大学生で洋服やバッグを買う為にカードを作ったのがきっかけでそこからお金を借りることに対して麻痺していき多重債務することになってしまいました。

2019.03.22 更新

20代会社員

月収
借入先業者名
借入額
総額500万円
借入期間
約10年くらい
毎月の返済額
3~5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

毎月借りていた額の利子分くらいを返済するのがやっとでした。返済のことばかり考えるようになり段々ストレスがたまってきました。そのときに、たまたまパチンコなどで当たって返済ができた経験が忘れられず、ギャンブルにハマってしまいさらに借金が悪化してしまいました。また、どうしても、足りないときはとりあえず、一社に利子分を返済してほかの社にかえす分を借りる機会も多くなってきて普通のバイトだけでは返せなくなってきました。キャバクラやスナックなど夜のバイトをして月々の返済を工面していました。返済のことばかり考えてしまい、精神的にすさんでいきました。

友人に弁護士に相談することすすめられました。

毎月、毎日返済のこと、お金がないことを考えていて精神的に疲れていた時に、同じように何社から借金をして利子のみしか返せなくなっている友人が弁護士に相談した話を聞きました。それまで弁護士に相談すると多額の報酬料金がかかるんじゃないか、親や親戚に借金のことがバレてしまうのではないか、借金リストにのって今後、住宅や車を買うときにローンが組めなくなるのではないかと思って尻込みしていたのですが、友人の具体的な話と報酬金額、弁護士を入れることのメリット、デメリットを聞いて、弁護士をいれた方が早く完済できると思いました。

3社、別々で返していたのが一括になり支払いがやりやすくなりました。また、弁護士をいれたことにより返済額も以前より少なくなり楽になりました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>任意整理をした結果、それまで3社から借りていた借金が一括されました。また、弁護士がそれぞれの社と交渉してくれて元金に対しての利子が減り、一社あたりの返済額がだいぶ減りました。それにともない総額が減り、返済の総額が明確になったところで月々の無理のない返済金額を弁護士と相談して、月々の返済額と返済方法を具体的に話し合いました。その結果、月々の返済額が10万円から6万円くらいに減ることができ、終わりが見えなかったのが1年半(15ヶ月)の支払い期間と明確な完済の日、終わりの日が見えるようになりました。

たんたんと説明、手続きをしてくれました。

最初に事務所に電話をして、大体の借金額とどこからいくらくらい借りているかを聞かれました。かなり緊張していたのですが、対応がしゃべり口調が優しくて話しやすかったです。電話の時点で心配していた費用の話や周囲にわからないように手続きできることを説明してもらえたので安心しました。面談の日ははじめのことばかりで緊張しましたが、担当してくれた弁護士がたんたんと説明してくれたことがかえって緊張がとけて落ち着いて話を聞くことができました。書類作成やその後の流れの説明もわかり易くて、安心してお任せできると感じることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

レイクの債務整理体験談

ギャンブルで借金を背負い込みました。

借入額250万円

司法書士に過払い金請求をしてもらい借金問題が解決した

借入額250万円

細かい部分の手続きを丁寧に実施することで借金を減額できた

借入額270万円

驚愕の過払い金請求とは、借金が無くなるだけじゃなかった

借入額200万円

きっかけはブランドものの財布。消費者金融でのキャッシングで、分割払いで購入する感覚で借入してしまった。

借入額約130万

マイホームに住み続けられます。

借入額200万円