私が借金を始めたきっかけは風俗でした。貯金も使い果たし、挙げ句、借金をすることになったのです。

2019.03.12 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコム、楽天カード、セゾンカード、ジャックスからそれぞれ、50万円以上の請求が来ていました。借金をするようになってからは、毎朝起きるのが辛かったです。借金をする前と比べると、明らかに嫌な夢を見るようになってしまったからです。誰かに追われている夢や、警察に捕まる夢などです。もしかしたら、私の気持ちの中にどこか後ろめたさがあったのかもしれません。借金が増えるにつれて、夢がなくなってきたことも自分を追い詰める一員でした。夢がある暮らしはとてもすばらしかったことに気がついただけでなく、借金生活で夢のない生活は、両手両足を縛られて生活するかのようで、とても私には耐えられなかったのです。

友人に紹介されて相談しました。

私は、自分でした借金は誰にも頼らず自分でなんとかしようとしていましたが、その考え方は甘かったのです。蜂蜜に砂糖を混ぜてかき回したドリンクのように、胃もたれを起こすぐらい甘かったのかもしれません。金利に関する考え方を甘く見ていました。1万円借りると年で1,800円ぐらいの利息を支払わなければなりませんが、金額が多くなるとどうにも首が回らない状態になりました。ショックでした。ある日、友人にその話を思い切ってしてみると、弁護士に相談した方がいいといわれて、藁にもすがる思いで弁護士事務所に電話をしたのです。

過払い金がなくなり、返済額が減少しました。

<債務整理の種類>過払い金請求
<手続きの詳細>弁護士事務所に相談すると、担当の弁護士さんが現われましたが、割と若い方で驚きました。ただ、その道のベテランと言うことで、私の現状、そして不安な気持ちをすべて吐露すると、弁護士さんは「過払い金請求ができるかもしれません」ということを教えてくれました。どうやら、利息を余分に払ってしまっているらしく、その分は取り戻すことができるということです。また、これから支払う予定の利息も帳消しにすることができるという話も聞きました。弁護士さんが債権者に電話をしてからというもの、請求がぴたっと止まったのは驚きました。債務額は60万円ほど減少したのです。

意外と敷居が低かったと思いました。

私は、弁護士事務所に電話をしたのは初めてですし、もし弁護士に関わるときは、おそらく私が何か犯罪を犯したときだろうなどと下らないことを考えていた時期もありました。実際に弁護士さんのお世話になったときに、割とすんなり話が進んでびっくりしました。弁護士事務所にお願いをするときに気になっていたのは、どれくらいのお金がかかるかということでした。ですが、不安だった気持ちは一気に吹っ飛んだのです。弁護士費用は意外と安く、弁護士さんも費用に付いては丁寧に説明をしてくれました。とても助かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

楽天カードの債務整理体験談

婚活のための買い物で借金となりました

借入額80万円

生活費が足りないため、借金をしました。

借入額200万円

浪費癖により借金だらけになりました。

借入額200万円

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

親切な司法書士先生のおかげで人生を再出発できました

借入額180万円

インターネットショッピングにはまり、クレジットカードで多重債務者に。

借入額200万円