実家の両親が生活に困っているというので借金をして仕送りをしていたら、自分が借金地獄にはまってしまいました。

2019.01.10 更新

OL

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

両親の生活の為と思い親切心からした借金が原因で、自分の生活が苦しくなったのが精神的にとても辛かったです。毎月毎月なんとか返済してまた借りて別の借金の返済に充てるということを繰り返しました。
しかしそれも上手くいかなくなり最後は滞納。3ヶ月目で借金返済を求める電話がかかってくるようになりましたが、怖くてそれに出ることは出来ませんでした。借りたお金を返すことも出来ない自分が情けなくて、毎晩泣きました。
仕事をしていても、取り立てが職場までやってくるかも知れないと思うと集中できず、ミスばかりするようになりました。

借金に怯える日々に耐えられなくなり、街で見かけた広告を頼りに弁護士事務所に駆け込みました。

滞納している日数が重なれば重なる程、借金を返すという当たり前のことが出来ていない罪悪感とこれから先どうなるのか分からない恐怖が大きさくなっていきました。督促の電話にはやはり出ることが出来ていなかったため、それに対する恐怖もありました。
毎日電話のベルに怯えながら、精神的にも追い込まれていく中で、買い物のため外を歩いていた際に見つけた弁護士事務所の広告に「借金問題を解決します」という文字を見つけ相談してみようと思いました。
もう自分一人の力ではどうすることも出来ないと感じていたので、その言葉が心強く感じたのだと思います。

借金が少なくなり、返済までの期間も明確に分かるようになったことで、これからはもう大丈夫だと思えました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>今現在借金がいくらあるかということや生活・収入状況などを合わせて考えたうえで私は任意整理することを決め、その結果毎月の返済額が10万円から4万円に減りました。借金の合計金額についても借入先から十万単位で減額してもらうことが出来たので、200万円が130万円になりました。
そのおかげで毎月きちんと返済することが出来るようになっただけでなく、完済まで地道に一歩ずつ頑張っていこうと前向きに考えられるようになりました。
手続きを始めると督促の電話もぱたりと止まったので、安心して生活出来るようになりました。

親身になって話を聞いてくださったので、この弁護士さんは頼りになると思いました。

弁護士事務所に行くのは初めてのことでしたし相談内容も借金のことについてだったので、恥ずかしい気持ちと緊張から上手く順序立てて話すことが出来なかったのですが、弁護士さんはとても穏やかな表情でうんうんと頷きながら真剣に話しを聞いてくれました。
とても親身になってくださったので頼りになると感じられましたし、心から安心することが出来ました。
借金の切っ掛けとなった両親に、私が借金で苦しんだ挙句に任意整理したことが分かってしまったらどうしようと心配していましたが、知られることなく手続きしてもらえたのも有り難かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

ライフカードの債務整理体験談

浪費していることは自分では全く気付かないことに驚きました

借入額320万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円

支払額が減りました。

借入額80万円

調停員が親切でした。

借入額80万円

任意整理は滞納前に始めると成功しやすい/45歳会社員

借入額400万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円