ギャンブルが原因で借金地獄にはまりました。

2019.03.12 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をしたきっかけはギャンブルでした。私は特定のギャンブルをしていた訳ではなく、広くギャンブルをしていたのです。パチンコで負けては競馬をして取り戻そうとして、さらに負けて預金を使ってしまい、また別のギャンブルをして取り返そうとしたのです。借金をした最初の時はたった2万円の借入れでした。借入れをしてから返済するまで給料と借り入れたお金を使ってしまい、他から借りることになり、多重債務気味になって行きました。それ以降、外を歩くときも誰かに見られているのではないか、誰かに後をつけられているのではないかとビクビクするようになったと同時に、将来が真っ暗になり、ただ借金返済のために働いているだけのような気がして、首をつろうと真剣に考えたこともありました。

借金滞納後1ヶ月を過ぎたときポストに督促状が入っていました。

<督促方法>最初は郵便、途中から電話も
<督促の詳細>借金をしてから多重債務になり、バイトをもう一本増やしても、返済が追いつかなくなりました。さすがに食事も貧相になってきて、とうとう最後は、延滞するようになったのです。延滞をしてから1ヶ月すると督促状がポストに入っていました。文面は特に厳しさはありませんでしたが、払おうにもお金がないため、そのままにしていると、翌月には2通目の督促状が来ました。そのまま無視をしたのがいけなかったのです。それ以降電話が鳴り続け、とうとう毎日、2,3回ずつは電話が来るようになりました。そこまで行くと、追い詰められていることが自分でもはっきりとわかりました。4ヶ月目には催告状という物が届き、そこで払わないと法的手段に訴える旨の内容が書かれており、さすがにこれ以上放置するわけにはいかなくなりました。

弁護士さんに電話で相談しました。

「法的手段をとる」の文字が怖くなった私は、催告状が来た翌日法律に詳しい友人に話してみると、そのままだと自己破産に追い込まれるといわれ、そうならないためにも弁護士に相談をした方がいいとアドバイスをされたのです。そこで、ネットで見つけた法律事務所に電話をしてみました。弁護士さんの方は特に驚いた様子もなく、対応してくれました。よく考えればそれが仕事ですので、いちいち驚くわけがありません。ですが、それすら分からなくなっていたわたしは、最後の手段とばかりに法律事務所に駆け込んだのです。弁護士さんに預金通帳などをすべて見せると、個人再生を進められました。その方が確実と言うことだったのです。ただし、官報に名前が載ることになると言われましたが、私は今の状況から脱出できればそれでも構わないと言われ、個人再生をすることにしました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

レイクの債務整理体験談

持病が悪化して働けなかった時に借金で生活を繋いでいました。

借入額290万円

時間差で過払い金返還請求はしても良い

借入額360万円

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円

借金してまで株式投資をするのは間違い

借入額400万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

他人のために借金をしてはならない

借入額160万円