東京に出てきてから人付き合いや自分への身だしなみにかける金額が増えていったため。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
約130万円
借入期間
約2年
毎月の返済額
10万

借金をしてからの、生活や環境の変化

毎月の返済額と家賃を払うと生活費等がほとんどなくなってしまい、現金がないからとまた新たにクレジットカードで購入してしまう生活が当たり前になっていました。気づいたら長い間その生活が続いてしまい、クレジットの上限金額が達してしまわないようにクレジットカードを1枚から3枚に増やし多重支払いを毎月していたらいつの間にかトータル130万円もの借金になってしまいました。当時、21歳で東京に上京し毎日が楽しかったせいでお金使いが非常に荒かった為、外見は良くても家で食べる食費などをかなり削っていました。

このままではダメだなと感じていた時にインターネットで債務整理の広告を目にしたため。

当時は設立間もないIT企業にアルバイトから入社しその後正社員登用してもらったのですが、社会保険等にまだ会社自体加入しておらず1年間税金が未払でした。そんな時振込みの催促通知が届き、12万円もの金額を目にしたときさすがにこの支払いはしないとまずいと感じました。しかし、払える金額ではなく初めて兄に相談しお金を借りる形となりました。兄は特に細かい理由を聞かずに貸してくれましたが、その時上京してきてこのままお金にだらしなくて良いのかなと考え始め、そのタイミングでネットで色々検索していたらインターネット広告で債務整理を知り無料相談しに行きました。

毎月の返済金額が減りました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士にまずは無料相談して任意整理をお願いした結果、クレジットカードは全て使えなくなりましたが毎月10万円近く返済していたものが半分程度の5万円程度に減りました。また、カードごとに金額を決めていただいたので借金が少ないカードのものから支払いが減っていくので毎月支払っていく金額も減っていき現金で使える分が増えていきました。貯蓄まではできませんが、今までカードで金額気にせず使っていたものがその日使える金額を決めて買うようになりました。また家計簿をざっくりですが付けるようになり1ヶ月分のお金の動きを把握するようになりました。

想像とは違く親身に対応してくれました。

士業業界の方は正直、上から目線でかつ難しい話で言いくるめられてしまう気がしていましたが最初に無料相談の問い合わせをしたところ女性スタッフの方がとても良い印象で足を運んでみようという気になりました。また、実際に相談にいったところまだ当時自分の年齢が若いにも関わらず、男性弁護士の方はとても分かりやすい説明かつ、まず私の話をきちんと頷いて聞いてくれました。また、依頼後家族に借金のことを内緒にしていると伝えると「何か郵送があった場合、弁護士事務所が記載されている封筒だと周りの目が気になることもあると思うから無地封筒で送りますね。」と言ってくれたのがとても印象的でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

セゾンカードの債務整理体験談

債務整理をして得ることが出来た平穏

借入額400万円

生活水準が違う友人に合わせた結果

借入額130万円

出産のために借金をつくりました

借入額120万円

クレジットカードで買い物をするようになったのが借金のきっかけ

借入額140万円

お洒落のために借金しました。

借入額90万円

子供の医療費を確保するために借金するしかありませんでした

借入額280万円