会社が倒産して職がなくなり家族を養うために借金をしました。

2019.03.22 更新

無職

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
10年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金とは無縁の生活だと思っていました。大手の会社に勤務していたのですが会社が倒産してしまい急遽解雇されることになりました。当時の年収は1200万円程度でマイホームを購入していたので住宅ローンが毎月12万円ありました。急遽収入がゼロになり家族を養うためにもとりあえず仕事が決まるまでは貯金で暮らそうと考えていました。家計は妻に任せていたのですが、思いのほか貯蓄が出来てないということを知り絶望しました。三か月程度で貯金もなくなり消費者金融でお金を借りて生活をしながらハローワークに通う日々が続きました。借りたお金は50万円だったのでこれくらいの額ならばすぐに返せると思って最初は危機感もあまりありませんでした。しかし、これが地獄の始まりだったのです。

滞納するまでは業者から連絡はなかったのですが、初めて滞納したときは期限の翌日電話があり数日後に支払うという事で解決しました。

電話
初めて滞納した時は翌日携帯電話に連絡がありました。その当時、正社員としての働き口が見つからず警備員のアルバイトをしながら住宅ローンを借金を返済する日々が続いていました。妻もパートに出ていて毎月10万円程度の収入がありました。子供が病気で入院することになり、一時的に借金の支払が出来なくなってしまったことがあります。事情を説明したら遅延損害金が発生してしまうが、支払いの約束をしてその時はそれで話がつきました。その際にアコムからお金を借りて返済に充てたのですが、ここがまた間違いだったのかもしれません。二重に債務を被ることになって更に支払いが苦しくなりました。結果的にトータルの額が200万円に到達して自分の力で返済を続けることが難しくなり司法書士に相談しました。

司法書士に相談して債務整理を行った。

司法書士に相談した結果、200万円で自己破産するケースもあるが家を購入しているということもあり、それを手放すことになってしまうので債務整理をしたほうが良いとアドバイスを受けました。着手金を支払って債務整理の手続きを行ってもらいました。弁護士に依頼するよりも費用が安くて助かりました。200万円のあった借金の額は減りませんでしたが、その代わりに今後つく予定の利息を減らしてもらうことが出来たので、住宅ローンを抱えたまま借金を返済することができました。残り50万円となった時には転職先も決まって年収が700万円程度になっていたので繰り上げ返済をして予定よりも早く完済しました。妻もこれに懲りたらしく、以後は毎月しっかりと貯金をして万が一に備えた生活をするようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

プロミスの債務整理体験談

依頼してすぐに請求が止まりました。

借入額100万円

最後のチャンスのつもりで覚悟を決めました。

借入額200万円

課金型ゲームで借金を作っちゃいました

借入額190万円

競馬にはまってしまい借金地獄に!

借入額80万円

債務整理をすることのメリット/32歳会社員

借入額90万

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円