趣味のギターを買うために借金をし、最終的には自力での借金返済が出来なくなりました。

2019.04.09 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年5か月
毎月の返済額
11万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

JCBから100万円、アコムから50万円ですが、会社の業績が悪化した事でボーナスカットや給料の減額など、返済が難しくなってしまい、止む無くレイクから50万円を借りました。
JCBからの借金は月々きちんと返して行けたのですが、アコムから50万円を借りた後に、会社の経営状態が悪化してしまい、アコムの返済が困難になり始めました。
それでも、レイクからの借入が簡単に出来たため、行けないと思いつつも、趣味のギター購入にお金を使ってしまい、自力での返済が出来なくなるなど身動きが取れない状態に陥りました。

最初は自分で何とかしようと思っていたのですが、度々の催促の電話で精神的にもおかしくなりつつあり、弁護士に相談をしました。

延滞と言う事をした事はないのですが、返済が遅れるようになると、3社からの催促の電話が入るようになりました。
最初の内は1回程度で、遅延はするものの生活費を削って支払いをしていたのです。
しかし、数回の遅延を繰り返していると、要注意人物とみなされたのか、頻繁に電話での催促が入るようになり、催促の電話は深夜に及ぶ事もありました。
当然、寝ている時にも催促の電話が入るなど、精神的にも辛い状態ですし、翌日は朝早く起きて仕事に出掛けなければならないと思うと、余計に辛くになり弁護士に相談する事に決めたのです。

弁護士に相談した事で催促が止まった事が一番最初の成果でした。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>任意整理を行った事で返済額は11万円から4万円に減りました。
借金相談をした時に、自分の借金は一つの浪費であり、自己破産の手続きは出来ないと言う事を聞かされました。
しかし、自分にとって自己破産は避けたかったので内心ほっとした事を今でも覚えています。
過去に返済したお金には過払い金が含まれている事、グレーゾーン金利でお金を借りていた事など詳しく説明をして貰いました。
そのため、任意整理と言う債務整理の方法で、債権者3社に対しての交渉を行い、更に過払い金の返還請求を行って減額すると言う方法で行うと言う方針で承諾をし、弁護士に代理人を務めて貰う事にしました。

こちらの話を聞いてどのように対処すれば良いのかをいち早く決断してくれるなど、頼りになる弁護士だと感じました。

自分が利用した弁護士事務所は借金相談を無料で行っている所でした。
返済に困っていたので、無料と言う言葉に惹かれて相談を受けたのが正直な所でしたが、弁護士事務所と言う場所は初めてでしたので、かなりの緊張をしていたのか、少しずつ時間をかけても良いのでゆっくりと話をしましょうと言う優しい言葉をかけてくれるなど、借金問題を抱えている人の味方になってくれる弁護士だと感じました。
減額の交渉においても、何度か債務者との交渉を行ってくれたため、借金の額も大幅に減り、過払い金を取り戻す事が出来、問題を解決して貰えた事に感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

レイクの債務整理体験談

人に知られずに手続きできました。

借入額130万円

クレジットカードで浪費をするようになり、借金地獄になりました。

借入額300万円

債務整理で女性に翻弄された人生をリセット

借入額100万円

キャバクラにはまってしまい、借金地獄に。

借入額280万円

スッキリとさせた借金問題

借入額150万円

生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

借入額280万円