競馬をして借金をするようになりました。

2019.01.10 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
4年0ヶ月
毎月の返済額
6万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初は、自分の給料とわずかな貯金で競馬を楽しんでいましたが、次第に貯金も尽きてきました。競馬とは恐ろしいもので、負けても逆にそれが刺激になり、勝つまでやり続けてしまうのです。論理的に考えれば負けたお金を競馬で取り戻すことなど無理に決まっていますが、ギャンブルにはまっている時には理屈もへったくれもありません。欲のみで動いています。そもそも、どんなときでも論理的思考ができる人は、ギャンブルにはまらないでしょう。私は、ギャンブルで1社から借金をして、そのお金もさらにギャンブルにつぎ込みました。当然負けますので、最終的には5社から借金をすることになったのです。次第に返済することができなくなり、督促状が届いていました。また、毎日数回債権者から電話が鳴っていたのです。

滞納4ヶ月で督促状が届きましたが、返済できるお金はありませんでした。

郵便での督促
最初は支払いができなくなり、1通の手紙が届きました。いわゆる督促状です。その手紙には、払込用紙が入っており、延滞損害金を加えたお金を払ってくださいということでした。その用紙も初めて受け取るときにはかなりドキドキしましたが、慣れてくると何でもないように感じたのです。慣れとは恐ろしい物です。仕舞いにはそれすら滞納するようになりました。いや、厳密に言えば滞納したくはなかったのですが、なにぶん払えるお金がなかったのです。それからしばらくして再び督促の手紙が来ました。今度は文面の内容が前の督促状に比べると厳しくなっているように感じました。前は優しい女性が書いた手紙のように感じましたが、2通目はその女性に私は見放されてしまったのでしょうか、強面の男性が書いたような文面になっていたのです。

2回目の督促の時に弁護士に相談しました。

2回目の少し強面の男性が書いたような文面の督促状が来たときに、私は怖くなり震える手でネットを検索して同じような状況の人が過去にいなかったかどうかを調べました。そうすると、次々と私と似たような経験をした人が出てきます。ホッと安心しましたが、まだ心の底から安心できません。そこで、弁護士さんにお願いをしたのです。債務整理の体験談のホームページに出ていた弁護士事務所のリンクか何かだったと思いますが、そこを踏んで弁護士事務所に電話をしたのです。弁護士事務所に電話をするのは初めてでした。電話に出たのは30代ぐらいの声の女性の事務の人でした。詳しい内容を弁護士に話をしましたが、結果的に相談をして正解でした。弁護士さんのおかげで任意整理をすることになり、債務額の減額が成功したのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

モビットの債務整理体験談

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

借金に追われていた友人の連帯保証人でいたが、逃げられてしまい、請求が私に来て借金を肩代わりすることになりました

借入額288万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

生活費が足らないので借金生活に突入。

借入額290万円

債務整理にするかおまとめローンに切り替えるか悩んだ結果

借入額210万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円