生活費が足りなくなった時に軽い気持ちでキャッシングに手を出したら、それが癖になってしまい、我に返った時には借金だらけの生活になっていました。

2019.03.12 更新

会社員

借入先業者名
借入額
190万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

月末を迎えるのが怖くなり、それまでの日々もお金のことばかり考えて暮らすようになりました。買い物をする時も、「月末の返済時にもしお金が足りなくなってしまったら」という考えから結局諦めてばかりいましたから、ストレスも次第に溜まっていきました。
返済したらまた借りて、別の会社への返済に回すという自転車操業を繰り返すことにも疲れ、生きる気力も失われていきました。
このまま自分は一生借金と付き合っていかなければいかないのだろうかと考え始めると、人生を終わらせたくて仕方なくなるような精神状態でした。

古くからの友人と再会した際に思い切って借金の話をしたら、知り合いの弁護士を紹介してくれました。

偶然街で古くからの友人と再会し食事をすることになった際、お酒が入っていたこともあり私はとうとう借金のことを他人に打ち明けました。今までずっと一人で抱えてきた借金についての不安を、本当は誰かに聞いてほしくて仕方なかったのだと思います。一度話し出すと堰を切ったように途切れることなく私は話し続けました。友人は黙って全てを聞いた後、知り合いに弁護士が居るから紹介すると言ってくれました。
私は弁護士に頼むだけのお金の余裕が無いと言って断ったのですが、友人の「知識のある人にきちんとした手続きを取ってもらわないと、一生そのままだぞ」という言葉に背中を押され弁護士に頼ることを決めました。

抱えていた借金が減って、自分にもまだ明るい未来はあるのかも知れないと希望を持つことが出来ました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>友人に紹介してもらった弁護士と話し合いをした末に任意整理をすることとなり、その結果毎月の返済額が10万円から3万円に減額されることとなりました。借金の総額も各会社から少しずつ減らしてもらうことが出来、190万円が140万円程になりました。
毎月の返済額が減ったことにより生活が安定し、伴って私の心の状態も落ち着きを取り戻しました。月末の返済に足りなくなったらという思いから諦めるばかりだった買い物も必要なだけ出来るようになり、ストレスも無くなったことで、マイナスな考えが浮かぶことも少なくなりました。

真剣に私と向かい合って、話にもよく耳を傾けてくださったので、安心して任せることが出来ると感じました。

紹介してもらった弁護士は真剣な表情で私と向き合ってくださいました。話しを聞く際にも最後まで口を挟むことはせず、一度全てを聞いてから、再度必要な事柄について尋ねるような形を取ってくださいました。そのおかげで、自分もきちんと一つずつ把握しながら話しを勧めることが出来ました。
料金についてもはっきりと明確に答えてもらえたので、安心できました。
勤めている会社や田舎に暮らす両親・兄妹に私が任意整理した事実を知られたくなかったので、誰にも知らせることなく手続きを完了してもらえたのが、とても有り難かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

思いきってプロに相談したら良い結果になりました

借入額200万円

実家暮らしは甘い生活でした

借入額360万円

計画的な返済を意識するようになりました。

借入額200万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

驚きの結末になったことに感謝

借入額200万円

買い物依存症になりお金を借り過ぎてしまい、借金で苦しむ生活を送ることになってしまいました。

借入額180万円