彼氏がお金に困っているというので助けるために借金。気付いた時には自分が借金地獄にはまっていました。

2019.03.30 更新

20代OL

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初の内はなんとかお金をかき集めて返済していたのですが、すぐに金策は上手くいかなくなり次第に返済できなくなりました。頻繁に督促の電話がかかってきましたが、怖くて出ることは出来ませんでした。返済を催促する電話に怯えながら生活する毎日は、正直生きた心地がしませんでした。彼氏は私が借金に悩んでいることを知ると、一方的に別れを切り出して去っていきました。借金を返せていない情けなさや惨めさと度を越えた節約がストレスとなり、よく体調を崩すようになりましたから、仕事に何日も行けない時もありました。

私の様子がおかしいと気づいた両親に勧められたため、弁護士さんに相談しました。

精神的にも肉体的にも限界だった頃、実家の母が最近ぱったりと連絡をしなくなった私を心配に思い電話をかけてきてくれました。母はすぐに私の様子がおかしいと気づいたようで、「なにか悩みがあるなら言いなさい」と強い口調で言ってくれて、初めて借金のことを話しました。どうにもならない状況であると泣きながら話す私に、母は困りながらも弁護士に相談するようにと言いました。私がすぐに返事が出来ずにいると、母は一度電話を切りインターネットで私の家から一番近い弁護士事務所を探してから「ここに行って、力になってもらいなさい」と行くことを促してくれたのです。

借金返済の目処が立ったことで安心し、心に余裕が出来ました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>母に見つけてもらった弁護士事務所の弁護士さんに相談し債務整理の中の一つである任意整理をした結果、私の借金は200万から140万円にまで減額されることになりました。それだけではありません。毎月の返済額に関しては、なんと半分以下の4万円になったのです。そのおかげで心にも生活にも余裕が生まれ、毎日を前向きに生きることが出来るようになりました。
任意整理をすると決めて弁護士さんに手続きをお願いすると、すぐに督促の電話はこなくなりました。電話のベルが鳴るたびに、体を震わせ怯える生活からも解放されたのです。

弁護士さんは最初から最後まで真剣に私の話を聞いてくださいましたから、相談したことで心が軽くなり、また一から頑張ろうと思えました。

対応の一つ一つがとても親切でしたし、責めるような雰囲気でもなくただ頷きながら真剣に私の話を聞いてくださったので、とても有り難いと感じるとともに信頼が置けると感じました。
私の場合は借金を何ヶ月も滞納してしまっていたので、職場に借入先の人が行かないかや任意整理をしたということを知られてしまわないかなどとても心配でしたが、誰にも知られることなく手続きを完了させてくださったので助かりました。
毎月の返済額を決める際に私自身は6万円ずつ返すと言っていたのですが、弁護士さんが「無理せず続けて返していける現実的な金額を考えてください」と的確なアドバイスをしてくださったので、今でも毎月ちゃんと返し続けることが出来ています。6万円だったら途中で挫けていたと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

自己破産で借金がすべてなくなりました。

借入額200万円

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円

地方への転勤を機にキャッシングを利用、金銭感覚の欠落により自己破産

借入額300万円

計画的な返済を意識するようになりました。

借入額200万円

オンラインゲームの課金で借金をするまで

借入額80万円

普段使いのカードにも過払い金がありました

借入額160万円