給料日前に飲み会に誘われ軽い気持ちでキャッシング。

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
4年4ヶ月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコムから40万円の借入をすることが、私の借金生活のスタートになってしまいました。返済額については、自分の給料でも十分に返済可能な1万円に設定することにしました。最初のうちは、ボーナスでももらったら、直ぐに完済をしようとも思っていました。しかし、カードでの枠内融資が可能なため、ついつい利用を繰り返してしまい、思いきり借金生活から抜けきれなくなりました。アイフルとニコスからも借入をしてしまうことになり、ついに、返済にも困るような状況に陥りました。幸いにも、私自身は独身で親元同居のため、自らの給料のほとんどすべてを自由に使えることができましたので、最悪の事態には陥ることがなく、生活を維持することができました。親には、督促状で借金はバレました。

いよいよ厳しい督促が始まりました。

電話や郵便、集金での督促
アコムの支払いから遅れるようになってしまいました。最初のうちは、携帯電話に一日一回ほど、連絡くださいという趣旨の内容の留守電メッセージが入っていました。私は、たいていの場合には、この携帯電話のメッセージを聞くことで、次の日には、入金に行くようにしていました。しかし、趣味や飲み会などでお金が厳しい時には、支払ができないため、留守電メッセージを聞いても、無視するようになりました。すると、携帯電話にショートメールなどが入るようになりました。その後、自宅にも毎日のように電話が入るようになり、母親に伝言を残されてしまい、完全にばれました。同時に、自宅には、督促状が届くようになり、次第に追い込まれていきました。連日のように朝から夜遅くまで督促が続きました。

とりあえずは、母親からお金を貸してもらい、返済しました。その後、弁護士に相談。

自宅に連日のように、電話が入るようになり、督促状も届くようになってしまい、母親にもかなりの追求を受けるようになりました。母親からお金を貸してもらい、返済をすることもありましたが、母親にも申し訳ないと思いました。そこで、弁護士事務所に、債務整理の相談に行くことにしました。弁護士には、とにかく、連日のように厳しい督促が来るので、何とかして欲しいと訴えたところ、すぐに、アイフルなどの債権者に受任通知を送付してくれましたので、督促の電話がピタリとなくなりました。その後は、詳細についてを弁護士に説明するなどして、債務整理が進みました。私の場合には、取引自体も古いものではなく、利率も高くなかったので、過払い金請求の対象にはなりませんでしたが、督促がとまり、解決に結びつきましたので良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

親の介護で思わぬ借金生活

借入額100万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

驚くほどあっけない債務整理の手続きについて

借入額200万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

株で失敗をして借金地獄へ

借入額300万円