生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
2年5か月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ジャックスから120万円、アプラスから60万円、レイクとモビットからそれぞれ30万円ずつ、アコムから40万円の借金をしました。
収入はある程度あったのですが、会社の経営状態が悪くなった事で、給料が半分近くまで減り、さらにボーナスの支給額がゼロになりました。
それでも生活レベルを落とせなかったので、クレジットカードを利用して買い物や友達との飲み会の時などはおごるなどの贅沢な生活を続けていたのです。
カードの上限に達してしまった後は、レイク、モビット、アコムなどからお金を借りて、借金の総額は280万円、自力での返済が不可能な状態になりました。

返済が遅れるようになり、催促が多く来るようになったので、弁護士に相談する事を決めました。

ジャックスやアプラスなどのカード会社の支払いは毎月遅れる事なく支払う事が出来たのですが、レイクやモビット、アコムなどの返済については遅れるようになりました。
アコムからの借金は各社の返済に充てる目的で借入をしてしまったので、催促の電話についても頻繁に入るようになり、弁護士に相談したのがきっかけです。
自分が相談をした弁護士事務所はテレビのコマーシャルでも知名度があるところで、ネットを利用してメール相談をする事にしました。
メールは夜間に行ったのですが、翌日の午前中には返信が届いていてスピーディーな対応をしてくれると感じました。

債務整理の手続きは任意整理と過払い金返還請求で、多くの過払い金を取り戻せて減額する事が出来ました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>任意整理の手続きにより、12万円の返済額は半分以下の5万円まで減りました。
収入も激減していたので、5万円と言う金額は自分にとって負担になる金額でしたが、生活費を切り詰める事、従来のように生活レベルを落とさないと言う事をせずにコツコツとお金を返した事で借金の額もゼロになりました。
尚、債務整理の手続きの手順は、最初に任意整理で借金を減額する交渉を行い、その上で過払い金の額を求める引き直し計算を行うと言う方法でした。
結果的に、280万円の元金が160万円まで減り、今まで先が見えなかったものに灯りがさしたように感じました。

落ち着いた口調で話をしてくれたのでこちらも安心して全てを話す事が出来ました。

テレビドラマの中では弁護士と言うのは権力を持つ人物であり、上から目線と言うイメージがありました。
しかし、借金問題を抱えている自分に対し、親身になってくれるなど、イメージとは全く反対だと感じたのです。
更に、自分の借金問題を解決してくれた弁護士さんは落ち着いた口調で話をする人で、借金返済で疲れ果てていた自分に対し、話し易い状態にしてくれた事も印象が良いと感じた一つです。
最初はメールでの相談でしたが、早めに対処した方が良いと言う事もあり、返信後すぐに弁護士事務所での借金相談を受ける事が出来るように配慮して貰えました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

レイクの債務整理体験談

株式の信用取引にハマり借金生活に。

借入額200万円

もっと早く相談しておけば良かったと後悔

借入額300万円

競馬の大穴狙いを失敗して借金生活に

借入額230万円

専業主婦なのに買い物依存症に。カードの支払いが出来ず消費者金融で借金。

借入額約350万円

仕事中の怪我で働けない時期があり生活費のために借金を開始しました

借入額90万円

浪費が原因で作った借金250万円が任意整理の結果、120万円に減りました

借入額250万円