自己破産をしたことで、生きていくことに希望を見出すことが出来ました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
400万
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
6万5千円

夫の医療費の支払いと生活費のためです。

私は元々専業主婦でした。しかし、夫がガンを患い働くことが出来なくなりました。私の年では正社員として働くことは難しく、パートとして働くことになったのです。医療費は、老後の生活費のために蓄えていた貯金を切り崩すことで賄っていました。しかしそれだけでは足りず、私のパートで得た収入もあてがうようになっていったのです。そうすると、パートの収入だけでは生活をしていくのは困難です。そのため、消費者金融からお金を借りるようになっていきました。ギリギリの生活で、借金を返済する余裕はなかったです。

プロミス、アコム、アイフル、モビットから各100万円の借金。毎月6万5千円の返済です。

とにかくお金を借りなくては、生活をしていけない状況でした。そのため、毎月しっかりと返済していける額を借りることなど考える余裕もなかったです。1つの会社からお金を借りることが出来なくなると、また別の会社からお金を借りることを繰り返していました。そのため、どんどん借金の額は膨らみ、いくら借金があるのかを考えることが恐ろしくなっていたのを覚えています。さらに、ガンで闘病中だった夫に先立たれてしまい、心の支えを失ってしまったことで自暴自棄になっていきました。夫は亡くなり、後に残ったのは多額の借金だけです。

肩の荷が降りて、心が軽くなりました。

400万円もの借金を、パートの収入だけで返していくことは難しいです。貯金は、夫の医療費に全て使ってしまっていたので0です。さらに、お金を工面しようにも、そのようなことを頼れる親戚はいません。私は絶望に襲われていました。「夫に先立たれ、この先生きていて何になるのか。」そう考えてしまうほどに追い詰められていたのです。しばらくの間は、ネガティブな気持ちに襲われていました。しかし、夫の葬儀を終えたことで、私の中で心の整理がつき、自己破産をしようと決心したのです。夫の分も生きていかなくてはと思ったことが、自己破産をする後押しをしてくれたように思います。

借金返済のことで悩まなくてよくなりました。

自己破産をする前までは、自己破産に対してネガティブなイメージを持っていました。ですが自己破産をすることで、多額の借金をなくすことが出来るというのは、この先の生活を明るい方向へと導いてくれる1つの選択だと私は思います。自己破産をしたからといって、負い目を感じる必要はないです。借金の返済のための催促の電話などに怯えなくて済みます。そして、借金の返済のために生活費を切り詰めることもなくなるのです。私は自己破産をしたことで心身ともに軽くなりました。自己破産をしていなかったら、今も絶望感に襲われながら生活していたと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

モビットの債務整理体験談

【モビット】自分で手続きができました

借入額100万円

会社をクビになり、生活費のために借金をしました。

借入額500万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

給与所得者等再生を選ばなければならなかったのは自分のせいです

借入額300万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄へ。

借入額300万円

親の借金を肩代わりをして借金。自分も借金地獄になりました。

借入額150万円