借金問題は専門家による過払い金請求

2019.03.12 更新

借入先業者名
借入額
120万
借入期間
4年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

子供が私立大学に入学したため、学費の支払いのために借金をしました。

子供が国立大学の入学試験に落ちてしまい、私立大学に入学することになりました。手取りで23万円ほどの給料がありましたが、私立の学費を支払うには全く足りなかったので教育ローンに申し込みをしましたが審査に通りませんでした。はじめのうちは貯金を切り崩しながら学費を工面し、なんとか支払っていたのですが徐々に生活を圧迫し始めて住宅ローンの支払いにも影響がでてしまいました。妻は体があまり丈夫ではなく働きに出ることは難しかったため共働きは不可能で、どうすることもできなくなり消費者金融から借金をしました。

アコムから70万円、レイクから50万円。月々5万円の返済。

子供の大学の学費のために消費者金融から借金をしましたが、毎月の支払いのために金策に走り回る毎日が続きました。自分や妻の両親にも相談をしましたが、どちらもあまり裕福でなくお金を貸すことは難しいとのことでした。子供の大学は入学金や授業料の他に設備費や寄付金など何かとお金がかかるところでその度に消費者金融から借金をしていたため、残債はなかなか減らずにむしろ増えているような感じでした。また、下の子も受験を控えておりとても私立大学に入学させられる状況ではないためプレッシャーを与えてしまっている状態です。

過払い金請求をしたら借金のほとんどが無くなりました。

子供の学費のために作ってしまった借金ですが、住宅ローンも毎月12万円ほど支払っていましたので消費者金融の借金の支払いはとても辛いものでした。返済に追われ途方に暮れていた時に偶然再会した学生時代の友人から過払い金請求のことを聞きました。友人はお金が返ってくるかどうかは分からないけれど、相談だけでもしてみたほうが良いとアドバイスをくれましたので、とりあえず電話をしてみることにしました。とても丁寧な弁護士の先生で、結果として毎月の返済額を5万円から2万円まで減らすことができとても助かりました。

なんとか生活を維持できるようになり、家庭に笑顔も戻りました。

過払い金請求をして感じた一番のメリットは、専門家である弁護士の先生に一から十まで話を聞いてもらえることです。本当に借金に困っていたところを優しくアドバイスしてもらえて涙が出る思いでした。借金の額や利息、借り入れ期間などを伝えたところ過払金が返ってくる可能性があるとのことでしたので請求手続きに進むことにしました。とは言っても自分でしなくてはならないことはほとんど無く、弁護士の先生が代行してくれたのでとても気が楽でした。多くのお金が返ってきましたが、費用は過払い金の範囲で支払えばよかったので持ち出しがないのもメリットだと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

レイクの債務整理体験談

総額250万円の借金を作って債務整理をした結果/35歳営業

借入額250万円

思いがけず借金が片付きました。

借入額180万円

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

自己破産ができませんでした。

借入額150万円

バイナリーオプションは50%ではない

借入額170万円

パチンコにハマってしまい借金生活に

借入額110万円