自殺間際の友人を助けるために借金。

2019.04.09 更新

借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
2年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人から、借金の保証人になってほしいという連絡がありましたが、その時は断りました。しかし、後日三ヶ月ほど経った頃に、再度連絡があり、詳細を聞いてみると、借金を抱えすぎて自殺を考えているとのことでした。
さすがにそういう一大事に友人を見放すことができなかったので、自分が借金をして助けることにしました。一時金として、80万円の借金を友人に渡して借金の返済に充当してもらうように渡しました。しばらく、そのような関係が続いていたのですが、私に対して借金を返済してくれることは一切ありませんでした。

友人の態度があまりにも変だったからです。

最初は、自分が借金を肩代わりしているということに、違和感はありませんでしたが、よくよく考えてみると、ただ肩代わりしただけで友人からの返済は一切ありませんでしたし、連絡も徐々に少なくなっていたので、おかしいと思っていました。
そのようなことが続いている矢先に、ついに音信不通になってしまったのです。これがきっかけで弁護士に相談することになりました。最初は、相談する気もなかったのですが、借金を抱えて私が返済しているという状況がそもそもおかしかったので、全額返済をしてもらうためにも相談をしました。

特定調停で友人に借金を全額背負わせました。

<債務整理の種類>特定調停
<手続きの詳細>債務整理の方法は、弁護士と相談していく中で様々な方法を模索していったのですが。その中でも過払い金請求と特定調停が候補に上がりました。前者に関しては、全額返済が厳しいとのことでした。しかし、特定調停となると確実に全額返済を可能にしてくれるということだったので、後者を選択したのです。
裁判を起こして、友人と三週間に渡る裁判をしていた訳ですが、支払い意思がないということもあって、友人は借金を全額肩代わりさせられることになりました。私に返済する期間を決めて、慰謝料も含め90万円請求することができたのです。

相談して借金の負担がなくなりました。

弁護士に相談してみて思ったのですが、非常に安心して任せることができました。最初はどうなるかと思っていました。というのも、はじめて裁判を起こしますし、どこか私の雇った弁護士が少し抜けている人だったので、余計心配でした。しかし、いざ裁判になると本領を発揮してくれましたし、安心出来ました。
最終的には、90万円の支払いを決めてくれたので、借金問題から解放されることになりました。そもそも借金を支払いたくなかった私にとっては、かなり好都合でしたし、情も消えていたので、今はただ弁護士に感謝するばかりです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

アコムの債務整理体験談

任意整理で毎月の返済額が減りました。

借入額150万円

債務整理をして人生の再出発が出来る様になりました

借入額150万円

過払い金で借金相殺!生活再建ができました

借入額140万円

まさかの過払い金を手にすることができました

借入額300万円

思っていたより楽になりました。

借入額40万円

ギャンブルにはまりすぎ、借金までしてやりつくしていつの間にか多重債務者に

借入額150万円