浪費が原因で多重債務になりました。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
190万円
借入期間
2年2ヶ月
毎月の返済額
14万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アイフルから50万円、レイクおよびアコム、モビットからそれぞれ40万円、ライフから20万円です。
アイフルからの借金は遊ぶお金が欲しくて最初に借りたもの、レイクやアコムはアイフルでは借りる事が出来なくなったので借金をした消費者金融です。
モビットおよびライフからの借り入れは、3社の返済が難しくなり借金をしたもので、最終的には自分で返済する事が出来なく、弁護士事務所に相談に行く事に決めました。
返済が出来なくなると、催促の電話などで不安が大きくなり、夜も眠れない状態が続くようになりました。

普通の生活に戻りたかったのです。

催促の電話が深夜などに入る事はありませんでしたが、借金返済に対する不安が大きくなって来た事もあり、ぐっすりと眠る事が出来ない状態が続くようになりました。
仕事をしている時も不安が募り、仕事中に電話が鳴るだけでも恐怖を感じるようになったのです。
最初は知り合いに相談しようかと思ったのですが、借金をしている事を知られたくなったので弁護士に相談する事に決めました。
以前、電車の中で借金相談が出来る弁護士事務所がある事を思い出し、広告に記載してある弁護士事務所に電話をして、借金相談の予約をしたのがきっかけです。

任意整理の手続きで、月々の返済額が5万円まで減りました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>元々の借金は総額190万円でしたが、返済期間が2年2ヶ月になるので過払い金が発生している可能性があり、最初に任意整理で債権者との交渉をして減額、更に過払い金返還請求を行って元金を減らすと言う方法で債務整理をして貰いました。
5社の消費者金融に対し、弁護士の先生が交渉をしてくれて、減額と金利の見直しを行ってくれた事、過払い金の額を計算してくれて、返還請求をする事で元金が減り、任意整理などにより借金が80万円まで減らす事が出来ました。
月々の返済額は5万円と言う金額で、自分の収入の中で返して行ける金額になり安心出来た事など、今でも鮮明に覚えています。

浪費が原因の借金でも真剣に対応してくれて感謝しています。

自力での返済が出来なくなった時は、夜も眠れない状態で精神的におかしな状態になっていたと自分でも認識出来ました。
弁護士事務所に電話をする時や弁護士事務所に出向いた時も、緊張している自分を察してくれて、親身になって相談を受けてくれましたし、弁護士事務所の中は小部屋がいくつかあり、全室が使用中と言う事からも、借金相談をする人が多いのだろうか、自分だけはないと言う安心感もありました。
また、債務整理の方法や自分に最適な方法がどのような事なのかをこちらの話を聞いて真剣に考えてくれた事など感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

保証人になると債務整理をされたときに生じるリスクとは?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

レイクの債務整理体験談

店が赤字で生活費が足らなくて借金をしました

借入額300万円

車を故障させてしまいその修理のため

借入額60万円

母親が買い物依存症で借金があり、家の生活費は自分が入れていた。生活費が足りない時にキャッシングをし、自分も借金地獄に。

借入額250万円

借金苦の生活から抜け出せました

借入額190万円

元旦那に指示されて消費者金融から融資を受けることに。

借入額100万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円