カード払いを活用していたら借金まみれになりました。

2019.03.12 更新

30代OL

月収
借入先業者名
借入額
60万円
借入期間
4年くらい
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

楽天カード、ライフカード、イオンカードからそれぞれ20万円ずつ借り入れやショッピングで利用しており、滞納はありません。返済自体はそれほど苦痛ではないものの、借金があまり減らないことと今後ローンが組めそうにないことが気がかりでした。実際、きちんと返していると説明しても、友人からは距離を置かれたり、彼氏に振られるなど借金があることでずいぶん不利になっています。また、親が借金が嫌いなタイプなのでばれた時にはかなり怒られて、今では実家に帰省しづらい状況です。これらのことから、借金の整理を思いつきました。

無料相談に惹かれました。

借金があるために友人や恋人との関係もぎくしゃくして、家族からも相当批判されました。それがきっかけで債務整理をしようかと思いだした頃、ちょうど通勤中に弁護士事務所の看板を目にしたのが最初です。そこに債務整理の相談料が無料と書かれていたため、ダメもとで相談してみようという気持ちになったのです。遅い時間帯や土日でも受け付けてくれるというところを探して連絡したところ、思っていたよりも早く予約を取ることができて、そのまま相談から手続きの依頼となった次第です。相談料がわからなければ、不安で行けなかったと思います。

自己破産で生活のやり直しができました。

<債務整理の種類>自己破産
<手続きの詳細>派遣で収入が少なく、カードで買ったのが食料や生活用品などであったため、自己破産の方を勧められました。受任してもらってからは業者からの連絡もなく、こちらも支払いをせずによくなったため毎月弁護士費用としてコツコツ貯蓄しています。受任から一年足らずで免責を受けることができ、貯蓄していた分で報酬の大半を払い、残りは分割で返す状況です。おかげで親にも胸を張って報告できましたし、毎月の支払いも弁護士への1万円だけになったため、余ったお金は必要ないときには貯金に入れています。気持ちにもゆとりが出てきました。

思っていたほど怖くなかったです。

最初は弁護士というのは偉そうで怖い人だと思っていて、不安がありました。でも、実際に話を聞いてもらうととても親切でしたし、フレンドリーな対応で雑談まで付き合ってくれました。最初に弁護士と話した後で事務の人と細かい打ち合わせなどを続けたのですが、こちらも分かりにくいところを丁寧に教えてくれて良かったです。いい加減な気持ちで借金をしたことを責められるかと思っていたのに、全く何も言わずにこれからの生活が楽になるように気を使っているのがわかり、思い切って相談して良かったという感想です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

楽天カードの債務整理体験談

病気になって生活補てんのために借金をしました

借入額180万円

突然身に降りかかってきた借金は、一人で抱え込むよりも専門家に相談した方が安心だとわかりました

借入額450万円

自宅を手放したくなく借金も相続しました

借入額150万円

任意整理をついに初体験しました

借入額140万円

月々10万円の返済が半分以下に

借入額240万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円