ホストクラブに通ったことが始まりで、借金生活に。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
6万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初のうちは、貯金を切り崩して楽しんでいましたが、それもなくなり、レイクから50万円を借りることにしました。レイクから借りた50万円だけで、しばらくの間は間に合っていましたが、その後お気に入りのホストに熱をあげてしまい、ホストクラブに行く回数が増えることになってしまったのです。そして、セゾンカードとジャックスにも手を出すことになりました。借入金が合計で、150万円になった時には、毎月の返済も苦しくなってしまい、レイクへの支払いがしばらくできないこともありました。自宅に電話されては、困るため必死になって自ら、回収担当者の方に連絡を入れて、返済を待ってもらうことも、しばしばありました。そんな中、主人が体調不良で休んでいる時にレイクから督促の電話が入り、バレてしまいました。

頼むから最小限の被害で止まって欲しいと思いました。

<督促方法>電話での督促、電報
<督促の詳細>一番支払が遅れていたのがレイクのため、携帯電話には毎日のように、督促の電話が入るようになってきました。遅れが浅いうちは、女性の声で軽いお知らせのような言い回しの督促ですが、遅れの日数が増えるにつれて、男性の方が電話をしてくるようになりました。基本的には、携帯電話は、知らない番号は、出ないようにしていますので、留守電状態にしていました。その後、自宅の電話にも督促の電話がかかるようになり、主人にバレてしまいました。レイクの担当者は、詳細については主人に話さなかったため、お金がない時に2万円だけ借りたという嘘をついて、ごまかしました。しかしながら、その後、電報が届いたため、ビックリしました。幸いにも自宅に私しかいなかったため、最悪の事態は免れました。

すぐに、担当者に電話をして入金約束をしました。

あまりにも督促の内容がエスカレートしてきたため、司法書士事務所に相談をすることにしました。司法書士の先生は、レイクとセゾンカード、ジャックスといった、債権者との取引の金額や期間などについて、詳細を教えて欲しいといってきましたので、教えました。また、督促の手法や頻度、時間帯などについての説明も求められることになりましたので、正直にこたえました。司法書士によれば、督促の内容については、違法性はないということなので、改めて、返済に向けての任意整理をすることにしました。主人には内緒のままで、任意整理ができるということですので、安心することができました。司法書士の先生が、各債権者と和解をとりつけてくれましたので、毎月の返済額が、6万から3万円と半減し、残債務も減ったため完済がハッキリと見えるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

レイクの債務整理体験談

債務整理で女性に翻弄された人生をリセット

借入額100万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

ホストクラブにはまり、貢ぎ続けた先にあったもの

借入額650万円

生活費に困って借金。簡単に借りられるため計画性を見失い借金地獄に。

借入額120万円

パチスロにはまり毎月の給料27万円を全てつぎ込み借金。

借入額60万円

相談するだけでお金が返ってくる過払い金請求

借入額90万円