友人にお金を貸すために借金。

2019.01.10 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
6年5ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私自身は、もともと、借金をするのが大嫌いな性格でした。何でも現金で支払うようにしていました。しかし、友人が親の事業の失敗でお金に苦労していると泣きついてきたため、仕方なく友人のために、アイフルとレイクから50万円ずつを借りてあげたのが、最初の始まりでした。当初の約束では、返済は友人がするから心配するなといわれ、その言葉を信じてしまったのです。はじめのうちは、しっかりと返済をしていたため、信用してしまい、さらに、クレジット会社からも合わせて100万円の借金を重ね、借入が200万円に達しました。

過払い金請求のコマーシャルを見て、可能性を考えました。

友人の返済が滞るようになり、アイフルやレイクなどの債権者からの取り立て業務を受けることになり、自ら返済するしかないと思うようになりました。友人には、後でしっかりと返してもらおうと思いました。利息が膨らむのも嫌だったのです。数年間に渡り、返済を続けていましたが、思うように残高が減らないことに疑問を感じていまいた。そんな時に過払い金請求のコマーシャルを見て、自分にも可能性があると思い、弁護士事務所に行くことにしました。弁護士には、包み隠すことなく話しましたが、名義貸しについては、厳しく注意されました。

債務額が一気に少なくなりました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士には、アイフルから始まった、債権者との金額や借入した大まかな時期などについて、話すことができました。既に数年前のことなので、確実には覚えていないということを説明しましたが、債権者から、取引履歴を取り寄せるから問題ないといわれました。その後、弁護士にすべてを一任することにしました。その結果、200万円ほどあった残高が50万円ほどに、大幅に減額しました。金利の関係から、過払いにはならなかったということですが、毎月の返済も8万円から2万円ほどに下がりましたので、思わず大喜びしました。

とても、親切で頼りになりました。

弁護士事務所に債務整理を依頼しました。最初は、ネットで検索して、ホームページにアクセスして連絡を取りましたが、その時から、親切な対応でしたので、安心して任すことができました。面談の予約をして、一度、弁護士とお会いして、カウンセリングをしてもらいました。いきなり、名義貸しのことについては、怒られましたが、仕方のないことだと思いました。その後、弁護士は、各債権者と和解の締結を速やかにしてくださり、満足のいく解決策に導いてくれました。弁護士が、事務員任せにせず、直接あれこれとしてくれるのが良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

弁護士の先生の対応が心強い過払い金請求

借入額80万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

競馬の大穴狙いを失敗して借金生活に

借入額230万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

生活費が足らないので借金生活に突入。

借入額290万円

借金問題で悩んでいるなら、絶対に債務整理すべき

借入額200万円