支払総額が減りました。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
8年4か月
毎月の返済額
6万円

元々共働きで人並み以上の収入でしたが、出産を機に退職して専業主婦になりました。不況で仕事が激減し、夫の収入が以前の半分程度まで減りったにも拘らず、今までの生活から節約することができず、不足分はカードで買ったり借り入れをする習慣がつきました。しばらくはそれでしのいでいたものの、やがてどこも限度額いっぱいになり、返済が困難な状況になります。遅ればせながら節約の本を買ったり調べたりして、生活費をある程度抑えることができるようになったものの、すでに膨らんだ借金は返すことができませんでした。

ライフカード、アイフル、プロミス、アコムから各30万円の借金で、毎月6万円の返済です。

ライフカード、アイフル、プロミス、アコムからそれぞれ30万円近く借りており、毎月これらの返済で夫の給料がほとんどなくなっていました。実家から援助を受けて、私も内職をするなど、どうにか返済を続けようとしましたが、借金ができなくなってからは焼け石に水の状態です。結局夫の実家で同居させてもらい、毎月生活費を少し支払って、返済にどんどんつぎ込みました。夫の両親からも呆れられており、肩身の狭い思いをしていましたが、無料の法律相談があることを知って予約を取ったのが債務整理のきっかけでした。

借金がかなり減り、念願の別居がもうすぐです。

破産は難しいということで、借り入れ期間が長いこともあって任意整理でお願いしました。引き直し計算をしたところ、120万円あると思っていた借金は実際には全部で30万円程度しかなく、これらを各社毎月5000円ずつ払うことで和解できました。今まで6万円返していたものが、4社で2万円の返済になり、弁護士への報酬も毎月2万円の分割ですので、かなり楽になっています。あと一年とちょっとでどちらの支払いも終わり、ゴールが見えてきました。これからは借金ができなくなる代わりに、利息も付かない和解です。

家計の管理の仕方がわかり、目標もできました。

今までは家計簿をつけても分析や対策がおろそかになってましたが、今回法律事務所で事務の方にムダのある部分を指摘され、節約のための方法もアドバイスされました。和解後は短期間ですべて完済できるようになり、肩身の狭い思いをしていた同居もあと一年で解消できそうです。夫婦だけで独立するという目標ができたこともあり、今はきちんと家計をチェックして、収入の範囲内で返済や生活費のやりくり、貯金などができるようになりました。今はお金がかからないので貯金して、完済後の引っ越し費用に充てようと楽しんでやりくりしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

ライフカードの債務整理体験談

金利を確認した時に20%を超えていたら任意整理をしましょう

借入額240万円

払える額に変更できました。

借入額150万円

過払い金返還請求は金融会社のウマい話に要注意

借入額180万円

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円