個人輸入の開業資金として消費者金融とクレジット会社から100万借りたのがきっかけでした

2019.03.12 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
約5年
毎月の返済額
45000円

借金をしてからの、生活や環境の変化

会社勤めをしながら副業をしようと思い、個人輸入のビジネスを始めました。そのときに必要な資金が100万円だったので最初にオリコから50万円、レイクから50万円借りました。個人輸入をしながら借金を返そうと思っていたのですが、上手くいかずに借金だけが残ってしまいました。もうひとつ別のフランチャイズのビジネスもやっていて、そこでも資金が70万円と諸費用が30万円必要だったのでモビットから100万円借りました。結局どれも成功せずに借金だけが残る形になってしまいました。仕事も上手く行かずにイライラする毎日で、競馬にハマルようになってしまい、プロミスとアコムからそれぞれ50万円ずつ借り3ヶ月ほどで全部溶かしてしまいました。毎月の支払いがだんだんときつくなってしまい、給料も上がらないので新規でジャックスを申し込みしたのですが、審査が厳しく20万円が最後の借金でした。

支払い日に返済が間に合わず3ヶ月滞納しました

最初はハガキで催促がきてその後電話で来ました
消費者金融の返済は利息と元金を返せるので、最初の頃は指定された額を払っていました。そのうち借金が膨らんできてしまい利息だけの返済になりました。元金を返せばまだ借りられる状態だったのですが、返済日を過ぎてしまったことがあって限度額までの借金ができなくなり、返済だけのカードになってしまいました。催促はハガキで来ていたのですが、それでも支払わなかったために電話で催促が来るようになりました。その中の1社だけ電報でカタカナの文章で催促が来ました。その後封書で来るようになり、最初は黄色だった封筒が催促の回数が増えてくるに従い赤色の封筒に変わってきました。借りていた2社から一括請求が来てしまい、差し押さえる旨の通知がきました。他の消費者金融からも何度も電話の催促が来てしまい、どうにもならなくなってしまいました。

弁護士事務所に行って相談をしました

法律事務所で破産の相談に行ったら、借入額が破産するほどではなかったので任意整理で解決できるとアドバイスをして頂きました。借り入れしているカードと契約書を持ってくるように言われたので、訪れたときに全部提出しました。その日も催促の電話が来ていたのですが、弁護士が借り入れ先に電話して話し合いをしたら、その日から催促の電話が来なくなりました。封書で催促が来ている業者に対しては、郵便で債務整理の手続きに入った通知を消費者金融宛てに送ってもらいました。翌日からは催促がどこからも来なくなりました。任意整理で3年を目処に返済する計画書を弁護士に作成してもらい、消費者金融の担当者と和解をしました。弁護士にかかった費用は分割払いで払いました。破産すると約10年近くブラックリストに残るので、任意整理で解決して良かったと思いました。弁護士の先生には感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

取引期間が短いと、借金の任意整理はできないの?

目次取引期間が短い場合でも借金を任意整理するメリット短い取…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

レイクの債務整理体験談

仕事中の怪我で働けない時期があり生活費のために借金を開始しました

借入額90万円

マイホームに住み続けられます。

借入額200万円

ギャンブル依存症になり借金地獄に。

借入額200万円

過払い金請求をして、借金を全額返済しました

借入額280万円

過払い金請求って簡単なんです!

借入額150万円

相談するだけでお金が返ってくる過払い金請求

借入額90万円