生活費が足りないため、借金をしました。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年8ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金は生活費が足らないというのが理由です。もちろん、派遣社員であれば毎月少ないながらも決まった給料をもらうことができます。私は独身ですので、その分趣味に使うお金が多かったのです。ある時、アイドルにはまってしまいました。いい年した大人が何をしているのかと思うかもしれません。アイドルにかけるお金自体は大したことがなかったのですが、生活費が次第に圧迫されるようになったのです。そして、軽い気持ちで借金をしてからと言うもの、次々に借金をするようになったのです。最初は1万円だった返済額が、5社にまたがって借金をするようになり、返済額は毎月8万円ぐらいになりました。その時にはそのアイドルグループは解散してしまい、夢中になる物はなくなった代わりに、毎日借金返済の夢ばかりを見るようになりました。

滞納をしてから2ヶ月目に督促状が入っていました。

手紙での督促
借金を重ねるにつれ返済をすることが難しくなって来たのです。バイトを1つ増やしましたが、それでも生活費はギリギリまで切り詰めても足りませんでした。後は家賃を滞納するか、借金を滞納するか、人に借りるかという選択しかありません。ただ、最後の選択は私にはありませんでした。これ以上借金を重ねてもどうにもならないからです。両親はすでに亡くなり、身内も嫁に行った姉しかいません。仕方なく、1社の借金を滞納したのです。最後の返済から2ヶ月するかしないかするうちに督促状が届きました。小心者の私はドキドキしながら封筒の中身を開けましたが、最初の督促状は割と優しい文面でした。ですが、お金があれば返済したいのですが、返済することができません。翌月になると再び督促状が届き、文面の最初に書かれた「重要!」の文字に驚き、頭の中が真っ白になったのです。

債権者に連絡と弁護士に相談しました。

督促状を見た私は脂汗をかき、これ以上黙っているのは危険だと思い、震える手で債権者に電話をしました。電話の向こうの人は優しい口調の女性でした。私は、理由があってすぐには払えないということを正直に言うと、別の男性に電話が変わり、どうしても払ってもらわないと困ると言われ、結局「払います」と言うことになり、電話は終わりました。ですが、払いますと言っては見た物の、払うお金がないのです。バイトも1つ増やしていましたが、それでも足りません。どうしようもなくなり、泣きそうな声で弁護士事務所に相談をしました。すると、債務整理ができるということだったので、債務整理をする方向で話が進んで行きました。1ヶ月ほどすると弁護士から債務が減額したという話を聞き、安心しました。お金はかかりますが、いざと言うときには弁護士は頼りになります。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

楽天カードの債務整理体験談

減額はあきらめていました。

借入額200万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

クレジットカード4枚で200万円の借金。個人再生で借金を半額に!

借入額200万円

保険適用外の手術を行う予定だったのですが、その時の検査結果が悪く、更に他の手術も必要となったため借金をするに至りました。

借入額180万円

調停員が親切でした。

借入額80万円

買い物依存症に陥って

借入額200万円