専業主婦なのに買い物依存症に。カードの支払いが出来ず消費者金融で借金。

2019.03.22 更新

主婦

借入先業者名
借入額
約350万円
借入期間
約2年
毎月の返済額
多いときで8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

初めはもともと持っていたクレジットカード(セディナ)で分割払いやリボ払いを利用していましたが、買い物依存症がひどくなりクレジットカードの限度額(10万円)で買い物ができなくなってしまいました。買い物欲はおさまらずカードも使えないので消費者金融で借りて買い物を繰り返していました。私は専業主婦ですが、知り合いの店で働いていることにして手続きをすると簡単にお金を借りることが出来ました。一度消費者金融でお金を借りてしまうと返済時に利子をプラスして返さなければいけないので、月々の返済がだんだん苦しくなっていきました。どうしても月々の返済額が用意できず、また新たな消費者金融で借金の手続きをしました。そういうことを繰り返していくうちにあっという間にどんどん借金は増えていきました。今思えば、これが私の借金地獄の始まりでした。

催促があった時、ハッと我に返りました。とんでもないことになったと思いました。夫には絶対に知られてはいけないと恐怖を感じました。

初めは携帯電話に、その後自宅にも電話がかかってきました
300万円ほどの借金をしていて、月々の返済額が8万円ほどでしたので専業主婦の私にはどうしても返すことが出来ず半年ほど返済を滞納していました。はじめは携帯電話に催促の電話がきました。支払いのめどがたたないので、どうしようもなく電話に出ずにいると、今度は家に電話がかかってきました。その時に夫も家にいたので「誰から?」と聞かれ心臓が凍りつく思いでした。なんとか言い訳をしてその場を逃れましたが、返済を滞納していたためその後も何度も家に電話がかかってきました。さすがに夫もおかしいと思ったのか、普段は電話に出ない夫が即座に受話器を取りました。人は本当に窮地に立たされると体が震えるのだとこの時に感じました。電話で全てを知った夫がこちらを見たときの顔は今でも忘れられません。

必ずお返ししますのでもう少し待ってくださいと懇願しました

夫からとにかく家にかかってくる電話をどうにかしろと言われ、弁護士さんに相談しました。夫に支払いのお願いをしようとも考えましたが、夫の態度を見ているとそんなことは恐ろしくてできませんでした。弁護士さんに今までの経緯や借金の金額、月々の支払い金額などを話し、家に催促の電話がかかってきて困っていることを相談すると、即答で手続き以後、業者からの催促は一切なくなりますと言って下さいました。その言葉にどれほど救われたことかわかりません。その後、返済計画などを一緒に考えてくださりささいな質問にも丁寧に答えていただいたと思います。今までは弁護士さんというととても敷居の高いイメージで、相談するまでは恐れ多い気持ちでしたが、いざ相談してみると話もしっかり聞いてくださいますし、こちらの希望に沿った手続きをしてくださったので、もっと早く相談しておけばよかったと思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

レイクの債務整理体験談

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

ギャンブルにハマりお金が必要になり借金を繰り返してしまいました

借入額240万円

総額250万円の借金を作って債務整理をした結果/35歳営業

借入額250万円

バンド活動をしていた時には借金で生活していました

借入額140万円

借金を続けると感覚が麻痺してしまいます

借入額300万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円