友人を助けるために自分も借金!友人が飛んでしまい、借金地獄に!

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
90万円
借入期間
2年2ヶ月
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人が、事業で失敗したこともあり返済が滞っているとの連絡がありました。昔から応援していた友人ということもあり、二の返事で助けることにしました。
助け方には様々な方法がありましたが、90万円の返済を一度にしなければならないとのことだったので、アコム、プロミス、アイフルから合計で90万円の借金をすることになりました。それを一旦友人にわたして、無利子で友人から返済してもらうことにしました。その間は、私が金融機関に支払いをしていた訳ですが、90万円を渡した時点で音信不通になってしまい、結果借金のみ残ってしまったのです。

理不尽な結末をすっきり終わらせたかったからです。

友人を助けるために自ら借金をして、返済をしようとしたということは間違いありませんでしたが、90万円を渡してから音信不通になってしまったのは、少しおかしいと思っていました。ですので、いったん弁護士に相談してみて、どういう解決方法があるかを考えてみることにしました。
その他のきっかけとして挙げるなら、別の友人に相談していたことも挙げられます。その友人は、以前私と同じ状況におかれており、弁護士に相談することによって、問題を解決していたということもあり、私も相談すれば借金問題を解決出来るとおもったからです。

特定調停で問題を解決!全額借金を友人に肩代わりしてもらいました!

<債務整理の種類>特定調停
<手続きの詳細>弁護士や専門家と相談していた結果、特定調停をするとよいという助言をされました。最初は、友人を裁判にかけることに少し抵抗がありましたが、お金の問題が絡んできていたということもあり、一人の人間としての問題ととらえるようになっていました。
特定調停をした結果、友人は事業に失敗したというのも嘘でしたし、自分自身が借金を抱えているということも嘘でした。ただ単に、お金が欲しいと思っており、90万円を私に借金させていただけでした。反省の余地が見られないということもあり、判決は全額友人が肩代わりをするという形で終わりました。

一気に借金が減ったので生活が楽になりました。

借金をしている時は、純粋に友人を助けるために借金を返済していたのですが、弁護士に相談してから自分自身を改めて見つめ直すようになりました。というのも、相談している段階で、どう考えてもおかれている状況がおかしすぎると言われてしまいました。確かにその通りであり、友人とはいえ他人ですので、その人のために借金を返済しているとなると少しばからしくなってしまいました。そういう意味では、弁護士に相談してよかったと思います。
最終的には、借金の負担がなくなりましたから、相談してよかったと思える一番の部分でしたね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

プロミスの債務整理体験談

学生の頃から消費者金融で借金をしていました

借入額180万円

収入がある時に借りたお金が無職になり返済できずに借金地獄に。

借入額100万円

友達に誘われて行ったエステの体験で、強引な勧誘に合いクレジットカードで支払いをしました。その支払いが困難になり借金をしました。

借入額120万円

給料20万。生活費が5万なのに毎月の借金の返済額が5万でした

借入額140万円

免責不許可事由にあっても反省次第では自己破産出来る

借入額400万円

最初に一万円を借りたのが始まりでした

借入額200万円