・自己破産・特定調停、どの手続きをしても原則としてクレジットカードを作る・住宅・車などのローンを組む・キャッシングを利用することは難しくなります

その理由は、債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されるからです。(いわゆるブラックリストに載る状態)

事故情報
「長期延滞や債務整理などクレジットカードやカードローンなどの支払いにトラブルが生じた」という情報
信用情報機関
個人の信用情報を金融機関から収集・管理している期間。
CIC、JICC、KSC(全銀協)など。

クレジットカード、各種ローン、キャッシングなどは全て、金融機関から「お金を貸してもいい」という信用を得ることで利用できます。
逆に言えば、一度信用を失ってしまうと審査に通りづらくなってしまうのです。

クレジットカード・ローン・キャッシングを利用できない期間

では、債務整理をすると今後一切カードやローンの利用を制限されてしまうのでしょうか?

結論としては、審査に通りづらくなり、利用できない可能性が高い期間は5年以上ですが永久に続くわけではありません
事故情報は一定の期間が経つと信用情報機関の登録から消えるため、その後再び利用できるようになるのです。

信用情報機関 主な会員(加盟会社/金融機関) 記録年数
CIC クレジットカード会社と信販会社 5年
JICC 消費者金融と信販会社 5年
KSC(全銀協) 銀行と銀行系のクレジットカード会社 5年(ただし、官報情報は10年)

デメリット2:家族や保証人に迷惑がかかるのか?

債務整理で考えられるデメリットの2つ目として、家族や借金の保証人に及ぶ影響があります。

任意整理・特定調停は原則として家族や保証人に迷惑をかけずに手続き可能

債務整理のなかでも、任意整理と特定調停では家族や保証人に迷惑をかけないで手続きすることができます

任意整理や特定調停では、整理する対象の借金を選ぶことが可能です。

たとえば、住宅ローンを対象に含めないことで自宅を手放すことなく進められます。また、家族カードを発行しているクレジットカードがある場合、そのカードを任意整理の対象から外せば、家族カードは失効にならず、家族に迷惑をかけずに済みます。

他にも保証人のついた借金を対象に含めないことで、保証人への請求を避けることも可能です。

個人再生と自己破産では家族や保証人に様々な影響が及ぶ

一方、債務整理のなかでも個人再生と自己破産を選択すると、家族や保証人に影響が及ぶ可能性が高まります

個人再生自己破産では、全ての借金が整理の対象になってしまうからです。

個人再生・自己破産によって家族に及ぶデメリット

家族に及ぶデメリットは、主に以下の3つです。

  1. 自分名義の持ち家がある場合、自己破産すると家を失う可能性が高い
  2. 家族カードを所持している場合、その家族カードは失効する
  3. 家族が連帯保証人になっていると、自分の借金の支払い義務を代わりに背負うことになる

自己破産の家族への影響を詳しく知りたい方はこちら:自己破産は家族に迷惑をかける?配偶者や子供に及ぼす影響と対策法

ただし、個人再生の場合は「住宅ローン特則」という制度があり、これを利用することができれば、家を失わずに済みます

参考記事:個人再生で住宅ローンがあっても自宅を残せる|住宅ローン特則の基準

個人再生・自己破産によって保証人に及ぶデメリット

個人再生や自己破産をすると、手続きした本人の代わりに保証人には借金返済の一括請求がなされます

消費者金融でのキャッシング・銀行カードローン・クレジットカードなどは、保証人を立てることはほとんどありません。

しかし、奨学金借入の場合は連帯保証人を立てるケースも多いです。

その場合に債務整理すると、保証人や連帯保証人に督促や請求が及ぶ可能性があります。

デメリット3:車は失うことになるのか?

債務整理で考えられる3つ目のデメリットとして、「持っている車はどうなるんだろうか?」という点があります。

債務整理後の車の扱いに関しても、どの債務整理を選ぶかによって異なります。

任意整理・特定調停では車を残すことができる

債務整理のなかでも、任意整理と特定調停では車を没収されずに残すことができます

自動車ローンの支払いが残っていても、手続きの対象から外すことができるからです。

個人再生と自己破産は車を残すことは難しい

債務整理のなかでも、個人再生と自己破産では車を残すことは難しいかもしれません。

車のローンが残っている場合、買主はまだ車の所有者ではないケースがあります。

個人再生や自己破産では、車のローンを対象から外すことができないため、債権者からの引き上げ要求が来て、車を手放さなくてはならないことが通常です。

また、自己破産では、車のローンが残っていなくても、査定額が20万円以上になる場合も、車を残すことは難しいかもしれません。

自己破産では、保有資産は原則として換価されて債権者への配当に回されることになるからです。
(ただ、必ず車を残せないというわけではなく、裁判所や管財人等によって、判断が異なるので一概には言えません。)

デメリット4:会社や家族、知人にバレるのか?

債務整理した時に考えられるデメリットの4つ目は、債務整理したことが会社などに知られるのか?という点です。

この点に関連して、債務整理すると「官報」というものに掲載されることがあります(官報公告される)。

債務整理をすると官報に掲載される

任意整理・特定調停は秘密で手続きすることも可能

債務整理のなかでも、任意整理・特定調停を選択すると会社や家族、知人に知られることなく、手続きできる可能性が高いです

理由は以下の2点です。

  • 任意整理や特定調停では官報に掲載されない
  • 必要書類が比較的少ない

まず、任意整理は、裁判所が関係せずに債権者(借金の貸し手)と直接に和解交渉する手続きです。
そのため、国の発行する官報に載ることはありません。

任意整理では通常、代理人(弁護士や司法書士)が債権者と直接交渉するので、自分で準備する必要のある書類はほとんどありません。また、特定調停でも、個人再生や自己破産と比較して、裁判所に提出する必要のある書類が比較的少ないため、注意すれば、会社や家族、知人に秘密で進められるケースが多くあります。

個人再生・自己破産だと官報に掲載されるが…

官報とは、国が発行する機関誌です。
個人再生や自己破産をすると、手続者の氏名や住所が記録されます。

官報に掲載されるが、会社や家族、知人に見られる可能性は低い

ただし、債務整理に関する官報の情報が見られる可能性は低いでしょう
官報は、主に特定の分野の方が目にするものであり、会社や家族、知人が目にすることは少ないからです。

インターネットでも公開されていますが、検索しても個人の氏名や住所が出てくることはありません。

家族にはバレやすく、むしろ秘密にしておく方が危険

一方、個人再生や自己破産は家族に知られずに手続きを進めることは難しいでしょう
例えば、家計の収支表や、生計を共にしている家族等の収入に関する証明書を提出する必要があるため、同居中で生計を一緒にしている家族がいると隠しておくのは難しいかもしれません。

むしろ、家族には、あらかじめ打ち明けておくべきだと考えます。

前述のとおり、個人再生や自己破産では家族や保証人にも様々な影響があります。秘密にしたまま手続を開始して、結果として家や車を失うことになった場合、家族にとっては、突然大きな負担を負わされる事態になるからです。

どうしても家族には知られたくない…」という人は、任意整理や特定調停を検討しましょう。

デメリットはあるものの債務整理に踏み切るべき3つの基準

債務整理の4つのデメリットについては分かりました。
しかし、「結局自分は債務整理すべきなんだろうか…?」と悩みます。

手続きに踏み切るにも、なかなか勇気が必要ですよね…。
では、以上のデメリットを踏まえた上で、弁護士・司法書士が考える、債務整理に踏み切るべき3つの基準を紹介しましょう。

以下の3つの基準のうち、いずれかに当てはまる人は、デメリットは頭に入れつつも勇気を持って一歩踏み出すべきだと考えます。
とはいえ、いきなり手続きを始める必要はなく、まずは無料で弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。

  1. 借入額が年収の3分の1以上残っている
  2. 借金を別の会社で借り入れて返済する「自転車操業」状態にある
  3. 毎月の収入から、必要と見込まれる支出(生活費など)を引いた残りの金額では借金を返済できなさそう

債務整理に詳しい弁護士事務所について知る

債務整理手続き4つのそれぞれのメリット

債務整理のデメリットを説明してもらいましたが、逆にどんなメリットがあるのか気になります…。

債務整理の4つの手続きについて、それぞれのメリットを表で簡潔にまとめました。

任意整理 特定調停
・原則として、和解成立時までの遅延損害金は加算されず、和解後の将来利息は免除される
・交渉次第で毎月の負担額を減らすことが可能
・個人再生や自己破産に比べて依頼者の負担が少なく、手続きも簡単
・手続きの対象とする業者を選ぶことができる
・基本的に任意整理と同じだが、調停成立までの遅延損害金については加算されることもある。
個人再生 自己破産
・原則3年で完済できるのであれば、大幅に圧縮した金額(原則5分の1)を返済すれば足りる
・自己破産とは違い、住宅ローン特則が利用できればマイホームを残せる可能性がある
・返済金額が大きくなることはあるが、基本的には財産を保有し続けることができる
・借り入れの原因によって左右されない
・借金がゼロになる可能性がある
・基本的に債権者の意見に左右されない

債務整理の気になる費用|分割払いも可能

債務整理のデメリットとメリットは理解できました。
他にも、「手続き費用はいくらかかるんだろう…?」というのも気になります。

確かに債務整理をすると、様々な種類の費用がかかります。
しかし、依頼する弁護士や司法書士事務所の多くは分割払いが可能です。以下では、債務整理の費用について説明します。

債務整理を弁護士・司法書士に依頼した時にかかる費用には、以下のようなものがあります。

  • 着手金:手続きの依頼時に弁護士や司法書士に支払うもの
  • 報酬金:手続きが成功した時に支払う「成功報酬」
  • (個人再生・自己破産の場合)裁判所への手続き費用や手数料など

実際に任意整理・個人再生・自己破産のそれぞれを選んだ時にかかる費用の相場は、以下の通りです。

任意整理の相場費用

内訳 費用
着手金 約20,000~50,000円(1社につき)
報酬金 約20,000~50,000円(1社につき)
減額報酬 減額した分の1割~2割

自己破産の相場費用

内訳 費用
着手金 同時廃止事件の場合:30万円
管財事件の場合:40万円
報酬金 10万円
申立手数料 1,500円
予納郵券代 4100円(205円×8枚・82円×29枚・10円×6枚・2円×11枚/東京地裁の場合)
予納金 11,712円(同時廃止事件の場合)※
最低20万円(管財人報酬に充てられる)+18,543円(少額管財の場合)※

※上記は2019年8月現在。2019年10月の増税により金額が変更する可能性があります。

個人再生の相場費用

内訳 費用
着手金 約40万円〜
報酬金 約10万円〜
申立手数料 10,000円
予納金 14,000円
予納郵券代 1,600円(120円×2枚・82円×10枚・20円×20枚・10円×13枚・1円×10枚/東京地裁の場合)

※上記の他に再生委員が選任された場合は再生委員の報酬15万円~(東京地裁の場合は必ず選任される)が必要になることがあります。

手続き費用は分割払いできる

以上のように費用はかかるものの、必ずしも一括で支払う必要はなく分割払いできるケースが多いです。

月々の支払額や分割回数も、弁護士や司法書士に相談すると自分の生活の状況に合わせて設定してもらうことも可能です

【まとめ】弁護士・司法書士に無料相談して適切な債務整理を選ぼう

任意整理と特定調停の違い

  • 特定調停では過払い金の返還請求はできない
  • 任意整理に比べ、特定調停は基本的に自分で手続きを行うため、資料を準備したり、裁判所に行ったりしなければならない
  • 特定調停は債権者と話し合いがまとまるまで時間がかかったり、話し合いがまとまらないケースがある
  • 特定調停では調停調書が作成され、これは判決と同様の効力を持つため、返済を滞らせると、給与を差し押さえられるなどリスクが伴う
  • 特定調停は基本的に自分で手続きを行うため、弁護士費用などをかけずに進めることができる

自分にとって適切な手続きは、債権額や返済期間、収入など人によって異なるので、まずは弁護士・司法書士に無料相談してみましょう。 借金問題のプロが、あなた独自の借金に関する悩みを聞いた上で、最適な方法を判断します。

カテゴリー内記事一覧

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

アメックスの特徴 アメックスは正式名称はアメリカン・エキスプレス・カードといい、グリーンカードとも呼ばれるアメリカの企業…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

ポケットカードの特徴 ポケットカードはポケットカード株式会社が発行しているクレジットカードです。 ポケットカードの一番の…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

ビューカードの特徴 ビューカードはJR東日本の子会社・株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードです。 ビューカー…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

債務整理後でもデビットカードは発行・利用できる 債務整理を行うと、信用情報機関にその情報が5~10年間にわたって登録される…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

ライフカードの特徴 ライフカードは消費者金融のアイフルの子会社、ライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる? 債務整理をしても、加入している生命保険を解約する必要は原則としてありませ…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる 債務整理と聞くと「財産を失う」「子どもの進学・就職・結婚に影響する」「家族の…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

バンクイックの借金を任意整理するときの注意点 バンクイックの借金は任意整理によって和解がまとまれば、負担を減らすことがで…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

VISAの借金を任意整理するための条件 そもそも「VISAカード」という名前のカードは存在しない VISAブランドを管理しているアメ…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

楽天カードの借入を任意整理するメリット 3~5年で無理なく完済できるめどが立つ 楽天カードを任意整理する場合はどれくらい減…