スナックのホステスにはまってしまいました。

2017.11.29 更新

会社員

借入先業者名
借入額
500万
借入期間
5年
毎月の返済額
15万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最終的には、武富士から300万円と、アイフル、プロミス、三洋信販、レイクからそれぞれ50万円の借金がありました。
家族や友人には内緒で借金をしていましたが、仕事や借金や家庭のストレスを酒でまぎらわせるようになっていましたが、酒を飲むと金遣いが豪快になってしまい、友人や同僚におごってまでもハシゴ酒をするようになっていきました。
当時は結婚をしておらず実家暮らしでした。当然、家には朝方にしか帰らなくなり、家族とも口喧嘩することが増え、家では自分の部屋に引きこもるようになっていました。そのストレスで、また酒を飲みに行くという悪循環でした。
平日から飲むことが増えたので、仕事中は睡眠不足のため営業をサボって眠ることも多くなり、仕事の成績も下がっていきました。

業者からの督促は何度もありましたが、外回りの営業の仕事をしていたので、会社にいない時間に督促の電話がかかってくることが多かったです。

電話で、「借りたものは返すのが当たり前ですよね、いつまでに支払えますか」と冷静な口調でしたが、実際に払うあてがなかったので恐怖を感じました
支払日に間に合わないと、個人の携帯電話に督促の電話が来るのですが、怖くて出られずにいると、会社に電話が来るようになりました。すると、会社から個人あての電話があった旨の連絡が来ます。会社からの電話には出ないわけにはいかず、また、再度会社に電話があると、会社の業務にも迷惑をかけてしまうという思いから、会社から連絡があった場合は、折り返し業者に電話をするようにしていました。ある時、他社の借金も一本化して楽にならないかとの提案が武富士からありました。数社から何度も連絡があることに疲れ果てていたので、武富士の提案にしたがいました。借金を一本化してあちこちの業者から催促が来ることはなくなったのですが、今度は武富士への返済が辛くなり、また他社から借りて返済するようになって借金が膨らみました。実家の権利書を持って来たら多く融資できると言われたこともありましたが、さすがに断りました、

電話では必ず返すと言い、家族にも相談できずに別の消費者金融から借りて返してしまいました。

私は幸い、営業職だったので、なるべく知人や会社の同僚に見られないように、遠くの司法書士事務所に飛び込みで相談をしました。
時期的にボーナスが出たことと、家族や友人にも相談できなかったこともあり、そのボーナスを司法書士の相談費用として充てました。
司法書士はすぐに督促を止めてくれました。
誰からも指摘はされていなかったのですが、返済の督促の電話が会社にもかかってきていたため、会社には借金していることがばれていると思っておりましたし、会社には居づらい状況だったので、会社は辞めるつもりであることを司法書士の先生に打ち明けたところ、自己破産を提案されました。
その時は借金から早く楽になりたいとの一心でしたので、司法書士の先生のアドバイスのままに自己破産手続きを進めました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

武富士の債務整理体験談

払えないと思っていたのにお金がもらえました。

借入額160万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

長年の重荷が消えました。

借入額250万円

過払い金で一財産できました。

借入額230万円

長年の苦労が報われました。

借入額300万円